レビュー:のMelodyne Studio 4の

So you want to edit and manipulate audio as easily as you can MIDI? Multiple tracks? Polyphonic material? Hollin Jones finds out if Ceremony's Melodyne Studio 4 is the best app for your audio jobs.  

それほど多くの年前に、のMelodyneのようなものは別の惑星から不可能で魔法のように思えたでしょう。 MIDIは、常に操作するのは簡単されているが、デジタルオーディオは、その初期の人生の大半のために非常に別の話でした。確かに、人々は、サンプリングされたとき、それが曲がるとワープという事実から美徳を作って、減速し、そこwasn

今バージョン4で、のMelodyneのこの反復は、最初の1が積極先史時代に見えるのです。それ

Almost like a DAW within your DAW.

ほとんどあなたのDAW内のDAWなど。

Melo There

Melodyneは4バージョンがあります:エッセンシャル、アシスタント、エディタとスタジオ、あなたはここに比べてその機能の正確な内訳を見つけることができます。 http://www.celemony.com/en/melodyne/editions-and-technical-matters#3555

すべてのバージョンは、スタンドアロンの両方を実行し、プラグインモードと理性と他のReWireアプリケーションとの統合のための完璧なのReWire互換性を持っています。スタンドアロンモードで実行している場合、操作はいくつかの点で若干異なっています。主にこれらは、スタンドアロンとしてインポートまたはDAWでのに対し、のMelodyneにオーディオトラックを記録するために持っているという事実に関連し、それら

Melodyneにオーディオを持参し、それは、ピッチ、継続時間、フォルマント、イントネーションや他の特性を分析します。このタスクでは、それ

The Studio edition is able to display and edit all instances of Melodyne in a project from any single window.

Studioのエディションは、任意の単一のウィンドウから、プロジェクト内のMelodyneのすべてのインスタンスを表示し、編集することができます。

Multi Tracking

ここに

The tools are powerful but easy to understand.

ツールは強力ですが、理解しやすいです。

もしあなた

Different algorithms serve different purposes.

異なるアルゴリズムは異なる目的を果たします。

Sound Idea

ならびにポリフォニックオーディオ内の任意の音の長さ、タイミングやピッチを変更するための複数のツール、のMelodyne Studio 4のは、ウィンドウの主要部分の下に実行され、新しいサウンドエディタのセクションがあります。これは、あなたのサウンドを構成するパーシャルに基づいて変更を行うことができます

The Sound Editor now allows detailed sound shaping in addition to Melodyne’s other tools.

サウンドエディタは現在のMelodyneに加えて成形し、詳細なサウンドを可能にします

Elastic Audio

Melodyne Studioは素晴らしくパワフルで間違いなく周りのその種の最高のソフトウェアです。あなたはあなたが思っているよりも、とのグリップを得るために、両方の非常に正確かつ容易であるとの作業一般変えると、ポリフォニックのオーディオおよび訂正のも、最も複雑な制御の見事なレベルを取得します。専門家のための、それ

スタジオはで、しかし高価です

あなたのハイエンドDAWはのMelodyneのより多くのエントリーレベルのバージョンに類似した特徴を含むことができるが、編集者と確かStudioの機能はかなりユニークです。パワーユーザーは間違いなくマルチトラック編集やサウンドエディタだけでなく、複数のトラック全体に適用することができるマクロを理解するだろう。デジタルオーディオを操作するために、それはdoesnの

価格 :

長所 :

短所 :

ウェブサイト :

Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!