押すだけでDJプレイのための有用なヒント、パート2

Continuing with his tips on DJing using Ableton Push, Tadhg Leonard look at how to get looping and implement DJ FX in the second part of this mini-series.  

このシリーズのパート1を見つけることができるここに 。

Pic 1

DJ FXとループ

プッシュは、他のDJコントローラーの上に立っているところDJプレイしている間、FXを使用して。この理由は、主に他のコントローラでは不可能であり、何かあなたのコンピュータをちらっと見なくても何の効果のいずれかのパラメータを微調整することを可能にその液晶画面、に起因している。また、簡単にあなたが特定のトラック上に置かれたすべてのFXデバイスをスクロールする画面を使用することができます。それでは見てみましょ押すだけでDJプレイのためにこれらのエフェクトを設定する方法を最善。

DJは通常、プラグインのすべてのパラメータにアクセスする必要はありませんように別のマクロにマッピングされた重要なパラメータでのFXラックを作成するにはAbletonのでDJをするとき、それは一般的な方法です。あなたは、コントローラから直接トラックにデバイスをロードするために取得するので、これはプッシュに特に適しています。また、マクロを制御している際に、関連するパラメータの正しいフィードバックを見ての利点がある。あなたはフィルター効果を微調整している場合、LCD画面は、ヘルツで、フィルタの現在の値を表示します。

Pic 2

FXラックをロードするには、プッシュのトラックのボタンを押して、ラックを配置したいトラックを選択します。 [参照]を押して、ラックを追加し、あなたが探しているものを見つけるまで、オーディオエフェクト·ラック·セクションをナビゲートするための選択制御ボタンを使用します。追加された後は、マクロにアクセスするためのデバイスのボタンを使用することができます。あなたは、あなたが選択制御ボタンで、ラック内の特定のデバイスを選択して、デバイス内の関連するパラメータを見つけるためにInとOutボタンを使用することができ、マクロにマッピングされていない他のパラメータにアクセスしたいはずです。

Pic 3

ルーピング

曲のセクションをループして、様々なビート部門にループの長さを調整することも、現代のDJプレイの極めて重要な部分であり、もう一度、プッシュは、この点でそれ自身の上に立つ。プッシュを使用して、ループを作成することができますし、コンピュータ上でライブを見る必要がなく、再び、その場で長さを調整します。

トラックの再生中に、プッシュで重複]ボタンを押して、クリップの重複コピーを作成します。最も新しく作成されたクリップは、自動的に再生が開始されますが、最後の1がそう再生が影響を受けることはありません中断したところから続けます。上記クリップが現在のループの開始点と長さを設定するために使用することができる。

あなたは、[選択]ボタンを押しながら、関連クリップスロットを押して起動することなくPushsセッションモードでクリップを選択することができます。次に、液晶画面にループ上のエンコーダーをねじることによって、クリップのループスイッチをONにしてください。プッシュに関連するエンコーダを使用して好みにループの長さとその開始点を設定します。私は、これは通常、トラックの変化を表しているように8小節のループごとに32小節を設定したい。を確認するには、事前に曲をプレビューし、ループがで始めるべき小節番号とトラック名を変更可能性があります。この方法は、あなたがプッシュで直接好まループスタートポイントを見ることができます。一度あなたが特定のクリップを起動することでループを再生することができます完了しました。

Pic 4


Pic 5

一般的なDJトリックドラムフィル効果を与えるために、ループのサイズを減少させることである。プッシュでは、これは容易に徐々に画面上で長さ上記ノブを回すことにより達成することができる。バーとは対照的に、ビートの部門が減少したforループためには、エンコーダーを捻りながらプッシュにSHIFTボタンを押したままにする必要があります。

プッシュは、典型的なDJコントローラとして考えていませんが、それは、ループトラックに、つまり能力されているコントローラに比べて多くの利点を提供し、常にあなたのラップトップを見つめを必要とせずに、FXを微調整しません。

I have been an audio enthusiast and DJ hobbyist since I was a young lad. I currently work as a researcher on The Gadget Show on Channel 5 in the UK where I specialize in all the audio and music tech related content on the show. Before that I have worked in the sound department on a number of feature films doing everything from locati... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!