レビュー:デジタルパフォーマー9

MOTU's Digital Performer is one of the big players in the world of Digital Audio Workstations. Matt Vanacoro puts version 9’s many useful, new features to the test and discovers there's lots to like.  

ユニコーンのマーク

Content is King

これは、DAW会社の多くがしようとしているようです

MOTUは最後の数のバージョンで追加されたプラグインは一流であった(ギターペダル/ライブ部屋は特にシミュレータ!)。素晴らしく効率的な1176LNエミュレーションは、現在のデジタルパフォーマー、名作の礼儀に含まれています。もしあなた

そこ

Interface Tweaks and More

多数の新機能が、私があります

MIDIは長い間私にされているオーディオプラグインを学びます

最後に、シーケンスエディタの内部に構築された各オーディオトラックのスペクトログラム上で完全な方法クールです。私

Conclusion

価格 :195ドルのアップグレード/ 499ドル全商品

長所 :含まMX4シンセ、新しいプラグイン、MegaSynthはこれまでと同じように安定した今実装素晴らしい、多くの要求された機能である、MusicXMLのエクスポートは、網膜のテーマを最適化

短所 :いいえバンドル

ウェブサイトwww.motu.com

Matt Vanacoro is one of New York’s premier musicans. Matt has collaborated as a keyboardist in studio and on stage with artists such as Jordan Rudess (Dream Theater), Mark Wood (Trans-Siberian Orchestra), Mark Rivera (Billy Joel Band), Aaron Carter, Amy Regan, Jay Azzolina, Marcus Ratzenboeck (Tantric), KeKe Palmer, C-Note, Jordan Knig... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!