プロジェクト全体を作ることはLogic Proのに編集

Turning your ideas into a music doesn't stop once you've finished recording. These tips on arranging your project will help you save time when experimenting with your arrangement in Logic Pro.  

どちら生産や作曲プロセスの一部として、セッションの全体のセクションを取り、どちらかそれを、それを削除し、それを移動、それを複製またはコピーしたい場合もあるでしょう。また、開始時やセッションの途中で無音部分を追加したい場合があります。


方法1 - (クイックアンドダーティ)

地域がすでに分離されている場合は、希望するものの周りにドラッグすることによって、またはいずれかによって、ポインタツールでそれらを選択

地域がすでに分離されていない場合はその後、すぐに、ポインタツールを使用してマーキーの選択範囲をドラッグしてクリックすると、マーキーツールとしたい部分を選択することができる、地域に分離されます

Clicking on the Marquee selection will create new regions

マーキーの選択をクリックすると、新しい領域を作成します。


方法2 -

セクションを複製したり、繰り返すには、まず、新しいセクション用のスペースを作成する必要があります。あなたは、単に地域のグループをドラッグすることによってこれを行うことができます、または、イベントのフロートを使用することができます。

(イベントのフロートを開き、 オプション

The Event Float

イベントフロート。


(コロン) -またはあなたの割り当てられたキーコマンドウィンドウを確認し-そしてそれはスナップされます。押します、あなたの選択された材料のための希望の場所で行わヘッド-イベントのフロートを使用する代わりに、ロジックスピックアップクロック機能を使用することです。再生ヘッド。

選択された領域を繰り返すためには、ローカルリージョンメニューからリピート領域を...( コマンド- R)を選択します。

Repeat Regions

地域を繰り返します。


方法3 -

大規模なプロジェクトで、それはトラック、そして間違いの多数間の選択が容易に作ることができるように煩雑になる可能性があります。一つの解決策は、フォルダにそのセクション内のすべての領域をパックすることです。

選択された領域は、現在に対処するために、そのセクションがはるかに容易に、あなたのメインのアレンジ領域で単一のオブジェクトの内側になります。

Inside a Folder - the Leave Folder button is highlighted

フォルダ内の - 休暇フォルダ]ボタンが強調表示されます。


方法4 -

削除するセクションでは、それを選択し、Backspaceキーを押します。

あなたが沈黙のセクションを挿入する場合、これは地域がすでに分離されている場合、上記のイベントのフロートを使用することによって達成することができます。

その後、バーを定規で転送をドラッグしてサイクル領域を作成しない場合、また(バーのルーラーで後方にドラッグして作成)スキップサイクル領域を使用することができます、の主な機能は、再生したときにプロジェクトが、単にそのセクションがスキップされます。 、これはあなたが次に何をしようとしているかを試聴する良い方法です。

A Skip Cycle area, and Drag Mode menu options

スキップサイクル領域、およびドラッグモードのメニューオプション。


[ 編集]を選択した場合

Before and after - Snip: Cut Section Between Locators

前と後の - スニップ:ロケータ間カットセクション。


[ 編集]を選択した場合

Before and after - Insert Silence Between Locators

前と後 - ロケータ間の無音を挿入します。


[編集]を選択する再生ヘッドの位置にサイクル領域で囲まれたセクションをコピーして貼り付けるには

Before and after - Splice: Insert Snipped Section at Playhead

前と後 - スプライス:再生ヘッドの位置で挿入Snippedセクション。


単に編集]を選択するサイクル領域で囲まれたセクションを複製する

Before and after - Repeat Section Between Locators

前と後 - ロケータ間リピートセクション。


Want to delve deeper? Check out the macProVideo.com range of Logic tutorials available here.

Mike has been obsessed with music software since he first saw Fairlight's Page-R, and has tracked its development through his work as a performer, composer and producer. As a writer he has contributed articles to Sound On Sound since 1999, and currently writes their Apple Notes column. As well as being a certified Logic Pro and Pro Too... Read More

Discussion

Hamish H
Hi Mike

Awesome! there is so much good information here.

Thanks again!

Hamish
jjr007
This is awesome.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!