理由6.5の極地とのより良いドラムループ

Most Reason users become Reason fanatics, and with good reason (pun intended)! Now that 6.5 has arrived, don't pass by the excellent Polar rack extension by Propellerhead… use it on your drum loops.  

何年もの間、いつでもあなたが何かに少し複雑さを追加するために必要な、ほんの少しの遅延、またはエコーを追加youd。あなたは2すでに複雑なビート内で発生するビートの繰り返しを追加した場合、すべての後に、あなただけのグルーブを作成しますが、右側の、いくつかの人々の心を吹くことができない何かを得るか?

理由は、最近の6.5のリリースと様々な企業からのすべてのラックExtensionsを使用して、率直に言って、前にそこにいなかった可能性のスルーをもたらす。しかし、あなたは、新しいデバイスの一部といくつかの可能性を見逃している可能性がありますと言っても、一度お使いのラックに入ってくるので、多くのデバイスでは、その安全を持つ。特に、プロペラヘッズは通常誰をインチ投げないデバイスは、景品の多くを考えている...この簡単なヒントでは、Imはなぜ、あなたがしなければならない方法を紹介するつもり。


極性の

Polar


ポーラーは、ピッチ·シフターとしてラベルが、実際にピッチシフトが発生していると、その通したデジタルディレイです。その可能性はエコーの複雑さと、すべてを一度約束したピッチシフトで追加するので、これはドラムのためのポーラー優れた選択肢となります。最終結果は、以前よりもはるかに豊かで大きな音のループを作成しています。

私は私が何を意味するかをお見せしましょう​​...


ステップ1 - 博士オクトレックスとポーラーを作成

博士オクトレックスを作成し、特に好きyoureのドラムループを見つける。作品や、多分ちょうどドラムループ。一度youveはあなたが好きなものを確立し、ポーラーを作成します。

Dr Octo Rex and a Polar


ステップ2 - 一部ドライに持参

ポーラーが一番上に初期パッチを読んでいない場合は、

次に、先に行くと、私たちは北極を通る信号を持つように博士オクトレックスで実行ボタンを押してください。

何聴力をyoureのは、現在のところそのように処理されている信号であるため、ドライシグナルボタンを押すことによって、ドライ信号のいくつかに追加することができます...

Dry signal button


ステップ3 - 正しいタイミングをつかむ!

少しオフに聞こえる前に、ドライ信号を有効にするとすぐに、何が演奏されたことをyoullの通知。これはFastに、メッドデフォルトのアルゴリズムを切り替えることによって調整することができます。もっとリズミカルなthatsの、ある意味で私たちのためにこれを修正する遅延バッファとシフターを使用するつもりだったのに、それを気にしてはいけない。

任意の処理が開始される前に鉱山が、今のように聞こえる何HERESに。

[オーディオID = "16004"]


さて、病気-15シフタ1の私のシフトノブを降ろす。

Shift knob down to -15


これは、明らかに、悪いタイミングを修正していません。タイミングを修正するには、病気は516 msに遅延バッファの遅延を調整します。あなたのテンポに応じて、それは別の番号かもしれないことを覚えておいてください。 youdは私のテンポは、その80 BPMに行きたい場合。

Delay Buffer set to 516 ms


今、すべてがリズミカルであり、我々はいくつかのきちんとしたピッチングを持っている...しかし、いくつかの詳細を追加することができます!病気シフター2をイネーブルにすると、12半音にシフターノブを設定します。病気でも258ミリにシフター2の遅延を設定します。

Shifter 2 knob set to 12 Semitones


さて、それをチェックアウトすることができます...

[オーディオID = "16003"]


そのほぼ完全に別のドラムビート、それはいくつかの新しいドラムのような音が追加されました!これはただのポーラーは本当に株式ループのいくつかのバリエーションを考え出すか、あなたが考えることであってもドラムビートは、何かが欠けているのを助けることができる方法の一つです。

Propellerheadのショップから極地ダウンロードしてください。

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!