FocusriteのはRedNet A16R 16チャネル・アナログI / Oを発表

Focusrite tell us their new A16R brings 16-channel analog I/O with redundancy to Focusrite’s RedNet range of Dante audio-over-IP interfaces.  

ロサンゼルス、カリフォルニア、2016年2月1日

2 XLRコネクタは追加のAES 3 / AES 11(デジタルオーディオ/ DARS)、I / O接続を提供しながら、アナログ入力と出力は、AES59仕様に配線4リアパネルのDB25コネクタを介してアクセスされます。ワードクロックI / O接続はBNCソケットを経由して行われ、切り替え可能な終端を可能としています。デュアルネットワーク接続がロックetherCONコネクタに提供されており、デュアルPSUの電源入力は、ケーブル保持クリップが含まれています。

Focusrite RedNet A16R

A16Rは、ホストコンピュータのソフトウェア経由でリモート選択したサンプルレートとオペレーティングレベルで、アップ/ダウンプルを含め、最大192kHzの標準サンプル・レートで24ビットで動作します。ユニットは、A / DおよびD / A、加重は、Aは20Hz-20kHzの周波数特性で119デシベルのダイナミックレンジを提供しています

フロントパネルのインジケータは、サンプルレート、クロック・ソース、PSUおよびネットワークのステータスインジケータと一緒にトリプルカラーLEDレベル表示があります。

Focusrite RedNet A16R rear view

Key Features

  • 最大192kHzの24ビット変換の高品質なラインレベルのアナログI / Oの16チャンネル
  • 119デシベルのダイナミックレンジ、20Hzからのフラットなレスポンス
  • ダンテベースのリモート制御オーディオ・オーバーIP接続
  • 最大の信頼性のためのロックコネクタを含むフルパワーとネットワークの冗長性を備えたデュアル電源、
  • 柔軟性を高めるためのワードクロックおよびAES I / O
  • DB25コネクタのAES59規格のアナログI / Oを
  • 総合的なフロントパネルのインジケータ

A16Rは、夏2016の出荷を開始します。

ウェブサイト:www.focusrite.com

 
 
 

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!