CES 2016から、このビデオが示すようにテクノロジーは、音楽からの痛みを損ねた場合

At Ask.Audio we embrace technology. But, there are times when tech and music seem at odds with each other. Like in this cringe worthy video performance from the end of the Intel CES 2016 Keynote.  

私は、ARラーマンのための究極の敬意を持っています。私はまた、新しい技術や演奏の重要なことを避けることドン

その後、私は短い暴言を許可します...

私は最終的に音楽を損なう技術を見るとそれは私を悩まします。それは創造的でない方法で使用されてしまうのタッチスクリーン、ジェスチャー、または(ここでは、インサートギズモのX)、であるかどうか。非常に迷惑。素敵に聞こえる何かをするために私に6弦とギターを与えます。それともただイモージェン・ヒープはmi.mu手袋を行う得ます。あなたはそこに行く:技術と音楽は感覚で。仕事を行います。

しかし、ノー。代わりに、Intelは置きます

Drumming in thin air could be cool if the tech works well.

ハイテクがうまく動作するかどうかを薄い空気にドラミングは、クールである可能性があります。

ああ、音楽自体は、おそらく待ち時間と不正確なトリガ、または不足のため、初めての技術を試し誰かがまとめたサウンドのコレクションのように感じました。それは最終的には、おそらく、より協調的になるんでしたが

ここで危機に瀕してパフォーマンスのビデオを見ます。

暴言を超えます...

私は触れレス、3Dの音楽コントローラを、ミュージシャン、プロデューサー、や技術として、我々は、単に物事の最新のワイヤレス、インターネットを披露より大きい責任を持っていることを追加したいです。我々は、ハイテクで良い音楽を作る必要があります。私達は技術がそのwouldn私たちの作品やパフォーマンスに何かを追加作成する必要があり

私NAMM 2016に持参

経由: ベルジェ

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

rovethegroove
Oh, goodness, that was cringeworthy. But I do hold out hope that this type of tech would get better, just because I'm lazy and don't like setting up all that gear on stage.
GreasyWilly
The latency would drive me crazy! This technology is interesting but obviously not ready for prime time.

Thanks for the article.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!