Reasonで楽器を変換するためにヴォコーダーをUsing

Unsurprisingly Vocoders have always been associated with vocal processing, after all this is what they were originally designed for. This preconception shouldn't affect the way you use your Vocoder as  

すべてこれは彼らがもともと用に設計されたものです後当然のヴォコーダーは常に、ボーカルの処理に関連付けられている。彼らは単に、任意のソースについて処理するために完全であるとして、この先入観は、あなたのボコーダーを使用する方法に影響を与えるべきではありません。

In this article we'll take a look at how we can use a Vocoder in Reason 5 to transform the sound of more traditional instruments such as drums and guitar.

ステップ1 - あなたのボコーダーを選択する

ほとんどすべてのボコーダーは、楽器を処理するために使用することができますが、このチュートリアルでは、理由5にバンドルされている優れたBV512ボコーダーを使用することになります。だけでなく、これは非常に強力なプロセッサですが、正当な理由の柔軟なルーティングシステムにセットアップは非常に透過的です。

私は、ルーティングボコーダの基礎を理解の間でこれらの機能は、初心者を助けるだろうと思った。他のアプリケーションがこのようなグラフィカルシステムを使用していないが、別のDAWで同様のセットを実行するときに、うまくいけば、この例を想像できるではありません。

BV512ボコーダー

ステップ2 - 接続の確立

セットアップボコーディングのために使用される楽器。

あなたは、キャリアとモジュレータが必要になりますあなたのボコーダーで処理する予定のものは関係ありません。キャリアは、あらゆる楽器やサウンドソースを使用できますが、基本的にこれは、メロディーを作成するために使用する音です。変調器は、処理したい音ですし、伝統的にボーカルです。

この場合、私たちの変調器はDr.OctoRexからドラムループであり、キャリア信号はThorシンセサイザーからシンプルなシンセストリングのパッチです。行われた接続と再生ドラムループと私たちは実際には何も聞こえません。我々は、次のステップのいくつかの音を作り始めるだろう。

ラックの背面とデバイス間で使用されるルーティング

ステップ3 - メロディーを録音

私達のドラムループを作るために歌う私たちはキャリアのデバイスにいくつかのMIDIを再生する必要があります。あなたのドラムループ(またはあなたが多分使用して、他の楽器が)この時点で再生されていることを確認します。

キャリアの測定器に、好きな音を演奏し、行動にボコーダーのキック音が聞こえます。あなたはまだ元のループのダイナミクスと溝が聞こえますが音の音色やチューニングが変換されます。

メロディーは、トールのMIDIトラックに記録されます

ステップ4 - [設定]にアレンジを作る

多くの最終的なサウンドの資質のは、採用の設定に依存します。多くのヴォコーダーを使用すると、すなわちいくつかの主要パラメータを、使用されるバンドの量は、高周波強調し、キャリアとモジュレータの間にミックスを調整することができます。

低い設定ではあなたに粗くロボット影響を与えるとより高い設定がより明瞭になる間、バンドの量は、サウンドの複雑さに影響します。ここでは、BV512が提供するスムーズな応答を与える最高の設定を選択している。

また、信号にハイエンドの量をuppingまたはウェット/ドライミックスを使用して元の信号の明瞭度を向上させることができます。私は、高いバンド数では完全にウェット信号を離れて得ることができること見つけるために傾向がある。あなたは以下の最終的なコーダードラムループを聞くことができます。

乾いたドラムのループ:

[オーディオのid ="6145"]

...私たちのボコーダーがメロディーを設定し、記録して、現在治療:

[オーディオのid ="6146"]

になる理由のパワーユーザー。

Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!