のLogic Pro Xでアルペジエーターを使って、パート1

Getting past the GUI of Logic Pro X's arpeggiator MIDI effect plug-in can bring about some tasty rewards for your productions. Gary Hiebner takes you on an arpeggiation journey.  

ロジックスアルペジエーターのMIDIエフェクトを使用すると、簡単にあなたのソフトウェアインストゥルメントでアルペジオ·パターンを作成することができます。私はあなたの音楽制作にarpeggiationsを使用して別のアルペジオのバリエーション、オクターブの範囲と間隔の変化を通して、あなたの曲をいくつかの余分な複雑さとペースを追加するための素晴らしい方法であることがわかります。

この記事では病気は、あなたの歌に興味の余分な層としてARPパターンを構築する方法を示しています。最初のユーザー·インターフェースとどのようにアルペジオ·パターンをプログラムするを見てみましょう。そこから病気あなたの音楽制作にこれらを組み込むことができる方法を示しています。

ステップ1 ARPを追加する

アルペジエーターはMIDI効果であるので、これは、ソフトウェア音源に配置する必要がある。私の歌で私は新しいソフトウェアインストゥルメントを作成しました。あなたはショートカットCMD-オプション-Nを使用することができます

今すぐチャンネルストリップ上ES2の計器タブの上に、MIDI FXのボックスをクリックし、アルペジエーターを選択します。これはアルペジエータープラグインのユーザーインターフェイスが表示されます。それは、最初が、ナビゲートするのは非常に簡単で、少し困難な見えるかもしれません。

Adding the arpeggiator in Logic Pro X.

のLogic Pro Xでアルペジエーターを追加する

あなたのARP設定の選択ステップ2

ミドルノート順序]セクションで開始できるようにします。ここでは、アープの速度または速度を選択することができます。これはあなたのロジックプロジェクトのテンポと同期します。あなたは(これもの間に、トリプレットと点線の間隔率を含む)1/128のレートまですべての方法を残した上で1月1日遅い速度から行くことができます。あなたはかなり大幅に速度を増加させることができる見ることができますように。

1月16日にこのレートを設定します。次にあなたが順番にARPたい方向である。上向きの矢印は最高音に最低音からノートをシーケンスします。そして、どのようにARPが動作することは何でもあなたを介してitllシーケンスを押さえている音ということです。 Cメジャートライアド(CEG)を再生することによって、これを試して、その順番でCEGを通してどのようにサイクルを聞く。今では方向を逆に下向きの矢印をクリックします。次はアップダウンパターンであり、それはあなたが遊んでいる和音を通じてサイクルとしてより低いおよびより高いノートを繰り返します。

The note order settings in Logic X's arpeggiator.

ロジックXのアルペジエーターの音順序設定。

第四のノートの順番は、社外パターンの内側にある。 Itllは、あなたの和音と遊ぶ外部の音を弾くと、弦の内側にノートに向かって移動します。これに続いて、ランダムパターンであり、あなたが推測できるように、このコード音内でランダムパターンを再生します。そして最後にホールドパターンがあり、それはあなたがノートを下に置くの順序でパターンを再生します。病気はあなた次第パターンの選択のままにしておきます。それはそれらを試して本当の楽しいことができ、それらを試してみてください。

ステップ3いくつかのバリエーションとレンジの追加

それでは、メモ順序]セクションの右側にある最後の2つのオプションを飛び越えるましょう。オクターブ·レンジを使用すると、ノートがサイクルオーバーしようとしているオクターブの数を決定することができます。 2オクターブの範囲にわたってこの意志サイクルなたノート2に設定します。あなたは後でいつでも変更することができます。変動ダイヤルはそれが動作する方法のセットがあり、さらにそれがARPパターンに追加され、より複雑さと分散をダイヤルバリエーションが上がる。イムは、変形例2に地雷を設定しようとして。

Using Variation and Octave Range.

変異とオクターブ·レンジを使用した。

ヒント4音の長さ、速度とランダム化

あなたは、下部にある[オプション]タブをクリックすることで、さらにいくつかのランダム化に追加することができます。あなたの個人のノートのノートの長さを変更することができます。約70%の短い短い音符の長さを設定することができます。そして、この隣にダイヤルが、彼らは正確にそのプレイするたびに同じ長さにならないように、あなたのパフォーマンスにいくつかのヒト化を与えて、ノートの長さをランダム化することができます。

Changing Note Length and Velocity.

音符の長さと速度を変更する。

また、100%の量を引き下げることで速度をランダム化し、これに次のランダム文字盤にランダム量を変更することにより、さらにこれをランダム化することができます。

曲中のヒント5アープス

歌の文脈でこれを聞いできます。私はかなりまっすぐな感触を持っていEDMトラックを持っているが、私はそれにいくつかのより多くのペースと複雑さを追加したい。だから私は、ARPパターンで追加した。

ここアルプのない曲は次のとおりです。

[オーディオのid = "29197"]

そして、ここでそれは、ARPである。それが曲にもっと関心とペースが追加されますどのように聞く。 ITSはかなり遠い背中ミックスに座ったが、ちょうど十分なトラックにいくつかの音色のペースを追加するために存在する。

[オーディオのid = "29198"]

結論

本当に曲にリズムと複雑さの余分なレイヤを追加するためにうまく機能ARPS。レートに応じて、これらは、あなたのトラックを本当にスパイスできる設定に追加発注し、差異に注意してください。だから、あなたの次の作品でそれらを試してみると、彼らはあなたの曲にいくつかの余分な複雑さを追加する方法を聞いています。この記事の次の部分では病気では、さらにこれらのARPを微調整し、プロジェクトでそれらを編集する方法を探る。

さらにロジックXのヒントについては、以下の記事を参照してください。

http://www.macprovideo.com/tutorial/logicプロ-200-MIDI-FX- -アルペジエーター

このミニシリーズの第2回では、AskAudioMag.com上でここで利用可能明日...

Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!