フレーズ配列決定のためのReasonのトール·シーケンサの使用

Propellerhead Reason is chocka full of hidden features and functionality. In this tutorial G. W. Childs shows how to make a melodic pattern in Thor that changes pitch dependant on the keys you press.  

アルペジエーターと同様のキーボードからフレーズ、メロディを誘発する能力が、ますます頻繁に使用されている。ありがたいことに、ラックの拡張(などとの

このチュートリアルでは、IDは、キーボードのキーを押し、キーに基づいて、スケール(チェンジピッチ​​)キーがシーケンサー旋律パターンを作成する方法をお見せしたい。

ステップ1 - 差しのための簡単​​なパッチ

トールでは、単に右クリックして、デフォルトのパッチにトールを設定し、リセットデバイスを選択することから始めましょう。これは、すべてのノブをゼロにし、我々はプログラミング作業を踏む気にせずに構築することができ、簡単な環境で私たちを保持します。

Pic 1

今、我々は非常にシンプルなパッチを持っており、これが次に何をしようとしていた何のために最適です!

ステップ2 - メロディを作ろう!

Thorsシーケンサーでは、そのインタフェースの一番下に、繰り返しシーケンサーモードを設定し、youreの準備ができたら、[実行]ボタンを押してください。これを実行する前に、IDはプログラムされていないときThorsシーケンサーから出力される音声の本来の流れが、少し不快なことができることを警告し。ボリュームがダウンしていることを確認してください!

Pic 2

今、シーケンサが動作していることを、各シーケンサステップのノートを変更するために16のノブを使用しています。

Pic 3

シーケンサーで再生するすべてのステップをほしいと思わない、またはあなたの順序で休息が必要な場合は、特定の手順で、あなたはしたくないステップに対応する赤いボックスの選択を解除

Pic 4

この特定の演習では、IDは別のステップで、1段階上のC3及びC4のように同じキーの下、より高いオクターブ、に固執することをお勧めします。このように、キースケーリングがアクティブである場合、我々は曲の中で仕事をいけない任意の奇妙なノートを取得文句を言わない。覚えておいて、シーケンス内のすべてのノートは、私たちが押し何キーに基づいて移調する予定です!

また、あなたは16ステップのシーケンスを実行する必要がいけない!ステップノブを使って、あなたが選択した任意の、8、4、1でThorsシーケンサ実行するかを選択することができます!

Pic 5

ステップ3 - キーボードに持参

今、私たちは順番がある!しかし、しばらくの間、シーケンサはただそれ自身で実行されます。我々は、キーボードのキーを押すと、その実行中に、ほかはただ、シーケンサとの競争を取得します。どのように我々は、キーボード、シーケンサーを制御することができますか?

モジュレーションのルーティングテーブルの上に、MIDIのキーを持って行を作成

Pic 6

しかし、キーボードのキーを押すことでトリガするシーケンサためには、アルペジエーターのように、我々はまだあまりにも、このためのコマンドを設定する必要があります。これを行うには、MIDIのキーの下にMIDI門を(持って行を作成

Pic 7

最後に、シーケンサは押されたキーで遊んでいるか、オーバーラップMIDIキーを持っていることから保つために、Thorsメイン前面プレート上のMIDIのノートのトリガーを無効にします。

Pic 8

結論

シーケンサがまだ繰り返すように設定されている場合は、キーを押したときに大丈夫、、、あなたは、再生中のシーケンスを聞く必要がありますが、どのようなキーのルート音でyoureのは、現在、MIDIキーボード、またはオンスクリーンからピアノのキーで遊んで(F4 )。このトリックの美しさは、あなたがyoureの演奏キーに拡張クールなベース·パターンを再生することができ非常にリズミカルなパッチを取得してしまうということです。これが理由メインシーケンサ内のプログラム、コピー&ペーストで多くの時間を節約できます。そして、パッチが作成したベースパターンと、他の曲のために、後で保存することができます!

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!