理由の秘密のハイパスフィルターを使用して、

Reason 6 is packed with instruments, effects, little-known shortcuts and tricks. But at first glance there is no high-pass filter… or is there? Mo Volans digs below the surface to undercover this gem.  

[OK]をので、私はこれを発見するために、地球上の最初の人ではないかもしれないが、最近のプロジェクトで、私は愉快に私が理由6S、ラック内のファッションのハイパス·フィルタを可能性を見つけるために驚いた。このことは、信じられない聞こえないかもしれませんが、その理由を考えると、実際にラックに基づいて高域を持っていない理由パワーユーザーのためのその実際には非常に良いニュースをフィルタリングします。


なぜ私はそれを必要とし...そして、なぜあなたもマイト

だから私は(それが故に、重いボコーダー歌う私です)理由6に多額のボコーダボーカルを混合した。私は特定のセクションのいくつかのリターンに基づいて、パンの遅延を自動化し、結果とかなり幸せだった。

My Vocoder chain

私のボコーダーチェーン

...And the heavy echo effect on the return channel

リターンチャンネルに...そして重いエコー効果


私は、ボーカル自体からローエンドをトリミングするには、コンソールのハイパスフィルタを使用していたが、私はエフェクト·リターンと同じことをしたかったときに問題が生じた。私はすでにいくつかのパンのデータを自動化し、私がオプションを使い果たしていたレベルコントロールを禁止していた。

The high pass filters on the console

コンソール上のハイパスフィルタ


私はそれ以上の処理がラックに場所を取ることは知っていましたが、専用のハイパスフィルタの欠如は、私は少し困惑して残しました。それから私は、以前のマスタリングセッションで、私は一種のハイパスフィルタに遭遇したことを思い出しました...

The automated return that needed to be treated

扱われるために必要な自動復帰


フィルタリングされていない遅延リターンボーカル:

[オーディオID = "12378"]


私が使用したもの

クラスのステレオイメージャーは、ハイとローの2バンドにまたがって動作します。それは、そのステレオ拡張の効果を適用しているバンドを分割するためにハイとロー·パス·フィルタを使用して動作し、その本質的にクロスオーバー。

Creating an MClass Stereo Imager

MClassステレオイメージャーを作成する


啓示は、これらのフィルタは、実際にソロ·ボタンを使用して単離することができるということです。ハイとローのバンドのためのデバイスの背面に独立した出力もあります。ですから、ソロボタン、または別のタイムアウトを利用するかどうかは、実際には個々のフィルタを活用することができます。


ステレオエンハンサーノブがゼロに設定することによって、我々はまた、何の効果を使用してどちらかのバンドに追加されていないことを確認してください。この時点で私は私が任意のプロジェクトに使用することができ、専用のラックベースのハイパス·フィルタを知っていました。良いニュース。

The Imager in place with the correct settings

正しく設定された場所でイメージャー


必要なルーティング

あなたは、かなりまっすぐ進む、そのすべてを挿入し、単純に通常の方法でMClassイメージャーを処理し、作成したいデバイスを見つけ、これを使用する場合は、ルーティングが自動的に行われます。そのあなたが問題に実行することができるリターンと一緒にこれを使用したいと思います。

The Imager’s rear panel

イメージャーの背面パネル


私は、Shiftキーを押しながら、物事を台無しから自動ルーティングを回避するためにデバイスを作成する必要があったことがわかった。私は、手動で自分の向きを変える、チェーン内の挿入などのデバイスをルーティングされます。このように私はエフェクト·リターンのための完全な信号経路と偉大なハイパス·フィルタを得た。私が行ったように、これは有用ましたね!

The routing I used

私が使用したルーティング


つの最終的なフィルタ、遅延戻り値:

[オーディオID = "12381"]



Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!