Guitar Rigの5Sコントロールデバイス、パート2を使用して、

In the second of this two-part guide to using controller devices in Native Instruments' Guitar Rig 5, Hollin Jones gets deeper into the creative effects process.  

、この短いシリーズのパート1私たちはGuitar Rigの5の制御や修飾子デバイスのコンセプトを見て、それらがどのようにギターやベース用ですが、任意のトラックだけではなく、もっと面白いと動的な効果を作成するために使用することができていました。我々は、既存のプリセットを変更しようとしましたが、今回は最初からパッチを構築することをやってみるつもりだった。その本当にすべてのことは難しくありませんし、独自の効果を構築するためにReaktorのようなものを使用してより確かにはるかに容易になります。


ステップ1は、エフェクトを読み込み

彼らは自分たちで音を立てないので、修飾子デバイスが変更するものが必要です、彼らは他のエフェクトモジュールのパラメータを制御します。ループまたはトラックをロードし、GUITAR RIGのインスタンスを作成し、コン​​ポーネントのメニューから、遅延部にドラッグします。

Load an effect


ステップ2は修飾子を追加します。

今修飾子カテゴリに移動し、ラックにエフェクトをドラッグします。ここでは、LFOのモジュールを試してみるつもりだったし、それがラック内にある場合には、ピックアップし、効果のドライ/ウェットノブに割り当てをドラッグします。その後、スピードアップや変調を遅くするLFOモジュールにレートコントロールを使用します。約9 Hzにそれを移動すると、特にビートに、本当に面白いトレモロ効果を得る。またLFOの形状を変更してみてください。

A modifier


[オーディオID = "12140"]


ステップ3は、第2の修飾子モジュールを追加

今、同じラックにエンベロープモジュールをドラッグしてみてください。それはプロジェクトと今回とのテンポを同期させるようにその同期ボタンをクリックすると、このモジュールのディレイ·エフェクトのタイムノブに割り当てをドラッグします。あなたはそれがビートにスクラッチスタイルの効果のようなものを紹介する音が聞こえます、あなたはエンベロープモジュールで周りにエンベロープポイントを移動することによって、この動作方法を変更することができます。あなたはディレイ·エフェクトが変更された方法を変更する方法を見て別の位置にドラッグします。

A second modifier module


ステップ4は、別の何かをしよう

新しいパッチを開始するか、あなたは現在あなたがパッチを保持したい場合には、最初にそれらを保存していることを確認し、ロードしたモジュールを削除します。この時間は、リバーブユニットとし、ステップ·シーケンサー·モジュールを追加してみてください。ステップ·シーケンサーは、リバーブユニットのミックスコントロールにセクションを割り当てるにドラッグします。すべての点灯ステップでは、リバーブがオンになり、すべての消灯のステップのためにそれが消灯します。効果を変更するには、シーケンサーの分解能とADSRコントロールで再生します。

Playing with the resolution and ADSR


ステップ5は、創造的な取得

変更されたパラメータ(この例ではリバーブのミックスコントロール)を右クリックし、表示されるコンテキストメニューでは、修飾子のサブメニューに移動します。その後、-100%にステップ·シーケンサーの量を変更します。あなたは、これが今、リバーブの手順では、 消灯(オフと、それが点灯しているたびに)されるたびになるようその動作を逆転させる効果を持っていることがわかります。この例では聞くことができるので、これは本当に面白い効果です。オリジナルのドラムビートはまだ単一の変更されていないオーディオファイルであっても、それが切り刻ま、シーケンス効果のようなものを持っています。

[オーディオID = "12139"]



Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!