Pro Toolsでのエラスティックピッチを使用する

You've likely heard of (or used) the elastic audio feature to make timing changes to audio in Pro Tools, but have you come across Elastic Pitch? Read on to discover more!  

Pro Toolsの中のエラスティックオーディオは、それはMIDIであるかのと同じように簡単にオーディオの領域(量子化する能力を含む)へのタイミングの変更を加えることができますが、終了後にも、オーディオのピッチに非破壊変更を加えることができることをご存知でしたか伸縮性?


ステップ1は、オーディオの弾性を持たせる

エラスティックオーディオ - 有効になっているトラック上のオーディオリージョンは、それに適用されるエラスティックオーディオピッチトランスポーズを持つことができます。エラスティックオーディオでの以前の記事(例:

Dragging an audio file from the Project Browser to an Elastic Audio enabled track causes it to be ‘elaticized’

プロジェクトブラウザからエラスティックオーディオ対応のトラックにオーディオファイルをドラッグすると、それが伸縮されます


注:エラスティックオーディオピッチトランスポーズはモノフォニックエラスティックオーディオプラグインを使用しているトラック上の領域では使用できません。ピッチトランスポーズは、しばしば、ボーカルなどのピッチモノフォニック部品に適用されるので、これは混乱を引き起こす可能性があります。


ステップ2ウィンドウ]を選択します

エラスティックオーディオピッチトランスポーズは、次のいずれかの方法で(そしてそれは、選択した領域の一部ではなく、地域全体でなければならない)の領域に適用することができます。

1。エラスティックプロパティ]ダイアログウィンドウを使用して、( 地域を選択

The Elastic Properties Window

エラスティックプロパティウィンドウ


2。トランスポーズウィンドウ( イベントの選択

イベント操作ウィンドウにはまた、からピッチを定義することができますし、どのお客様にトランスポーズ(便利な機能は、音程に思われる場合)が示すように、他の二つのオプションは、( 下の画像を参照 )、それらを選択できるにもかかわらず、利用できませんに。

The Transpose dialogue window

トランスポーズのダイアログウィンドウ。


元のピッチを取り戻す

エラスティックオーディオピッチトランスポーズがリアルタイムで行われるため、常に品質の損失なしに元のピッチに領域を返すことができます。ちょうどエラスティックプロパティウィンドウで、ピッチのフィールドにゼロを入力する、または地域を選択してください


バリスピード

エラスティックピッチのトランスポーズはまたバリスピードエラスティックオーディオプラグインを使用することによって実現できますが、スピードアップや地域全体での時間の圧縮または拡張を実行するためのTCEトリマーツールを使用するか音声を遅らせる、またはテンポを変更する場合にのみすることができます(トラックは(下の画像を参照)これを動かすにはAAダニタイムベースを持っている必要があります。

Choosing the Varispeed Elastic Audio plug-in

バリスピードエラスティックオーディオプラグインを選択する。


あなたが選択した場合インバータVarispeed弾性特性やイベント操作でピッチに加えた変更は、プラグインウィンドウは無視されますが、他のプラグイン(ではないモノラルプラグインののいずれかに戻す場合が引き継がれますもちろん!)。あなたがオーディオにピッチの変更を作成するための異なる方法を比較するためにこの機能を使用することができます。


Pro Toolsのエラスティックオーディオの操作の詳細を発見するためにこのチュートリアルを見る 。

Mike has been obsessed with music software since he first saw Fairlight's Page-R, and has tracked its development through his work as a performer, composer and producer. As a writer he has contributed articles to Sound On Sound since 1999, and currently writes their Apple Notes column. As well as being a certified Logic Pro and Pro Too... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!