フロリダ州Studioでビートを解き放つ

C'mon, who doesn't like their beats served big?! If you enjoy slick shuffles, funky flams and crazy note bursts, then this FL Studio beat building tutorial will get your juices flowing.  

今、FL Studioは、より正式にはMacの方に扉を開いたこと、新規ユーザーの多くは、木工品の出てきている。これは、プラットフォームとしての新たな成長に適しています。しかし、その技術的には、お使いのMac上でWindowsエミュレーション内で実行されているので、それは少し混乱するかもしれないことができます。 PCユーザーのために、奇妙Explorerのウィンドウがポップアップ有する大したことはありませんが、Macの人は頭を悩まままにすることができる。また、ステップシーケンサーは、ドラムのための素晴らしいですが、どのようにして、より複雑なのですか?どのように病気のシャッフル、フラムを追加し、それらの狂気の128ノートバーストが起こっているのですか?このチュートリアルでは、IDはどのようにステップシーケンサーから構築することにより、ダブステップ/トラップ/ヒップホップスタイルの休憩を構築するために、ステップ·シーケンサーの限界を越えて行くする方法を紹介したいと。

ステップ1 - 基本からビルド

強固な基盤を持っているあなたが実行を開始する前に歩いて、その良い、とその良い。病気だけでは、デフォルトで130 BPM、フロリダ州のスタジオを維持し、現在稼働中で、ステップ·シーケンサーでのキックとラベル付けされているサンプルを切り替えることで、新しいキックドラムを選択することから始めます。これを行うには、病気は、単にステップシーケンサーとチャンネル設定ウィンドウにキックラベルをクリックして選択すると、現在フロリダ州Studioのデフォルトのキックを供給しているサンプル·プレイバック·デバイスと一緒に表示されます。

Pic 1

次に、病気を押しブラウズサンプルボタン。これは、お使いのMacの中に、通常のPCで見られる、エクスプローラのウィンドウが表示されます。 youreのPCは、あなたが気にしない場合はもちろん、通常のように続けていく。

Pic 2

いずれにしても、このウィンドウ内で、小さな、緑色の矢印ボタンを使用してからサンプルを引っ張ったディレクトリ内の1つ上のレベルに行くためにボタンを上矢印を使用しています。

Pic 3

あなたは上のレベルに行くと、youllのyoureのドラムディレクトリで作業ことがわかり、それはヒップホップのディレクトリをtheresの。ダブルクリックし、Hip_Kick_9.wav]を選択します。

Pic 4

今、同じ楽器のヒップホップバージョンと同様に、帽子とスネアのためのサンプルをスワップアウトしたが、現在はそこにthatsのデフォルトのサンプルで拍手を残す。完成したら、ステップシーケンサーは、次のようになります。

Pic 5

ステップ2 - ステップ

16へのパターンのサイズを大きくした後、病気のプログラムは私の拍手は拍手がおき16ステップ、または、ハーフタイムに当たる定期的なリズムであると。

Pic 6

そして、その後、拍手のヒットの間でランダムHip_Kick_9で、キックを振りかける。あなたが初めに1段階があり、拍手が当たったときのキックがヒットしないことを確認してください。あるいは、単なるデモンストレーション用に、IVEはキックのために作られたパターンをコピーします。

Pic 7

次に、選択したいずれかのサンプル、あなたの帽子を右クリックし、すべての2つのステップを埋める選択します。我々はそれををリニューアル開始するまで、これが必要プログラミングなしですばやく、簡単ハイハット8ビートを提供します。

Pic 8

最後に、素敵なブレイクビートのリズムを提供するために、拍手ヒットの間にいくつかのスネアを振りかける。ここでも、ちょっとふりかけ、あるいは単に私のパターンをコピー、離れて拍手からご利用いただけます。

Pic 9

[オーディオID = "27601"]

ステップ3 - それを構築!

今、その時間は、これらのより高解像度のシャッフルとフラムに追加を開始します。それはブレイクビート内のエネルギーの多くを提供し、このために開始するのに最適な場所は、ハイハットになります。病気ステップシーケンサー内のトラックのラベルボタンを右クリックして、ピアノロールに送信]を選択します。

Pic 10

ピアノロールは、私たちは、シーケンサ内においてはるかに厳しいズーム、ステップシーケンサーよりもはるかに高い解像度でステップを描画することができます。より多くのあなたがズームバーを使用して、ピアノロールにズームイン、一番上にある、より複雑かつ迅速なyoullのは、あなたの帽子を取得することができる。

Pic 11

今youreのタイトズームインことなので、同じように、互いに近接して実行するより小さなヒットとあなたの厚い帽子ビートを交換してください。 IDは、パターンをこのように発進してから、こことそこにいくつかのバーストを散水をお勧めします。

Pic 12

このようなものを試してみてください

[オーディオID = "27602"]

あなたも、より小さな音符の長さで描画できるようにすることも、スナップ解像度を上げてみてください。これは、時々聞くグリッチ、機関銃の帽子に特に便利です。私は練習の次のステップに移る前に、この時点で実験して、あなたの時間を取ることをお勧めだろう。それは同様に、シークエンシングを学ぶことになるとハイハットは多くの楽しみであること、そして非常に教育することができます。

Pic 13

youreの追加が完了した場合、今またあなたのバーストの始まりで、特定の部分にあなたのヒットの速度を低下させ、最大速度を上昇させることによって、ハイハット内でいくつかの速度を微調整するのによいタイミング、または、それらをランプダウンになる。これは、どのように聞こえるかに基づいて行われる必要があります。視覚的側面について心配しないで!

Pic 14

ステップ4 - 歌にそれを取る

今、私たちは、で動作するようにまともな休憩を持っていることを、我々はステップシーケンサーの範囲外で、より多くの配置を開始できる場所、それを乗り越えることができます。パターン選択ドロップダウンメニューで、分割することで、チャネルを選択します。これは、独自のパターンにあなたのシーケンス内のすべての部分を分解します。

Pic 15

youllのはyouveはすべてを失ったと思うので、これは、最初は、あなたの地獄を怖がらせるでしょう。あなたはhaventは!ソングモードにFL Studioを設定します...

Pic 16

して、プレイリストを育てる!このウィンドウには、私たちは彼らが曲の構造内に表示されている方法で、シーケンス内のパターンの周囲に配置することができます。物事が出入りするとき手配するそのまた素晴らしい方法。私は意味、同じビートが何度も起こってほしくない!

Pic 17

プレイリスト内では、病気はパターン·シーケンサーで初の楽器として、キックでなければならない私の古いパターンの現在選択されている部分に描画するために鉛筆ツールを使用するため、第一のパターンとして再作成されます。

Pic 18

youreの拍手にドロップする準備ができて、スネア、ハイハットなど、単なるパターン·セレクタを使用してパターン番号にスクロールしたとき。パターンに関連付けられている番号を選択し使用するか、スクロールして、たとえば、あなたがパターン2、3、または4にスクロールすると、シーケンサの中に現れるパターンを参照してください。

Pic 19

番号が選択されると、プレイリスト内のそのパターンに引く。たとえば、次のようにパターン2を選択して、[プレイリストにパターンを描画します。彼らはふさわしくソングとして、定期的に表示された、パターン1-4に追加します。彼らはすべての時間を実行して持っていけない!そして、より積極的な部品のスネアを予約。

Pic 20

[オーディオID = "27603"]

最終的には、素敵な建物の様々なていたビートだけでなく、複雑さをyoullは持っています。 youreのそれを感じた場合、今、ちょうど、いくつかのベースを追加し、メロディボーカル。 youreのソングモードでは、同様にそれを構築するかもしれません!

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Bottle Jackson
this is the worst use of flstudio i've ever seen. you completely ignored the native swing/shuffle in the step sequencer and used flstudio just like any DAW. why bother using it at all?

if this is your personal choice that's fine but since you are posting a tutorial for new users I have to say the honest truth. ya blew it!
E_veryday_J
I don't usually comment, but this article changed my life!!! I've been using FL Studio wrong... I never knew about the split channel. I would play everything on the playlist first and work from there... This has made my life so much easier!

Thanks G.W and Audio Mag! lol

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!