ロジックPro Xの中での信号の流れを理解する

Have you ever struggled to set up effects like vocoding or side-chain compression or wanted to set up a headphone mix for a singer in Logic Pro X? Peter Schwartz explains how in his new video course.  

あなたが(そのため、取得することはありません - 疲れたシンセ音をポンピング)ボコーディングまたは側鎖の圧縮などの効果を設定しようと苦労している?またはあなたはあなたのスタジオで歌手や他の演奏者のためのヘッドフォン·ミックスを設定したいと思っているが、それについて移動する方法として最初の手がかりを持っていなかった?

ここではいくつかのより多くの一見無関係な質問は、あなたが唯一の別のトラックレコードから出て行ったことを知って、レコードにオーディオトラックを入れているのですか?とレイテンシについて何を - バッファサイズメニューがゼロの値を提供していない、なぜあなたが今まで疑問に思っている?

表面には、これらのシナリオのどれも共通で何かを持っているように見えるん。それらの各々は、アドレス指定された説明、または信号の流れ、私の最新の話題を驚くほど簡単な原則適用することで解決することができるので、しかし、実際には、彼らは、何macProVideoチュートリアルコース

ドットを接続する

信号の流れは、すべてのオーディオ信号が論理学ミキサー内のB点に点Aから移動するような方法、結果として利用可能になるクリエイティブなオプションを理解することについてです。時々、これらの結果は、このようなトラックに新たな次元を追加するためのちょうど右の方法で効果に信号を送るように、素晴らしいと感激されます。他の時、基本的な信号フロープラクティスは素晴らしいサウンドヘッドホンミックスでミュージシャンを提供するために使用される。最初の例は、より多くの魅力を持っているかもしれないが、それが記録になると、どちらも同様に重要である。あなたがそれらを達成する方法を知らない一方、両方の状況を不満に終了することができます。

Analog to digital conversion diagram from the Logic Pro X Signal Flow video course.

商業レコーディングスタジオでは、アイブ氏が言及したすべてのシナリオは、通常は録音やミックスエンジニアの責任である、彼らの肩書きの工学的側面は、音声信号が中のチャンネルやエフェクトの間で流すことができる方法を理解することと大いに関係がありますミキサー。 youreのDAWで、あなたはあなたの音楽の作成を支援するスタッフの恩恵なしに自分で作業している場合しかし、あなたもこの役割を引き受ける必要があります。世界トップクラスの技術者になることは一つのことですが、聞きしたいだけでは複雑ではない、と相続人は例のためには、非常に迅速に信号の流れの基本を学ぶことができます...

信号の流れのゴールデンルール

何もするだけの一方通行はほとんどありません、音楽制作の分野では、youllのtheresの少なくとも1つのルールを使用すると、当行ができることを知って幸せになる: オーディオ信号は常に入力に出力から流れる 。それはそうと、そのまま、真のような単純な、記録に新しい多くの人々が後方にそれを得る。あなたは簡単にそれを周りに通常は混乱の原因となる他の方法を実行しようとすると、その送信先にその供給源からの音声信号をトレースできますが。だから、あなたが想像のとおり、コースでのチュートリアルの1は、このキーポイントを示しています。

Output signal flow diagram from the Logic Pro X Signal Flow video course.

プロロジックX信号の流れビデオコースからの出力信号フロー図。

トラブルから抜け出す

信号の流れの概念を学ぶためのもう一つの重要な理由は、オーディオは、あなたがそれが行く必要があるに流れていないような状況をトラブルシューティングできるようにすることです!あなたはプロジェクトの作業時間の15%の技術的な問題のトラブルシューティングにかかる​​されます - 10%がそのID見積り。このように、あなたの帽子の下で、基本的な信号の流れの概念を持つことは、そのトラックで死んで停止してから、あなたの創造性を防ぐことができます。

有線および電源に接続入門

あなたはより多くのオーバーダブを行うために座る前に(再び)スターバックスを押すことであまり論理ではない配線さが、信号の流れの基礎を学習することによって取得します。しかし、目的を達成するための手段が常に存在しないためにここからの信号をルーティングする。非常に多くの場合、効果はyoullはまた、特定のプラグインがどのように機能するかについての理解が必要で、このようなボコーディングなど、実現したい。ノイズゲート、コンプレッサー、EVOC-20ボコーダー:ので、より多くの全体像を提供するために、ロジック信号の流れは、プロの特殊効果を作成するために使用される最も人気のあるプラグインの3を採用する方法のクラッシュコースが含まれています。

The Logic Pro X Signal Flow video course also teaches you about compression amongst a plethora of other creative tips for using signal flow.

ロジックPro Xの信号の流れのビデオコースは、信号の流れを使用するための他のクリエイティブのヒントの過多の中で圧縮についてを教えている。

私はプロロジック内の信号の流れにカバーするトピックの概要については、見ていてください目次を 。そのは一体ポストフェーダーセンドがMIDIが論理フローをどのように、であるか、なぜあなたのレイテンシ値をゼロに設定することがカント何を学ぶかどうか、皆のためにそこに少し何かをtheresのその私の希望。

ここシグナル·フロー-ロジックPro Xの102を見て。

Peter Schwartz, composer, orchestrator, arranger, pianist, synthesist, and musical director, began piano studies at age 5 and went on to earn a degree in piano performance from Manhattan School of Music. It wasn't long afterward that he began working as a product specialist for New England Digital (Synclavier) and also as a sound progr... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!