パート2は、任意のDAWからAbleton Liveに移行する

Can't get your head around Ableton Live? Don't be put off! G. W. Childs highlights the similarities in Part 2 of this Transition to Ableton from any DAW series.  

前回の記事では、Abletonと他のDAW間の類似性を調べました。類似を通じて、私たちは私たちには外国人にあるものの我々の理解を高めることができるので、これは重要でした。


現在の類似点がどこにある我々が理解することで、Ableton Liveを使用して起動後、あなたの心を吹き飛ばすことができるものを見てみましょう。と、私を信じて、私は考えてyoureの知っている、それは私の心を吹くために多くを取ると、私は長年の経験を持っている...私もこれを考えた!しかし、私は一度、この資料の末尾に到達すると考え、youllは、うまくいけばオルAbletonのクールエイドの大きなガブガブ飲むことは本当に熱心に全く異なる感じ、と。


封筒

オートメーションは、塩の粒の価値現代の任意のDAWに不可欠な、基本的な部分である。 Weveはすべて、非常に波形を通して穏やかに流れ、そのネオンの行に慣れて音声出力ディップ、曲線だけでなく、ステレオ·パニング、よりだけでなく、を示す。

Abletonは、そのアレンジメントビューでこのすべてを持っていますが、それはまた、IveはDAWで見たことがないような方法で、Abletonのでオーディオクリップにしがみついている自動化の非常に奇妙な形をしています。他のDAWには、自動化は、配置の特定のポイントで発生する場所、Abletonは実際には、各クリップで留まる、と指定されたクリップの各繰り返しのループ自動化されています。私はあなたをお見せしましょう​​...

私は現在、ここに持っているクリップは、イムイムに取り組んでいる歌のために使用して、単純なブレークビートです。私は、このループのパンの最後のビートはこのループを再生するたびに、残っていたいと思います。

Breakbeat loop


[オーディオID = "12703"]


私はロジック、またはPro Tools内でこれを行うために、私はどちらかを数回ループアウトをコピーしなければならない、再コピーして自動化し、オートメーションポイントを設定します。また、私はすでに適用された自動化でループをバウンス可能性があります。 Abletonので、私はすでに私の指の先端で非常に単純なオプションがあります。病気のエンベロープのクリップビューでEボタンを押してください。封筒は、Ableton内のすべてのオーディオとMIDIクリップの入手可能であり、はるかに複雑で、面白い、溝の最も単純にすることができます。

E button in Clip View


一度イムクリップインスペクタのエンベロープモードでは、私の波形は、その上ピンクの色合いがあります。ボリュームは常に使用可能なデフォルトのクリップモードですので、この色合いは、実際にはフルボリュームの指標である。エンベロープIDが現在の波形の途中で、薄いピンクのラインを示している、で動作するように好きなように病気のパンを選択します。このピンクのラインはもちろん、中央のパンを示しています。

Pan envelope line


このモードでは、病気の私のドラム·ループの最後のビートのために左に上の中心線をドラッグして...

Pan line is left on the last beat of the drum loop


今これをやっアイブつまり、クリップは左のたびに上の最後のビートに合わせて再生されます。私は歌にループを置くに関係なく、それは常にこのように再生しません...と、その高精度!耳を傾ける...

[オーディオID = "12704"]


そして、この点を考慮してください。これは単に、クリップエンベロープのマイナーを使用することです。私を介して行って、ピッチのみならず、マルチポイント·オートメーション·エンベロープを行った場合、それがどのようなものになるか想像が、ボリューム、ピッチの?それをチェックアウト!

[オーディオID = "12705"]

Volume enveloppe


うまくいけば、これはあなたのホイールは今回転しています。 Ysee Abletonは、これらの封筒を介してリアルタイムでループを変更することができます。実際には、他のループから、完全に別のループを作成することができます。確かに、そこに音の類似性、質感などになりますが、それはあなたが簡単に1つの録音のいくつかのバリエーションオフを作成することができるという事実から離れてはなりません。

Weveはなぜ我々は、トリガークリップのクールな方法の一つであり、ライブ、期間の中で最もユニークな特徴の一つについて話すいけない、クリップエンベロープの話になりました。


セッションビュー

わかりましたので、前回の記事で、私は別のDAWから来る人のためにそれが他のDAWに最も類似したように、アレンジメントビューで開始するには、一般的に優れていることを説明した。私はより快適な感じyoureのときに一般的に良いが、後のセッションビューを見て説明している。私はこのすべてに立つ、あなたはyouveはもう少し広範囲にAbletonのと、あなたの足を濡らしてしまった後に、このセクションに戻ってきたいなら、私は完全に理解して...病気を待つ...

さて、今戻ってyoureのことは、セッションビューについて話しましょう​​。本当にこのような機能をホストしているAbleton Liveのの外側はそこにずっとありません。 FL Studioは、近い種類が、Abletonのは、それをしないそのことはまだない単純化し、スタイリッシュな方法を得ることができます。一緒にそれを理解することができます。

Ableton's Session view


各ミキサー·チャンネル上にいくつかのクリップのスロットがあります。これらのスロットは、右側のマスターセクションに対応するグリッドを形成しています。マスターに対応するクリップのスロットにすべてのそれらの小さな矢印を持っていることをyoullのに注意してください。これらの矢印は、他のすべてのトラックを渡って行く行内のすべてのスロットを再生する再生ボタンがあります。これらの行は、実際のシーンとして知られています

Master track play buttons


しかし、あなたは実際にこれらの行、またはシーンで何を行うのですか?シーンは曲のトリガ可能な部分を占めています。たとえば、次のように一番上の行マスター1スロット1に対応するシーンは、イントロことができ、シーン2には、詩、シーン3お使いのコーラスなどをすることができます。

Intro, Verse Chorus scenes


なぜあなたは最初の場所でこれらの部品をトリガしたいのでしょうか? Abletonのは絶対に魅力的である場所です。あなたが実際に自分で曲の各部分をトリガ記録することができ、これが行われるように、記録された部品が実際にアレンジウィンドウ内の完全な配列のようにレイアウトされています。

あなたは、リアルタイムでアレンジを記録することができます!実際には、導体を再生するために得るあなたのセクションをトリガし、戻って、慎重に編成して、クリップのオーケストラの各セクションを頭出しをどのように耳を傾ける。この日に、私はまだ私はストップボタンを押すと、この驚くべき感覚を得るのタブボタンを押すと、私の全体の配置は、アイブ氏は最後の3-5分の上で押さどのボタンに正確に基づいてレイアウト参照してください。

私が言うことができるすべては、自分自身でそれを試してみてください!


結論

願わくば、この小さなシリーズを使用すると、この一見、シンプルなアプリケーションが実際にいかに強力であるかを垣間見ることを与えている。 Abletonのコミュニティが成長している複数の理由がtheresの。

Abletonはまた、我々はすべての道を時々出ている音楽に向かってそのうんざりした気持ちを得るための素晴らしい方法です。そのような別のアプローチは、そのほとんどやり直しすべての音楽を学ぶことに似ている。

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

ajw
Don't want to be a wet blanket, but as a long time Logic user and someone coming out of a few decades of crafting songs as unfolding pieces of music rather than sequences (in Live terms, clips and scenes) strung together, I struggled with Live and eventually gave up on it. It feels more agile than Logic, yes, has some creatively 'unleashing' aspects to it - as you say - but you have to be the sort of musician who works in chunks or loves the spontaneity of performance. I didn't fit either of these profiles. Much as I admire Live's innovation, it was wired differently to my own brain.

Thanks for the article, very interesting read, and very timely. I think it's something a lot of 'traditional' DAW jocks are looking at.
Gary Hiebner
I thought Envelopes were a bit confusing in the beginning, but have grown to prefer using them than to use the automation via the Arrangement window.

You can create envelopes quite easily in the Session view. And then drag these clips into the Arrangement window and they retain the envelopes. As opposed to having to copy automation settings around in the Arrangement view.

Ableton is a different beats, but once you get your head around its inner workings I find that some things can get done more smoothy.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!