完璧な組み合わせ? ReWireのAbletonのLiveと理由

Are Reason & Ableton Live a musician's match made in heaven? Quite possibly! In this tutorial, G. W. Childs shows how to rewire both DAWs to get them working in unison together.  

たびに私は、私はどちらかの理由またはAbletonのは、私が合格で会う他のミュージシャンにライブ言及することができます。両方のプラットフォームでは、熱意の膨大な量を鼓舞する傾向がある。そして、彼らはすべき...彼らは信じられないほどのパッケージです。

あなたがしたり、AbletonのLiveと理性の両方が高く、無料であることを知って驚かれない場合があります。実際には、長い時間のために、一緒に二つはキラーアプリとして知られていた。両方のパッケージが成長していると信じられないほどの機能が追加されている両方の間と、、私の意見では、一緒に、彼らはまだキラーアプリです。

なぜですか?まあ、理由は今外部MIDI機器を制御し、音声があることができるにもかかわらず、それはまだ、オーディオループを学ぶ事または2つを持っており、Abletonのは鼓舞という理不尽な破壊。ライブ一方、現在の楽器を多量に有し、ライブのマックスと、それはかなりの理由がないこと何かを行うことができる。しかし、使いやすさのために、信号の流れと楽しみの信じられないほどのコントロールは、それはまだ理由からのものを学ぶことから利益を得ることができる。

かかわらず、私たちは本当にいずれかのプログラムは、他になりたいいけない。彼らはただ彼らが道美しいです。それでは、なぜそれらを一緒に使用しませんか?あなたが考えるように、その実際に難しいことではありません!再配線、プロペラヘッズは一緒にライブと理性使うと一度に両方のソフトウェア·パッケージの音声、シンクと完全な制御を持っているために、信じられないほど簡単に、バック90年代の方法を作成したプロトコルを使用することにより。

なぜこれがやることは良いことでしょうか?まあ、AbletonのLiveは、その中心は、ループ作成大国である。その理由は、その中心に古典楽器のよく磨かれた仮想スタジオです。再配線を使用することにより、その簡単追跡する、とAbletonのライブへの理由からランダムシンセ宣伝文、ドラムビートと以上の記録的なトン。そして、あなたは、リアルタイムでの理由で何をしてyoureのライブで録音することができますので、そのすべて自分で驚くほどのセッションを持つことが信じられないほど簡単。

それを行うにはどのように確認することができます...


ステップ1 - ホストとスレーブ

この演習を開始する前に、その重要なのは、再配線に関する一つのことに注意すること。動作するように再配線プロトコルの場合、ホストは、すべてのオーディオを取り込んで、シンクを与えるアプリとMIDIが存在する必要があります。その後、奴隷、ホストの同期にロックされており、MIDI受信できることと同様に、ホストアプリケーションにオーディオパイプされたアプリが存在する必要があります。理由は、ホストであることの(現時点では)対応していないので、このデモでは、Abletonのは、ホストです。その常にスレーブ。

だから、このオフを開始するには、Ableton Live Lite 4の起動する。一度ライブが完全にロードされる、理由を起動します。あなたはこの順序で両方のアプリケーションを起動すると、再配線が自動的に実行に移されている。あなたは理由ハードウェアインタフェースに向けて見ればyoullはまた、この視覚的に確認している。アクティブなオーディオドライバは、再配線スレーブモードの一覧が表示されます。

Pic 1


ステップ2 - 一部の接続の作成

再配線で実行されて、両方のアプリケーションでは、今では、移動を取得するためにその時間。この練習のために、ほんの数の楽器と、つのオーディオ接続を設定することができますので、あなたのアイデアを得ることができます。

理由では、マトリックスにフックアップ減算を作成します。また、Redrumのドラムマシンを作成します。あなたが楽器を置き換える、またはいくつか、その罰金を追加したい場合。楽しみを持って、お楽しみください。

Pic 2


今、あなたが理由でパターンベース楽器のセットアップのいずれかを実行して、音が全く存在しないことをyoullの通知を開始しようとした場合。我々は理由からAbletonのLiveに来ていくつかの音声を取得する必要があるためです。だから、AbletonのLiveにオーバーシフトするコマンド]タブを使用します。

一度そこにyoureの、どちらか見つけ、または空のオーディオトラックを作成します。このオーディオトラック内で、ドロップダウンボックスから理由にオーディオを設定します。

Pic 3


デフォルトでは、マスターは、左と右の外に理性が割り当てられます。しかし、あなたが個々の理由出力を取る複数のオーディオトラックを作成できることに注意してください。これは、完全な理由プロジェクトを追跡するための夢になり、というように。あなたが気付いた場合、次の図では、実際に理由から、利用可能ないくつかの出力があります。これを実現するためにハードウェア·インタフェースの裏側を使用してください。

Pic 4


さて、残された唯一のものは、位置でにライブのモニタモードを置くことです。これは関係なく、理由が実行されている間、ライブでやってyoureの他に何の、入力がアクティブに維持されます。

Pic 5


さて、再生ボタンをヒット!


ステップ3 - リアルタイム

両方のアプリが今スムーズ実行されている状態で、ここでいくつかの可能性を調査することができます。あなたはライブや理性のテンポを変更した場合、テンポが他のアプリケーションでシームレスに更新されることをyoullは注意してください。それを試してみる...

Pic 6


あなたは常に同期して完璧になるように生きる理由から何でも記録に頼ることができるので、シンクのこのタイトを持つことは、素晴らしいです。これは、新しいループを作成するために非常に有用であり、単にあなたのプロジェクトが洗練された作り。

今すぐあなたのマトリックスとレッドラムをプログラムする素晴らしい時間になります。ビートが軌道に乗る、メロディーが軌道に乗る。 youreのはそれをしている間、あなたはまた、AbletonのLiveでいくつかのループを立ち上げることを検討してください。

Pic 7


ああ、あなたには、いくつかの本当の楽しみを持つことができる相続人。一度ソロそれ理由で、あなたが好きドラム·ループを取得し、その後クリップ録音ボタンをクリックすることにより、Abletonの中でループとしてそれを記録!

Pic 8


一度減算ソロその後、未ソロ、その後、それをレッドラムループを得る。別々にベースとドラムを入手してください。注:また、あまりに理由から別々の出力を設定することができます。また、フィルターのカットオフを調整して自由に感じる、と共鳴。これらの調整はすべてライブの音声として記録されます。

Pic 9


一度ホードレッドラムと減算の両方から必要なループを録音し、独立したオーディオトラックを作成し、それらの両方を聞くことができるように、独自のトラックに減算、またはレッドラムクリップを移動します。あなたが理由で多くの楽器を追加すると、実際に、あなたは理由からオーディオの配管があり、その周囲に元のオーディオトラックを保つことができる、とだけ他のトラックにクリップを移行します。これは、何も理由音声クリップのAbletonのLiveでとても素敵なアレンジを構築する簡単な方法です。

Pic 10


結論

私はあなたがこの打撃を与えると、それにいくつかの時間を費やすと思います。それは音楽を作るに向けて二つの異なる考え方に、ある意味で、私にアクセスすることができますので、個人的に、私は、2つのアプリケーション間で、このような作業が大好きです。そして、私は音の異なる種類のトンを得る。そして、リアルタイムで音声を録音する機能が、インスピレーションの可能性のトンをtheresの。そして、あなたが効果を追加した場合に何が起こるか想像してみて!


Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

spencer

I use Reason and Ableton Live together.Just awesome!

Especially now Live 9 is here and very soon Reason 7,more choice ,more sounds,equals more fun,he,he

Another great article by G.W
John Ghadimi
This is a great article showing the master/slave relationship between Live/Reason, but how does the opposite relationship work? Would love some insights on how to slave Live to Reason (therefore getting access to VST/AU instruments inside Reason)

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!