AbletonのLiveでフラット化を使用して、先にあなたのCPUの滞在

We all love using big, resource hungry synth and effects plug-ins... but they come with a cost. Or do they? G.W Childs shares a quick tip to keep your Live sessions running smooth no matter what.  

リソースは、より新しい、より大きな、より幻想的なプラグインは、大きな音を作るように、ますます貴重になってきますが、CPU使用率の大きな塊を取るている。それは消費電力の大きいプラグイン用の遊び場ということになるとAbletonのルールにも例外ではありません。しかし、まだそれらの大きい、厚い、素晴らしいプラグインを使用している間youreのスマート、そしてyoureのあなたの処分でツールを認識し、どのようにあなたのアレンジを記入し、あなたが先にリソースゲームの出てくることができます。

このチュートリアルでは、IDはあなたのCPU使用率を低く維持するために支援しながら、本当に、あなたが高速で移動し続けますAbletonの中の一つの特徴を表示したい。

ただフリーズよりtheresの詳細...

もちろん、youreのフリーズ機能付きのおそらく既にかなり精通。そして、youreのされていない場合、私に説明してみましょう。あなたは、セッションやアレンジメントビューでトラックを右クリックして、フリーズを選択すると、Abletonのはそれにあなたの現在のVST、またはAU、またはプラグインとオーディオトラックの設定をロックしてから、それを音声ファイルバージョンを作成します。あなたは、設定を微調整する必要があると判断した場合、後に、あなたがしなければならないすべてのトラックの未凍結されるように設定がロックされています。あなたはアンフリーズ、オリジナルのプラグインがすべて再びアクティブに設定されており、オーディオのソースが再びアクティブになると、それはある種のオーディオファイル、またはバーチャル·インストゥルメントであること。

Pic 1

ジーは、画面上のがらくたをたくさんのthats ...

凍結がクールですが、それに直面することができ、そのヤウドは、それらの凍結されたすべてのトラックが表示されたくないということではないよりも多くの時間があります。あなたがオーディオ部分をレンダリングするには、Shift +コマンド+ Rコマンドを使用することができます。しかし、それはいくつかの追加の手順をとり、youreの音楽にコンピュータっぽい、組織の仕事に多くの時間を費やして、より少ないことを意味します。

Pic 2

なぜ平らにしない?

フラット化コマンドが本当に便利になることができる場所です。 youveは劇中で凍結されたトラックを持って、あなただけの迅速オーディオに変換する場合、これを試してみてください。

トラックタイトルを右クリックし、[フラット化]を選択します。

Pic 3

即座に、ライブは、通常、古い​​オーディオトラックにあなたの冷凍トラックに変換されます。画面領域が解放されて、良いyoureの行くこと!

Pic 4

フラット化について知っているもの

私はフラット化とについて警告すべき一つのことをtheresの。あなたが凍った、バーチャル·インストゥルメント·トラックを平らにした場合は、MIDIが消えません。だから、あなたは必ずyoureのあなたがこれを行った後、再びMIDIを必要とするつもりはないようにしたい。 [編集]ウィンドウから左を元に戻すにはアクセス権を持っています。あなたはライブセッションを閉じた後しかし、それは、離れて行く。

決算

フラット化は必ずしも人生を変える機能ではありません。しかし、右の文脈では、凍結し、使用が容易であるため、となって実際の生活·セーバーをフラット化。彼らは創造的なセッションが動き続けるように、エクスポート、オーディオ/ビデオの様々なステップを経ることからあなたを救う。一番下の行は、次のとおりです。youreのは、私のような、およびMacBook Proは、資源が非常に重要であり、古い信頼できるが、忠実な遺物を実行している場合は!あなたの処分でのトリックを知っているし、それらを使用する!

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!