Ableton LiveでSkrillexのような音、パート2(リサンプリングと編集)

Turn on the radio (do people still use these?) and you'll likely, at some point, hear some Skrillex-inspired tunes. Gary Hiebner shows how to recreate his musical style in Ableton Live. (Part 2)  

でSkrillexチュートリアルのような私の最初の音私はあなたの基本的なSkrillexスタイルブレークを作成する方法を説明しました。記事では、Skrillexに似て聞こえる層状シンセを作成する方法をカバーし、興味深い話スタイルのベースを作成するAbletonsチェーンを利用した。この記事では、Skrillexsサウンドを展開して、テクニックをサンプリングし、編集Abletonsを利用することによって配列を構築する方法を説明します。 Skrillexは間違いなく、彼の編集や制作に多くの時間を費やしてこれらの技術によって、面白い効果と手配があったことができます。ダイビングにすることができ、これがどのように行われるかを参照してください。


ステップ1リサンプリング

Abletonの大きな機能は、サン​​プリングされて本当に何なのか。私は生産の要素をリサンプルする方法を示し、ミックスにリサンプリングしオーディオファイルの要素を操作します。

新しいオーディオトラック(CMD-T)を作成します。メニューからオーディオからサンプリングを選択します。これは、リサンプリングのオーディオトラックにマスタートラックに起こっているすべてのオーディオを記録します。

Resampled Audio Channel


あなたはソロ特定のトラックだけをいくつか使用したいが、私はすべてのトラックをサンプリングする場合することができます。あなたが望むように多くのオーディオとしてのトラックレコードを有効にし記録します。私はいくつかのバーを記録した。

Resampled Audio Record


今のトリックは、このリサンプリングオーディオの要素を切り取ることである。私はリサンプリングオーディオの大部分を切り取るし、オーディオファイルの最初の1月8日を使用しています。私は次のいくつかのノートを介して、このオーディオ部分を繰り返しているし、その後、私は効果アップグリッチ風の速度を作成するために次の4×1/8-notes上にそれを繰り返している。

Resampled Edit


生産でこの作業を行うために、私はので、このリサンプリングオーディオファイルの再生した他のトラックを編集しました。残りの要素は、この繰り返しグリッチ風の効果の後に戻ってくる。

Resampled Cut Elements


あなたのサンプリングでかなり夢中になると編集ができます。私はトラックの別のセグメントをリサンプリングしている末尾近くに編集を行っている。それが繰り返されるオーディオスニペットですが、前の編集とは若干異なる。ピースのように聞こえるものに耳を傾けるみましょう。

[オーディオID = "13957"]

ステップ2オルガンのイントロ

このプロジェクトのための取り決めを作成するに取得を開始することができます。 Skrillexは、通常はシンプルなシンセやキーパターンで彼のトラックを開始します。私は最初のチュートリアルで作成されたオルガンのパターンで開始しました。このオルガンの部分は、ドラムループは、彼が編集狂気とサンプリング技術を含む、彼が低下し、サビ区間との抜本的なコントラストを持っているため、これができるのでSkrillexs詩のセクションは非常に単純化されているインチ来ることの後に、2つのバーのために果たしています。


ステップ3リード

そのような彼の恐ろしいモンスターとニースSpitesであり、年のトラックの最初のようにキャッチーなリード線は何もSkrillexs制作ではかなり一般的である。私は紹介でドラムとオルガンの上に置くことができますシンプルでありながらキャッチーなリード線を書いていこうと思います。私は(ライブデバイセズの簡素化にチェンバロLiteのプリセットをプルアップしている

簡単な後、私はサチュレータを挿入していると2.86デシベルへのドライブが増加しています。次は、もう少し音に色をつけるためのオーバードライブです。そこに76%のドライブがあり、私は40%にトーンを設定しています。最後には、ステレオフィールドの周囲にリード音をバウンスするピンポンディレイです。

Lead Settings 1


Lead Settings 2


私はオルガンを重ねるときれいにループをドラム、単純なパターンにプログラムされています。

Lead Pattern


[オーディオID = "13954"]


ステップ4ドロップする前に、ビルドアップ

次は古典的なSkrillexドロップです。私はシンプルなドロップキックヒット前にビルドを作成するつもりです。詩セクションの後にすべてがリード、オルガン、そしてキックのパターンを除いてドロップアウトします。

キックのパターンはすべてのノートに演奏されてから最初に開始されます。その後、すべての1/16-noteその後すべての1/8-noteまで移動し、。ただドロップする前に、ビッグスネアヒットがあります。私はドロップの前にリングを作るためにヒットスネアにリバーブの巨大な量を追加しました。私も大きな影響を与えるための別のスネアを階層化しています。

Build Before The Drop


[オーディオID = "13955"]


ステップ4アレンジメント

これらの手順から、私は簡単な構成を作成しました。オルガンの紹介があります。ドラムループは、リード線とにしています。それは詩のセクションの上に高くなるように、私はリード線の音量を自動化しています。この後、ドラムループが停止し、キックビルドアップしかありません。大きな反響スネアヒットドロップはドロップ/コーラスの中ではインチキックする前に、私はいくつかのサンプリングオーディオを追加したセクションを多様化し編集します。

ここに私の配置は次のようになります。

The Arrangement


ここで最後のピースのように聞こえるものです:

[オーディオID = "13967"]


結論

あなたが見ることができるようにSkrillexスタイルのトラックを構築する際に必要に応じ、あなたは限り行くことができます。あなたの作品で野生行くこと自由に感じなさい。より多くの微調整や編集、よりよい。詩とドロップの間には大きなコントラストを持つことは、彼のスタイルはとてもユニークなものです。だから行くと次のトラックのいくつかの大規模な降下を構築を開始します。私はあなたには、いくつかのサンプリングを組み込むと、将来の制作にも技法を編集することができると思います。

Gary Hiebner is an enthusiastic South African Sound Designer and Apple Tech Head! Gary has been involved in the South African music industry for the decade, and in this time has also been involved in the sound design and music production for many advertising agencies and media houses. Gary is a devoted Logic and Ableton user, but he al... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!