ニコラ·テスラに触発ライブのためにマックスを搭載する4th Dimension内でサウンド

It's refreshing to see electronic musicians creating new ways to listen to and immerse ourselves in music using space. 4DSound reveal how Nikola Telsa inspired the concept and Max Live created it.  

Abletonのライブパフォーマンスと臨場感あふれる音の将来を見て、新しい二部ビデオシリーズをリリースしました。 48スピーカーの3次元格子では、4DSoundはミュージシャンが位置決めし、流動的に封筒聴衆パフォーマンスのために、空間的に音を移動することができます。

audience listening to 4DSound

聞きしたい性能の新しいパラダイムを包含するパフォーマーとリスナーに挑戦方法についての詳細を調べるためにアムステルダムで4DSoundの背後にあるチームを撮影したAbletonの乗組員

最初のビデオを見て、創始者ポール·Oomenから4DSoundの概念について学び、加えて彼は、システムのカスタムパフォーマンスを準備としてミュージシャンマーティンStimmingに従ってください。彼は4DSoundがニコラ·テスラの作品に触発された方法を説明し、アクションで4DSoundを示している。


さらに、 ストリーム/排他フルレングスライブセットをダウンロードし、両耳を記録- 4DSoundにStimmingによって実行する。

第二のビデオでは、クリエイティブ開発サルバドールの品種は、ライブ形式のためどのように最大4DSoundにおけるパフォーマーとシステム間の制御の中核を説明しています。


注:(あなたがアムステルダム自体にそれを作ることができない場合)上記のうちのほとんどを取得するには、良質のヘッドフォンを強くお勧めします!

Max for Live is the brain behind 4DSound.

出典: Abletonのブログ

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!