サウンドデザイン:ディジーラスカルによる"ダンスWIVミー"からシンセ

Richard Lainhart breaks open Logic Pro's ES2 and shows how to recreate one of the synths from the Dizzee Rascal hit, 'Dance Wiv Me' featuring Calvin Harris.  

このではロジックのサウンドデザインクイックTutorlal、我々はディジーラスカルの"ダンスWIVミー"(Clavinハリスを特色にする)に聞いた和音の刺し音を作成する方法を見ることになります。



和音は、我々は、ビデオの午前0時44で入力を再現するつもりだ。ここのようなロジックのピアノロールに示されている部分のノートは次のとおりです。

The phrase


ステップ1 - ES2の設定

私はあなたがあなたが、音そのものをプログラムしながらで動作するように何かを持っているように、最初の和音のトラックに音符を入力することによって開始することを示唆している。 LogicのデフォルトEVP88ソフトウェアインストゥルメントは、そのためにうまく動作するので、新しい空のソフトウェアインストゥルメントトラックを作成し、どちらかそこに音符を再生したり、入力してください。その後、するソフトウェアインストゥルメントを切り替えるES2我々はこの音を作成するために使うことになるものである、。

次に、 アナログを選択ES2のパッチリストのチュートリアルの設定カテゴリから初期化パッチを見た ;このチュートリアルパッチでは、私たちのサウンドデザインのための良い出発点になります。

[エド。 GWチャイルズIVの優れた"チェックアウトLogicのES2シンセのビルディングブロック ES2のチュートリアルの音を使った作業の詳細については記事を"。]

今、この音で曲を再生する場合、あなたは我々が既に幾分それはノコギリ波ベースだということを教えてくれるトラックの原音に近いしていることを聞くことができます:

[オーディオのid ="9042"]


オリジナルのトラックを聴き、また、それがない攻撃や初期ディケイ、サスティン、完全な、そして非常に短いリリースと短い、鋭い封筒を持っていることを聞くことができます。 アナログは、initはすでにそのようなエンベロープの設定がある見たので私達はちょうどそれと行き、私達のノコギリ波をドレスアップすると移っていきます。


ステップ2 - 発振器を追加する

それが戻ってミックスインの一部で起こっていることを完全にミックスされたトラックに伝えるのは困難ですが、元の和音は、音に、いくつかの動きや厚みを追加する小さなフランジングやその他の処理を持っているように思えます。音のようなものを取得する方法の一つは、若干、メイン発振器からデチューン別の発振器を、追加することです。

このことを念頭に置いて、定期的な鋸歯(ではない同期ノコギリ波)に設定し、そのオン/オフ番号をクリックして、オシレータ2を有効にし、下'0 c'の上にドラッグしてセントのカップルによって上下にデチューンオシレータ2のノブを調整。

次に、均等に発振器1と2を混在させるオシレータミックスの三角形の小さな四角をドラッグします。あなたの設定は次のようになります。

Settings for the first oscillator


ステップ3 - もう一つの発振器を追加する

、オシレータ3を有効にノコギリ波に設定し、オシレータ2のような、しかし反対の方向に同じ量でそれをデチューン:この音は少し太くするために、サードデチューンノコギリ波を追加してみましょう。あなたが2セントの2セント、チューニングオシレータ3により、オシレータ2をデチューンした場合だろうが。すべての3つのオシレーターが均等に混合されるようにミックスのトライアングルでオシレータ3に混在させることを確認してください。

Oscillator 3 settings


あなたの曲は今のように聞こえるはずです。

[オーディオのid ="9045"]


ステップ4 - ハイパスフィルタを追加する

この時点で、我々は近い原音に取得しているが、我々のは、今少し厚すぎです。それを軽減する一つの良い方法では、最大重く低い周波数の一部を削減するためのハイパスフィルタを介して実行することです。だから、あなたのフィルターステージは、(それが緑色に点灯します)フィルタ、スイッチ上でクリックすることで有効になって、左に上のすべての方法ですので、(私たちが唯一のフィルタ1を聞く)ブレンドスライダを設定し、Hiにフィルタ1を設定する(されていることを確認しますハイパス)。今その中間点にカット (カットオフ周波数)ノブをドラッグします。

Filter settings


あなたのトラックをプレビューする、次のようなもの、オリジナルのトラックに少し近いかやや薄く音が聞こえるはずです。

[オーディオのid ="9047"]


ステップ5 - ローパスフィルタを追加する

今私たちの音がきれいに間引かれておりますが、まだ元よりかなり明るく見える。ので、ローパスフィルタとその明るさの一部を削除しましょう​​。もしアナログを始める初期化パッチを見れば最初に、、あなたは我々が手作業でカットオフを設定する前に無効にする必要がある、変調ルータがフィルタ2のカットオフはエンベロープで制御されているように設定されていることがわかります。次のいずれかをクリックして、それを行うことができます。

次に、途中にフィルタセクションのブレンドスライダを設定し、両方のフィルタが(フィルタセクションでは、すでにシリーズモードにする必要があります)アクティブになっているので。 24デシベルと脂肪にフィルタ2を設定し、そのカットオフ周波数のノブがダウンしているので、2時の位置についてである、約0.8読んでドラッグします。

Low-pass filter settings


あなたのトラックを再生し、次のように聞こえるはずです。

[オーディオのid ="9048"]


ステップ6 - [追加]コーラス

我々は今非常に近いですが、元の音は、我々のバージョンでは必要がないというステレオ運動の少しを持っているようだ。一つの方法は、両方の私達の音のほうにはちょっと厚さだけでなく、いくつかのわずかなステレオの動きを提供するいくつかのコーラスを、追加することです。

そう、それは〜3時の位置、および速度は約9時の位置にalreadythenセットの強度を有効にされていないES2のエフェクトsectionifでコーラスのボタンをクリックします。

Adding some chorus


あなたのトラックを再生し、 の耳に原音に近いこのようなものを、聞こえるはずです。

[オーディオのid ="9049"]


そして、あなたはそこに行く。いつものように、あなたは彼らが音に与える影響を確認するために、これらの設定のすべてを試す必要があります。あなたも、あなた自身のトラックに使用できるいくつかのバリエーションを見つけることができます。とりわけ、楽しい時を過す!


でLogicのES2の詳細情報露出ES2 -ロジック206を

Richard Lainhart

More articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films h... Read More

Discussion

adam8
Good one, Richard, Thanks!
rlainhart
You're welcome - glad you liked it.
vivid
i can't get it to sound the same as yours richard! i think it has something to do with the voices option at the top of the es2 because i have followed the tutorial correctly i think. what is your voices number on? and your in poly mode it sounds like? and unison is off? it sounds better more like the sound from the song with just the one saw oscillator on.
vivid
yes it sounds bad when i add the second and third oscillators but it sounds pretty close to the songs sound with just the one oscillator. however your sound is closer and you have three oscillators on. and yes i have detuned the 2nd and 3rd saw waves to plus two and minus two.
rlainhart
Hi - ES2 is set to Poly mode, with 6 voices (the same settings as the Analog Saw Init patch we started with.)

Try that and see if it helps; if not, let me know and I'll send you a screenshot of the entire interface with all the settings.

vivid
no it doesn't sound like your final sound still. when i add the oscillators 2 and 3 in and detune them appropriately it sounds different to yours, like a dirty sound compared to your clean sound. do you have some sort of flanger effect on your final sound because thats what I'm hearing? i would like a screenshot of your settings thanks. and you have no other effect plugins inserted on that channel? also is unison mode on?
rlainhart
vivid - there's the built-in ES2 chorus on the sound, as mentioned in the text, but no other channel effects. And ES2 is in Poly mode, as it needs to be to play chords.

Here's a link to a shot of the whole ES2 interface, with all settings displayed:

http://www.otownmedia.com/ES2_DWM_Screeshot.jpg

Some of these settings don't really apply, as they're neutralized or otherwise inactive, but as far as I know, all the other significant settings are mentioned in the text above. If I made a mistake somewhere in the settings or in my explanation, please let me know.
vivid
found the problem, i was detuning the two oscillators by two whole octaves instead of two cents. my mistake. great tutorial btw. sounds very close to the original, i keep comparing. good chance calvin used the es2 to make the sound considering he made the song using logic.
rlainhart
Great - I'm glad you were able to solve the problem, and thanks for your kind comments too.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!