サウンドデザイン:レディガガベースシンセ"栄光のエッジ"

Lady Gaga has taken the pop world by storm over the past few years. Learn how to re-create (in Logic or your DAW or synth of choice) the bass synth from her hit single "Edge of Glory".  

このクイックチュートリアルでは、我々は最近のポップヒット、レディーガガの"栄光のエッジ"からシンセの音を再現する方法を見ることになります。


このケースでは、それはかなり単純な音だから、我々はあなたが歌に午前1時05分程度で聞く重い低音のシンセの音を再現するためにロジックのES 1ソフトシンセを使うことになるでしょう。始めましょう。


ステップ1 - ロジックのプロジェクトを設定します。

オープンロジック、およびつの空のソフトウェア音源トラックを含む新しい空のプロジェクトを開始します。


クリックして、チャンネルストリップの上部にデフォルトEVP88楽器を保持し、01を選択します。


...デフォルトのES 1ウィンドウを開くには:


ステップ2 - サウンドを分析

次に、音を聞いてみましょう:そのため曲の他のすべての層から、明確にするには少し難しいのですが、低音はないフィルタースイープではかなり暗い音を使用して、単純な全音符(AEF#- D)を果たしているかワウワウ、多くのシンセベースの音とは違って。アタックとディケイが短いですが、撥弦楽器や打楽器の音に近づくことはありません。近いリスニングは、それらの間にギャップがないように、音が若干コーラス二つノコギリ波や矩形波離れてオクターブ、で構成されていることを明らかにし、ノートはレガートを演奏していること。


ステップ3 - サウンドを作成する

だからここは私のES 1バージョンです:(大規模なバージョンを調べるには、下記画像をクリック)


密接に設定をチェックし、正確にすることができますよう、それらを再現するために最善を尽くして、あなたが行う場合には、レディーガガの音の説得力のあるバージョンが聞こえるはずです。

あなたに何が起こっているのか理解できるように詳細にこれらの設定の一部を見てみましょう。

  • First, the Sub oscillator is set to a staircase wave, which is a little richer than a sawtooth. 
  • We're using a straight sawtooth for the primary wave, which plays an octave higher than the Sub oscillator. 
  • Note that the Oscillator Mix slider is set so that we hear a bit more of the Sub than the Primary. 
  • Next, Drive is all the way up, to add a little more edge to the sound.


  • The Filter is set to 24 dB, with no Resonance. 
  • The Cutoff to about 11 o'clock or so, to darken up the sound. 
  • Key is set to zero, so the filter stays at the same level throughout the keyboard range, and... 
  • Amplifier is set to Full to give us the maximum level. All the other modulation settings are set to zero, as we don't want any vibrato or tremolo in this sound. 
  • For the same reason, the Mod Envelope is set to zero. 


  • Next, note that the ADSR is set to a short Attack and Release, although neither are set to zero, which would add too much "snap" to the sound. 
  • The Decay is also fairly short, while the Sustain is set to its maximum, so the sound level doesn't drop off after the attack.


  • Below that, Analog is set to 100% to add a little richness to the bass, and 
  • Voices are set to Legato, so to be sure that there are no gaps in the sounds when it's played. 
  • We've also added a little Chorus to add just a little motion to the sound.


結果

ここではそれが鳴るもののようです。

[オーディオのid ="7575"]


これはレガートに演奏される、である、それぞれの音符が、次のノートが演奏されている間押され、そのノートの間にパフォーマンスのギャップがない、と私はミドルC以下の""オクターブとサードでこの出発を再生しようとしていることに注意。


チェックアウトロジックES2露出チュートリアルをロジックの合成とハンドルを取得するダンスミュージックのライブ8の設計サウンドとエレクトロニックダンスミュージックを作る8ライブあなたの音楽の電子的な領域のためのサウンドデザインで有利なスタートを与えるためにオラフBasoskiで。

Richard Lainhart

More articles by this author

Richard Lainhart is an award-winning composer, filmmaker, and author. His compositions have been performed in the US, Europe Asia, and Australia, and recordings of his music have appeared on the Periodic Music, Vacant Lot, XI Records, Airglow Music, Tobira Records, Infrequency, VICMOD, and ExOvo labels. His animations and short films h... Read More

Discussion

RobertS
Thank you for this great tutorial! Beside the way that it shows that the ES1 still can generate modern sounds its also good to see that the professionals also work with simple sounds and not every patch needs to be overloaded with modulations, fx or anything else.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!