サウンドデザイン:アリゲーターとREASONの天のモーフィングパッド

Designing thick, rich pad sounds that can morph into rhythmic ones in Propellerhead Reason just got a whole lot easier thanks to this excellent tutorial on Alligator by G. W. Childs.  

緑豊かな、豊富なパッドがおそらくシンセサイザーで作業するときにするパッチの私の好きな​​タイプです。私は巨大な、厚い和音を演奏するために取得する場合は特に、彼らはトラックにもたらす膨満感が大好きです。

しかしそれらの大きい和音は、多くの場合、ミックスの大きな部分を引き継ぐ!このような状況では、EQを使用して、パッドからローエンドの多くをカットすることができます。または、上に行くたくさん持っている歌の部分にリズミカルな部分にそれをモーフィングしてから、youreの準備ができて少し物事をダウンさせるときに咲き誇るに戻すことができます。私はあなたが理由でこれを行う方法をお見せしましょう​​。

パッドを検索

私が言ったように、私は、緑豊かな、大きなパッドが好きです。だから、私は理由の一つはゴーにデバイスのパッド、トールのためにプルアップ。そして、私は、トールのサウンドライブラリのパッド部分に目を通す理由ファクトリーサウンドバンク内では、私は金星ストリングス、部屋のトンを占めて本当に美しいパッチと一緒に行く結局、あなたがいることを余分ファジー感じたときにあなたを与えるよういくつかの和音を維持。

Pic 1

[オーディオのid = "29077"]

ワニでのルアー...

次に、病気はアリゲーターを作成し、その設定のすべてがゼロにされるように、デバイスをリセットします。

Pic 2

今、楽しみの部分についてのため!病気Imは現​​在構築歌でうまく動作し、病気が1月8日までの解像度を向けるだろうパターンである、6にワニのパターンを調整します。これは本当に遅いのパターンのように見えるかもしれません。しかし、私はいくつかの遅延を愛し、私は聞いたことにする遅延パターンの部屋を与えたいと思う。そして、もちろん、遅延がそれ自身のいくつかの命を追加します。

Pic 3

パターンは、あなたが好きなすべてと遊ぶお気軽に。ちょうどあなたがディレイ効果を得ることができるように、必ず同じ解像度を維持してください!

あなたのトカゲを微調整

次に、イリノイ州は31%にワニのアンプエンベロープ上のディケイを下げる。パッドは今、そのタッチがあっても130 BPMで遅くもののarpのような音に始まり、これは、weveはすでに聞いていたものとは大きな変化である。

Pic 4

[オーディオのid = "29075"]

リズムに追加するには、先に行くと、あなたの耳に良い音設定にアリゲーターチャンネルのそれぞれに遅延ノブを上げることができます。彼らはミックスに少ない泥を作成し、部品に軽快に追加されますように私は、私自身は、第1および第2のフィルタに、より寛大な部分を与えた。

Pic 5

最後に、イリノイ州は、中央からすべてを取得するために、各フィルター/ゲートをパン。繰り返しますが、これはあなたの好みにする必要があります。私たちはドラム、ベース、および他のシンセに座って場所を与えるように、私はちょうど中央からすべてのものを維持するお勧めします。

Pic 6

[オーディオのid = "29076"]

アリゲーターを彫刻

今、私たちはweveがここで作成したものをテストするために始めることができます。私たちはワニのアンプエンベロープセクション所へ行くとディケイを調整し、より高い設定にリリースした場合、何が起こるかに耳を傾ける

Pic 7

[オーディオのid = "29078"]

突然、何のweveはアリゲーター内で作成すると、大きく異なって聞こえる。もっと地味な、パッドのようなより。ここから、次のことを実行できCombinatorのにあなたのトールとアリゲーターを配置することによって、マクロこの効果。または、単にディケイを自動化し、パッドを変更したい地域でリリースすることができます。もちろん、単にアリゲーターの乾燥セクション内のボリュームを増やすことができます。しかし、このルートを使用すると、異なる効果が得られます。そして、あなたはアンプエンベロープを使用したときに発生する微妙な変調の一部を失う。

いずれにせよ、私はyoullのはアリゲーターとトールは、天国のブレンドであることに同意だと思います。これは努力のこの種のアリゲーターを使用することのひとつの方法です。自分で実験してみて、あなたが思い付くものをパターンとモーフを参照してください。

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!