サウンドデザイン:大規模なNative Instrumentsの中で歪んだクラビネットを作成

This tutorial on making a distorted, funky clavinet is taken from Rishabh Rajan's FREE interactive eBook: NI Massive Sound Design Recipes available for iPad, iPhone, Mac, Android and PC.  
NI Massive: Sound Design Recipes by Rishabh Rajan and AskAudio

訪問

または(これはiBooksのための直接のiOSをダウンロード

あなたがスティーヴィーワンダー満足度を聞く場合は、曲の中の主なリフのために使用されているオリジナルのHohnerのクラビネットCが聞こえます。私はそれがワウの効果がそれに追加された場合は特に、エレキギターと非常によく似て聞こえるようファンク·ミュージシャンの多くは、実際にクラビネットの音が好きだと思います。私たちはギターを使用して、クラビネットの音をシミュレートすることができると仮定しますが、自分のものをいけない人使用のものとするために、のは、それが大規模でエミュレートすることができる方法を見てみましょう。これは、実際のクラビネットと区別できないであろう音につながらないかもしれないが、我々は非常に接近し、その過程で、いくつかの本当に良い合成チョップを構築することができます。

ステップ1:オシレーターの設定

いつものように我々は、ファイルを選択て、ゼロからスタートします

Oscillator Settings

図1:オシレーターの設定

PWMウェーブテーブル:

[オーディオのid = "34931"]

ステップ2:フィルタの設定

FILTER 1のために我々は、フィルタドロップダウンリストにローパス2になり、標準的な12デシベル/ 10月ローパスフィルタとなります。その最低値に約11 oclockとレゾナンスにカットオフを設定します。私たちはそのように正確な、まだパラメータを心配するが、図2を見て、球場でそれを得るいけない、このフィルタのカットオフパラメータを調節するために封筒を使用することになります。

Filter Settings

図2:フィルタの設定

我々はさらに移動する前に、もう少しフィルタを開いてみてください、あなたはかなりまともな響きのエレクトリック·ピアノのための出発点となってしまいます。多くの時間は、1音を設計しながら、あなたは他の興味深い音時につまずくことがあります。さらに、探査のために戻って、後に取得するために別々にこれらのパッチを保存するために、常に良い考えです。

ステップ3:アンプとフィルタ封筒

私たちはピアノ型音のために行くされているので、振幅エンベロープはそれを反映する必要があります。だから、ない攻撃、長いディケイ、サスティンないと非常に少ないのリリースとエンベロープが理想的であろう。我々はすでに4のEnvは、デフォルトの振幅エンベロープである知っているようになるように必要な変更を行います。正確なパラメータについて、図3を確認してください。

Figure 3: Amp Envelope Settings

図3:アンプ·エンベロープの設定

また、フィルタエンベロープを設定する必要があり、この目的のために、私たちは1Envを使用します。我々は、それが最高値から開始し、徐々に約11 oclockにある現在設定値に落ち着くようにフィルタのカットオフを調節するために封筒を必要としています。それが現在の値に落ち着くまでにかかる時間は、1のEnvの減衰パラメータを使用して調整されます。このエンベロープの正確な設定は図4を参照してくださいあなたはこれらのエンベロープ設定が崩壊以外の振幅エンベロープと非常に類似していることがわかります

Figure 4: Filter Envelope Settings

図4:封筒の設定をフィルタ

変調を設定するには、代わりにあなたも変調スロットを右クリックして、モジュレーションカテゴリで1を選択することができますのは、次の1Envに十字線をドラッグし、フィルタ1でちょうどカットオフパラメータの下左端の変調スロットにドロップしてみましょう。さて、クリックしてダイヤルの右側を覆う青い弧が表示されるまで、変調スロットにドラッグします。エンベロープは、この場合には、我々はアークがノブの最高値で右に終わることを確認することで、アークが終了する値に、ノブの値インジケータから始まる音を調節します。我々は非常に速い攻撃を設定しているので、カットオフは最も高い値にジャンプします、我々は比較的長い減衰を持っているので、それが徐々に現在設定されている位置に調節します。私は、減衰パラメータはさらに低い減衰値は大幅に維持しません非常にパーカッシブな音につながるものの、図4に示すよりもわずかに低い設定で動作することがわかりました。それはので、あなたに最適な値に設定し好みの問題の多くはです。

Figure 5: Filter Cutoff Modulation

図5:カットオフモジュレーションをフィルタリング

カットオフ変調をフィルタリング:

[オーディオのid = "34930"]

ステップ4:フィードバック

大量のより独特な側面の一つは、フィードバックモジュールを含むことです。名前が示すように、それは、フィードバックループを作成し、その入力経路に信号の一部を再導入するための方法を提供します。微妙な方法で使用する場合、フィードバックモジュールは間違いなく私たちが作成しているこの音を助けるローエンドのブーストを作成することができます。フィードバック経路はバックからもたらされる場所を正確に確認するには、[ルーティング]タブを開きます。このエリアは、大規模での様々なモジュールを介してルーティングされます正確にどのように音声を示しています。あなたは、FBという名前の、いくつかの異なるオブジェクトが表示されます。これらのオブジェクトのいずれかが点灯している場合、すなわち、フィードバック入力がから供給される場所です。レッツフィードバック図6に示すように、トップ中間領域におけるFBオブジェクトをクリックしてフィルタ1の後からの信号。

Figure 6: Routing Settings

図6:ルーティング設定

今フィードバックモジュールは、モジュール名の横に青色LEDが点灯することを確認することによって、大量のメインインターフェイスでオンになっていることを確認しまた、我々は唯一このパッチで一つのフィルターを使用しているように、F1-F2クロスフェーダーは、F1へのすべての道を設定されていることを確認してください。約9 oclockにフィードバック量を設定します。高いノートを演奏中に、特に微妙なローエンドのブーストを聞くべきです。

Figure 7: Feedback Module

図7:フィードバックモジュール

ステップ5:FX1、FX2

いつものように我々はいくつかのエフェクトやEQでこれをラップします。アイブ氏は、音を少しアップ太らFX1でテレチューブディストーションモジュールを追加しました。ドライブとドライ/ウェットのパラメータは、約10非常に高いです

Figure 8: FX1 Settings

図8:FX1の設定

アイブ氏は、FX2スロットにコーラスモジュールを追加したが、これは完全にオプションです。クラビネットは通常doesntのコーラスが、あなたはそれを追加することを選択することができ、味に応じて必要があります。あなたはそれが非常に微妙であり、あまりにも多くのサウンドを変更doesntの設定からわかります。

Figure 9: FX2 Settings

図9:FX2の設定

最後に、EQモジュールで、わずか12 oclockの下にローシェルフをダウンさせることにより、低周波数を少し減らします。その鼻トーンを誇張するために、中間周波数の一部を増やします。また、およそ2 oclockにハイシェルフを押し上げて高周波数をブースト。正確な設定のための5-10を図を参照してください。

Figure 10: EQ Settings

図10:EQ設定

最終的なサウンド:

[オーディオのid = "34932"]


NI Massive: Sound Design Recipes by Rishabh Rajan and AskAudio

訪問

または(これはiBooksのための直接のiOSをダウンロード

ビデオを好みますか? AskVideoでRishabhのビデオコースをチェックしてください


Rishabh Rajan is an award winning music producer & educator currently based in New York. He produces electronic music under the name code:MONO & hosts a YouTube channel featuring music and live mashup videos using performance controllers like the Ableton Push. He is also a sample library developer having worked with companies like Bela... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!