Ableton LiveのでSidechaining

Sidechaining is used extensively in all styles of music. It can be used to correct a mix, duck out a secondary audio signal or as a creative effect. But first you need to know how to set it.  

Sidechainingだけ出してきます、それらのテクニックの一つです。その何かは、あなたはどんなジャンルで使用することができますし、ならライブユーザのyoullはあまりにも、あなたにそのアクセスを知って幸せである。

ステップ1 - 処理するオーディオの識別

ここにあなたの最初の仕事は、処理したいオーディオ、楽器やループを決めることです。 Youllはあなたのコンプレッサーと圧縮されるサウンドのトリガーとして機能するサウンドを選択する必要があります。

本質的

ほぼすべての2つのソースがこのテクニックを使用できますが、私は伝統的なキックドラムとシンセのコンボのために行ってきた。これにより、そのsidechainingと達成できる結果をどのように処理するライブの良いアイデアを与える必要があります。

以下に、あなたは我々がゼロの圧縮が追加で使用しようとしている2つのサウ​​ンドを聞くことができます。

The two audio tracks well be using.

つのオーディオトラックは、よく使用される。

圧縮なしで聞いたつのループ:

[オーディオのid ="8268"]


ステップ2 - コンプレッサーのロード

今すぐ負荷には影響するトラックの標準的なコンプレッサーに住んでいます。この場合にはそのシンセがうまく処理になるので、私は単に直接シンセのトラックにコンプレッサーを(挿入など)下落している。

あなたはいくつかの圧縮は、この時点で行わ聞こえることがあります。これは単にコンプレッサーのデフォルトの設定で、よく次のステップでこれを変更する心配しないで。

A compressor is loaded into the synth channel.

コンプレッサーは、シンセの​​チャネルにロードされます。


ステップ3 - サイドチェーンの設定

youllのは、今のサイドチェインルーティングを設定する必要がある、これは本当に簡単ですし、わずか1分で完了。あなたのコンプレッサーに移動し、左側に現在非表示のセクションを開きます。オープン時は、このセクションでは、すべてあなたのサイドチェインのパラメータを明らかにする。

The side chain controls are revealed.

サイドチェーンのコントロールが明らかにされています。


単純にサイドチェイン機能を従事し、ゲインリダクションをトリガするために使用するオーディオを選択します。これは、ドラムループを収容トラックだったのでこの場合、私は'1'-オーディオを選びました。とすぐにこれを行うようにしてサイドチェインルーティングは完了です!

あなたがゲインリダクションが発生して表示されるまで今だけの比率としきい値のパラメータを増やします。また、物事がてきぱきとなるように、アタックタイムを小さくする必要があります。また、私は時間より透明効果のためのトラックでリリースをしたい。

The final settings used.

使用される最終的な設定。

アクションの最後の側鎖の影響:

[オーディオのid ="8264"]


それはあなたの行って厥!今すぐ別のソースと宛先を試して、あなたが思い付くことができるかを参照してください。一度あなたがそれなしで生きてきたどのようにルーティングするために、この効果を使用すると、不思議に思うかもしれません方法を学びます!

スレッショルドとレシオのコントロールが実際に何をすべきかライブ、圧縮でsidechainingの詳細を学び、したいですか?チェックアウトMOのライブ8 202 -のライブエフェクト:電源に接続!とオラフBasoskiのライブ8 404 -エレクトロニックダンスミュージックを作るの 。


Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!