アイコニックモーグ·モジュラーシンセのためのオリジナルの、歴史的な回路図を参照してください

Calling all synth-heads. If you're interested in Moog synths and Bob Moog's legacy, these early schematics show not just the path of electricity through components, but also his creative vision.  

アッシュビル、ノースカロライナ州 - 2015年3月...

Bob Moog schematic.

回路図の最近の選択は、18年間(1964から1982)、多様なデザイン、複数のエンジニアにまたがる。以前の回路図の多くは、ボブ·モーグによる手描きと実験的なミュージシャンのために特別に開発されたモーグ·シンセサイザーとカスタムワンオフデザインの進化の両方の精液の動向を表した。彼らのコンテンツが造形オシレーター、フィルター、および電源装置から最も象徴的なモーグ·モジュラー·シンセサイザーの一部のレイアウト設計にリレーを作動珍しい容量の範囲である。

ミッチェル·ムーグ·コウッサ、エグゼクティブディレクター、発言は、「ボブ·モーグ財団は、その保全の仕事に大きな誇りを持って。私たちは、ボブの技術的な天才との共同精神に基づいて、注目に値する歴史のスチュワード、である。彼は何の多くの中心人物である一方我々は、同様に重要仲間のエンジニアとの広範なコラボレーションであり、先駆的なミュージシャンの広さ、明らかにします。最終的には、アーカイブは他の人の作品を鼓舞するために一人の仕事の力を証明している。私たちの目標は、最大限にこの強力なパラダイムを共有することです革新と創造的な思想家の将来の世代を鼓舞するために、可能な。」

回路図など、ボブ·モーグ財団アーカイブからの多くの項目は、スイッチオンでの展示に、次のとおりです。ムーグ·シンセサイザーの誕生、イサカ、ニューヨーク州のトンプキンス郡における歴史センターで。

http://moogfoundation.org/schematics

http://moogfoundation.org/march-2015-schematics/

http://www.thehistorycenter.net/thc_events/2014/moogopening.php

詳細情報AskVideoで合成を 。

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!