レビュー:波BassRider

Mixing bass can be a struggle, especially when slapping a standard compressor on the track doesn’t even things out. Darren Burgos tests out BassRider as an alternative to manually riding faders.  

一貫性のある低音の音量レベルを維持することは常に素晴らしいミックスを達成するために不可欠であった。 theresのは、あまり標準的なコンプレッサは、でも行うことができます。さらに文字列のノイズやアーチファクト、シングルバンド·コンプレッサーはそれに送られるすべてに応答します。エンジニアやプロデューサーの間で一般的には文字通りボリュームフェーダーに乗るこ​​とです。低音は少し大きすぎる音を開始すると、実際にはフェーダーに戻って、ボリュームを引き出し、それを大きくする必要があるときは、フェーダーを押し上げます。戻る日に、あなたは自動化が有効になって、その少し簡単にテープが、今日、この直接の操作を行います。また、あなたのDAWのサンプルエディタでこれを行うことができます...ノートをメモして。この理由だけでは、時間の節約にBassRiderができるか見ることができます!

Bassride 1


波BassRiderプラグインだけでなく自動的にボリューム·フェーダーに乗ったが、ノートごとにノートに動作し、各ノートのアタックとリリースは自然に再生することができます。その低音楽器のために特別にチューニング。効果は、従来の圧縮機から聞こえる排気目立つことなく、非常に透過的です。エレクトロニック·ミュージシャンをyoureの場合は、その容易な唯一の伝統的な低音楽器のために有用であるとこの効果を閉じます。しかし、それはここで真ではありません。 1は、同じ速度が脂肪とハードヒット、最大わずかノートで演奏に注意してくださいどこにすべての経験豊かなシンセ·ベースが鳴るWeve、音の重さははるかに弱いものである。したり、ベースラインの1つのノートでは突出して、EQやコンプレッションのない量は、それを含むように思えません。 BassRiderは、これらの条件に最適です。

あなたがBassRider(現在$ 99 USD)を買うとき、それは2つのプラグインが付属しています。つのバージョンは、ミキシングのためであり、もう一つはライブ録音のために低レイテンシのバージョンです。私は素晴らしいと思うBassRiderのパラメータのほんの一握りのtheres ...それは音楽の流れが妨げられることはありません!驚くべき結果のために最小限の調整を必要とするそれらの効果その1。

ターゲットメーターは、あなたのベースは、平均音量を音に設定することができます。あなたはそれを見ながら、黄色のバーが入ってくる低音のレベルと時間に移動します。あなたは、ほぼ平均レベル、あるいは、あなたのベースにターゲット上のスライダーを設定します。

Target Meter


感度と応答と呼ばれる検出セクションの2つのパラメータがあります。 BassRiderが正しく低音より、その平準化のような音しない場合は、ライダーフェーダー(プラグインの中央の大きなフェーダー)を見ることができます...そのあなたの部分との時​​間に移動されていない場合は、感度ノブを調整することができますあなたの部分のすべてのノートが検出されるまで。また、応答スイッチ(BassRiderを通じて送信youreの低音のタイプに応じて)調整する必要があります。少ないノートと低速なベースラインでは、応答が遅い、通常は完璧に動作します。ノートのたくさんの速い低音部品、またはアルペジオシンセ·ベースラインに、ファーストポジションが適しています。

Response switch


無視するセクションにログオンします。ベースラインがライブ録音された場合BassRider試みは他の楽器からの低レベル流出を無視するように、流出ノブを調整することができます。流出の音量レベルに応じて、適宜lowからhighまでのレベルを調整します。多くの場合、低音の音は楽器自体に固有のアーティファクト、または音/トランジェントを持っています。たとえば、youllはしばしば電気的またはアップライトベース上で文字列からきしみが聞こえます。音にパンチとスタイルを追加するために、高い周波数に設定して発振器を聞いて、非常に一般的なシンセベースの音。 BassRiderが誤ってこれらの成果物に応答している場合は、それらの成果物のノブで無視することができます。それはローからハイに可聴ノイズの量に応じて調整することができます。

あなたがアーティファクトパラメータを調整する必要がある場合に知っているyoullは。だけでなく、あなたは聞こえるが増幅されるアーティファクトが聞こえますが、また、それらに対応するライダーのフェーダーを参照してくださいyoullは。

Artefacts Parameter


最後に、レンジ、ライダー、および出力フェーダーを見てすることができます。あなたは、Rangeスライダーを使用してサウンドにBassRider効果のダイナミクスを絞り込むことができます。それらを調整することで、床とライダーフェーダーの動きに天井を置く。 2レンジのスライダの間にある小さな矢印は、その信号が検出されない場合は、デフォルトの音量レベルを設定するために使用され、アイドル状態の矢印と呼ばれています。私は通常、そのデフォルトの位置にこれを残したが、処理されているベースの音は、高ノイズ·フロアを持っていれば、私はこのゲートのように使用されて見ることができます。ライダーフェーダー自体は手動で調整するものではありません。これは自動的に他のプラグインのパラメータに応じて乗る。ターゲットスライダの位置に応じて、次のいずれかの音量を上げるまたは下げるため、出力スライダを調整する必要があります。それは、プラスまたはマイナス12デシベルを調整することができます。

Target and Output sliders


あなたはまだBassRiderを所有しなかったら、行く波からデモをダウンロードする (現在はiLokキーが必要です)、youllはそれを愛する!



Darren started making music on computers when he was a teenager in 1987. His first computer was an Amiga, and when he realized the power of computer-based production, his addiction for making electronic music began. Darren switched to Mac in 1994 and started using Logic Pro. He's been involved in many music projects over the years incl... Read More

Discussion

DarrenB
Note: Since version 9, Waves now use their own Waves License Center software for Mac and PC, so an iLok is no longer necessary.
Cruzmeyers
Thanks for the great article, I love this plugin and have been using it a lot in my work. I've mainly been flipping through the presets till I found a sound I wanted and tweaked it a little. I never fully understood exactly what each parameter was effecting I just tweaked until it sounded good. This article clarified a lot my questions so thanks, I should be able to find the sound I want much faster now.
lostinthesound
Thinking about picking this up. Would you say that it's more suited towards compensating for a real bass player, or does it work as effectively for electronic music, specifically with regards to Drum n Bass and the handling of sub/synth bass sounds?
Darren Burgos
I definitely use it on electronic/virtual bass when I'm mixing for clients, or on my own tracks. When I'm mixing my own tracks in logic, I can even out the bass level by adjusting the MIDI note velocities for sure, but sometimes certain instruments resonate unpredictably when played on different notes. For example I'll be playing the root key bass, then I'll drop to a lower note, (same general velocity), and the bass seems louder and more inconsistent ...this is when I break out BassRider. This can sometimes happen if the space you're in is not perfect (who's is?), so make sure it really is happening by listening on headphones.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!