レビュー:ウェーブ錬金術シンセドラム

Some sounds never seem to go out of fashion. The classic 808 and 909 kits are great examples, and rather than sampling these sounds, Wave Alchemy have synthesized them as Noah Pred discovers.  

アナログパーカッションボナンザ

ヴィンテージアナログドラムキットは、彼らがスタイルの外に出ることは決してないだろうように見えるし、それらの古典的な808と909のキットには、ダンスミュージックパーカッション美的のこれまでプラトニックな理想のようにユビキタス残る。ですから、ウェーブ錬金術シンセ·ドラムのような新しいパッケージについて聞くときは、別の古典的なローランドのドラムキットが必要誰思考、あなたの目をロールバックでしょうか?十分なものではありません?しかし、あなたは完全にポイントが不足していることと思います。あなたは、これらがすべてであなたの株式のアナログドラムマシンキットではありません、以下を参照してください。我々はここでローランドジュピター8、ジュノー-106、SH-09とシステム100シリーズ、順序回路 '伝説のプロフェット5とProを搭載し、由緒あるアナログギアの真のオールスター名簿によって生成された100%合成のドラム·ヒットである持っているものOne、コルグMS-20、アープのオデッセイMK 1、ムーグのミニモーグモデルD、およびオーバーハイムOB-8。

Synth Drums


マイティサウンド

最初の質問:彼らはどのように聞こえるのですか?私はこれらをテストする前にウェーブアルケミーのブランドに精通していたが、このパックを聞いた後、私は再び彼らのサンプルを使用することを躊躇しないだろう。 3つの主要なセクションで来る:処理、未処理の加工や特殊な、すべて含まれているサンプルは、必要に応じて明白かつ現在の、パンチの効いた鮮明な聞こえ、およびすべての適切な場所にスムーズ。図書館の組織は、同様に非の打ちどころのないです。私が保証追加トーンと胴回りのための彼らの典型的なポストプロダクションのシグナル·チェーンを介して実行されていた、処理したサンプルを探索することから始めました。私は平均的なユーザーがソース自分のドラムサンプルの大部分を想像する場所です。その後ノイマンビニール旋盤および/または暖かさ、色、punchinessと彩度のためにスチューダーA80 MK1オープンリールテープマシンを介して実行された、下記のすべての主要なドラムカテゴリからわずかに小さい特殊処理されたセクションの機能のサンプル。彼らはすべての素晴らしい聞こえますが、純粋な元のサンプルは、独自の処理チェーンを介して実行したい場合は、パックには、あなたが望むようにとは未処理のサンプルの完全な選択が付属しています。

The instrument


完全な配列

だからどんなドラム我々はここで扱っている?さて、あなたは伝統的なアコースティックトラップキットの音を探している場合は、タム、ジッパーやザップとフルスペクトルスネア、ハーモニックメタリックのpingおよびセラミックthudsまたは焼けるように暑い白雷、間違って近所ではなくアナログの低音の厚いスラブであれば、明らかにしているノイズハイハットあなたが興奮すると、ここに提供する上であなたの制作のために弾薬をたくさん見つけることができます。合計で以上の5900の24ビットドラムヒットから成る、私たちは脂肪、深い、古典、ほぼリアルタイムに細分(キック見つける

このような幅広い選択と創造性のビットと、私はあなたが、もちろんいくつかの巧妙な配置やエフェクト処理、と一緒にここに提供されたサンプル以上のものを使用していない全体のトラックを作り出すことができる確信している。


アウト作っていまし

パッケージも事前にプログラムとバッテリー3、HALION、香港、KONTAKT、NN-XT、SFZとフォーマットのユーザーのために行く準備キット、数百人が付属しています。これはいくつかのために便利になりますが、それはまた私の唯一の不満につながっていません:最近は準備するには余りにも難しいことではありませんAbletonのLiveのドラムラック形式に対するネイティブのマッピングを。 MASCHINEまたはStylusRMXのユーザーは、同様の問題があるかもしれませんが、それは、特にそのような手頃な価格で、このような恒星のドラムライブラリを使用するときに支払うために小さな価格です。推奨。

Noah Pred is a Canadian record producer, sound designer, technologist, DJ, and Ableton Certified Trainer living in Berlin, Germany. Releasing dozens of records and touring extensively since the '90s, he currently teaches a wide variety of techniques for stage and studio at the BIMM Institute. For more information, please visit: http://... Read More

Discussion

Matt
Nice review Noah, well written and I'm glad you liked it.

I'm one of the co-producers of this library and just thought I'd leave a comment for any readers about the one criticism you voiced regarding the lack of a specific ableton drum kit.

We did have one built and ready to go but to be an official 'certified by ableton' kit we have to jump through a few more hoops than for the other kits. I'm the guy who synthesised most of the sounds in this library, not the guy who made the kits, so this information is second hand, but I believe the main stumbling block was that ableton insist on 'loops' being included in any official kit. Because Synth Drums is all one hits, there are no loops. So this fact has held up the release of the ableton kits. However we do intend to address this and release an ableton kit in the future including loops.

To any ableton user wondering if you can use our Library in ableton: Yes you can, it's a set of samples - you don't need a pre-made 'drum kit' to use this library. you can drag and drop them into your project as audio, or load them into any soft sampler or soft drum machine you wish and of course use ableton's stock software to create your own custom kits with our drums.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!