レビュー:ルドルフ2極アナログフィルタ

Will Waldorf's 2 Pole analog filter give you more warmth than your average plug-in? Are its modulation options flexible for any studio integration? Mo Volans finds out in this review with video.  

ルドルフは最近、いくつかの興味深い新製品で忙しかった。これらの中で手頃な価格で大衆にアナログの良さをもたらすことを約束モノボックスの手頃な価格のラインです。この新製品ラインは、今年初めのNAMMで発表し、2極アナログフィルタは、スターの一人だった。ここに提供する上でいただきました!を見てみましょう


ビルドとデザイン

ルドルフはいつも固体ビルドときまじめなデザインでシンセを構築するための評判を持っていた。それは私の本の中で、多かれ少なかれ不可能であろう、この価格帯で、ルドルフウェーブシンセのすべての金属構造を期待してはいけない、あなたはここに来るまさにです。

ただしメタルトッププレートと丈夫な射出成形されたベースを入手できますか。これは、実際にユニットは非常に厳しい感じさせるだけでなく、その大きさのためにそれは非常に軽いことができます。私は、これはライブの仕事のための2極優れたになるだろうと思う。

この飾り気のないデザイン理念は、固体金属スイッチ、大規模なプラスチック製のノブと明確なグラフィックスで、フロントパネル全体で続けています。すべてがうまくあなたのコントロールを微調整する余地を与えて間隔をあけられています。私は確かにユニットが過度にコンパクト化の上に、この決定を賞賛。全部はsatisfyingly分厚い感じている。

モノラルオーディオのための背面にあるジャック(INとOUT)、フィルター、エンベロープとゲートのCV制御用の3ポートがあります。また、専用の12V電源と(やや希少性になってきている)であっても、電源スイッチを取得します。

サウンドと操作

ウォルドルフ2極の最良の部分は間違いなく、それが聞こえるようになります。私は徹底的にこれで遊んで楽しんで、それがアナログの魅力を漂わせる。自励発振フィルタからの歪みの二つの異なる味に、それは本当にあなたがそれを介して実行何にもいくつかのパンチを追加しません。

私は本当にあなたがモジュレーション·ソースとして使用するLFOとエンベロープ·フォロワーを持っていて、これらの要素の上に持っている制御の量がこの価格帯でユニットのためにかなり驚異的であるという事実に感銘を受けました。

With the ability to fine tune the incoming and outgoing levels, add varying amounts of crunch and even trigger the envelope generator with illuminated buttons, Waldorf have really thought every aspect of this filter through. 

チューニング着信と発信のレベルを微クランチ様々な量を追加しても、イルミネーションボタンでエンベロープジェネレータをトリガする機能で、ルドルフは本当にを通じて、このフィルタのあらゆる側面を考えている。

もちろん、あなたが切り替え可能なフィルタモードセレクター(ローパス、バンドパス、およびハイパス)、深刻な共振制御し、完全に全体のフィルタ部を解放するためのハードバイパススイッチのように、ここですべての通常の機能を見つけることを期待することができます。

考えや結論

全体的に、これは、柔軟性をたっぷり使って、本当に優れたフィルターです。 CVの接続性と豊富なモジュレーションオプションを追加し、あなたはおそらくセットアップ現代のスタジオにこれを統合するためのいくつかの方法を調理することができます。

アイブ氏は本当に、これを使用して楽しんでも、私の唯一の予約は私がステレオでフィルタリングするのが大好きということであると、私自身の制作のための1までを選ぶこと!多分ドーフはちょうど私のためのステレオバージョンが生成されます。

あなたは、あなたの平均的なプラグインより少し暖かさを与えるためにクールなアナログ·フィルタを空想した場合冗談はさておき、それから2極だけの仕事をして、いくつかの必要があります。

価格:

長所:

短所:

ウェブサイト:


Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!