レビュー:ユニバーサルオーディオアポロツイン

The sleek and sexy Apollo Twin brings the high-quality preamps and the UAD Powered Plug-Ins from the Apollo into a portable and affordable package. Matt Vanacoro puts it through its pace.  
Universal Audio Apollo Twin

単一のデバイスは、群衆から目立つようにするために、オーディオインターフェイスやで、お使いのコンピュータからサウンドを得るための新しい方法の真の海の中で、それが困難な場合があります。その創始者ビル·パットナムは​​、現代のレコーディングコンソール、マルチバンドEQ、ボーカルブースや商業録音人工リバーブの使用を発明忙しくなったので、ユニバーサル·オーディオは、ハイエンドのスタジオ·ギアの最前線にされている。

今日では、 ユニバーサルオーディオは広くプリアンプ、コンプレッサーの彼らの血統だけでなく、歴史の中で最も切望されたオーディオハードウェアの彼らのプラグインエミュレーションのために知られている。 UADプラグインシステムは、どこでも生産者、ミュージシャンやスタジオエンジニアに受け入れてきた。ユニバーサルオーディオプラグインのユーザー彼らが開拓したときに喜ぶべき理由与えアポロにもパワードプラグインの彼らの信じられないほどのライブラリを開催し、マルチチャンネルオーディオインターフェイスを。内蔵のUAD-2 DUOやQUAD(モデルによって異なる)で、元アポロは文句を言わない少し遅くなる電力を消費するプラグインと、お使いのコンピュータの非常に高い金額を実行することができます。

最近では、UAがリリースされ、アポロツイン 。その画期的なオーディオインターフェイスとDSPプラグイン加速器のそのデスクトップバージョン。私は、それを数日間過ごし、そのペースを介してそれを実行し、私が見つけたものあなたと共有するイムは準備ができて(ヒント:私は1が欲しい、と私はあなたがあまりにもなると思います)。

I / Oの

Those two mic preamps are a WHOLE lot more exciting than they look. Wait until you hear what they can do!

これらの2マイクプリアンプは、彼らが見てよりはるかに多くの刺激的である。あなたは彼らが何ができるかを聞くまで待って!

アポロは、モバイルユーザやデスクトップ制作スタジオを対象としています。そのI / O部には、ささやかに見えるかもしれませんが、それはその小さなフットプリントで隠さパンチの全体の多くを搭載しています。 2 XLRマイク/ラインコンボジャックと4の1/4のアナログ出力があります。ツインまた、(私はユニバーサルオーディオ4-710Dを使用)デジタル出力対応のマイクプリアンプを8チャンネルまで追加できるようになります光入力を備えています。

前面に、youllは、入力チャンネル1にマッピングされ、ハイインピーダンス楽器入力を見つける。ヘッドフォンジャックは、便利だけでなく、フロントパネルにあります。光入力はまた、S / PDIFならびにADATを受け入れるように構成することができる。サンダーボルトのポートへの接続のための背面にあるコネクタがあります。

ルック·アンド·フィール

ユニバーサルオーディオがここに形だけでなく、機能のために行っていたことは間違いないtheresの。このユニットは、非常によくレイアウトされています。このようなプリアンプの選択などのマイクプリアンプ、ローパスフィルタ、ファントム電源、入力パッド、位相反転入力リンクの特徴を調整するためのハードウェアボタンがある。マスター出力とヘッドフォン·ミックスの両方を調整するなど、さまざまな方法で機能することができ、大きな汎用ノブがあります。

Even the power plug locks into place to avoid accidental removal. They thought of everything!

でも、所定の位置に電源プラグロックは偶発的な脱落を避けるために。彼らはすべてのことを考えた!

今、公式の統計が邪魔していること、分、非公式取得することができます。このことはセクシーです。ノブと、シャーシのなめらかな起毛金属の感触だけで触れられるように頼む。それは非常に居心地の良い感じ、youreのはちょうどその横にされるのに十分に格好良いアレントその周りのオブジェクトのあなたの机をクリアしたいとして。あなたは、IMがここで船外に少し行くと思うかもしれませんが、正直写真はちょうどそれを正義を行ういけないことを。ビルドの品質は素晴らしいです、ノブやボタンは、すべての抵抗のちょうど右の量の非常に頑丈である。それは見て、素晴らしくプロフェッショナルな感じ。

それはサンダーボルトバスパワーでしたいが、あなたはユニットがプラグインのDSPを扱っている、その中に囲まれた、コンピュータ全体を持っているremembertheする必要が人々が存在します。デバイスではなく、私のコンピュータを搭載しているプラ​​グインの巨大なライブラリにアクセスするためにそれをプラグインして喜んでイム。

サウンド

アポロツインで作業する場合、あなたは、ユニバーサルオーディオのプリアンプのペアを使用している知って自信を感じることができる。これは私たちのように610、710、LA-2Aとを与えた同じ会社である。彼らは、プリアンプを作る方法を知っており、ツインも例外ではありません。でも、内蔵のUADモデリングプラグインを使用せずに、これらのプリアンプは、温かく澄んだ、と非常に音楽的である。彼らは私がオーディオインターフェイスに組み込まれているプリアンプのために使用される私より絶対的に素晴らしいと良い音。

のHi-Zインストゥルメント入力も素晴らしい響き、と私はあなたが一般的にインピーダンス整合入力を持たないオーディオインターフェイスを見つけることができ、利得ステージングの問題のいずれにも実行されませんでした。

ソフトウェア

The UAD plug-in library is diverse, high quality and now includes models of preamps.

UADプラグイン·ライブラリーは、多様な、高品質であり、現在はプリアンプのモデルが含まれています。

あなたは本当にソフトウェアを見含めずにツインを評価傾ける。 UADに精通しているyoureのプラグインライブラリを加速している場合でも、theyveはアポロツインの立ち上げのためにいくつかの新しいトリックを引き出した。

ツイン2デジタル制御のマイクプリアンプを持っています。過去には、デジタル制御のマイクプリアンプは、ほとんどの場合、あなたが入力レベルとそれについてのthatsを制御することが意味した。さて、時代は変わった。 UAは、すべてのアポロ·インターフェースに組み込まれている彼等のユニゾンマイク·プリアンプ·テクノロジーと新境地を破った。ユニゾンシステムは、アポロ物理的なハードウェアとUADソフトウェアマイク·プリアンプ·モデル間の双方向制御を可能にする驚異のアナログ/デジタルの統合システムです。

これが何を意味するのか、あなたが今マイクプリアンプをシミュレートし、ハードウェアがちょうどそのマイク·プリアンプのように対応させていただきますプラグインをロードできることです。アナログインピーダンス、段階スイートスポットを獲得し、コンポーネントレベルの回路の動作は、単にUADプラグインは現在、アポロツインズのインターフェイスでアクセスすることができるパラメータの一部である。あなたは、UA 610-Bの真空管プリアンプとEQをシミュレートしたい場合は、コンピュータは、もはや入力インピーダンスを調整するように聞こえるなるかを推測しません。コンピュータは実際にアポロツインズプリアンプと話してインピーダンスを調整します。これが求められてプリアンプ、古典の信じられないほど正確なエミュレーションが可能になります。

実際には、

私はアポロツインボックス化解除した後に最初に行ったこと(喜びだった - 包装は、そのプレゼンテーションに非常にアップルのようだった)が、マイクを設定するプリアンプ·エミュレーションをロードし、簡単なアコースティックギターのリズムを記録した。私はかなりよく、そのプリアンプの音を知っているし、私のスタジオに1を持っているので、私はUA 610-Aを選択しました。

私はユニゾンマイクプリアンプ·シミュレーションとの記録の差によって吹き飛ばされた。音がより明確にした、アイブ氏は610を介して自分の音を録音するときの愛に来て、過補償に聞こえるしなかったことを、チューブの輝きを持っていた。 IVEは、録音中に真空管アンプを使用ようにそれを感じられるように約600 kHzと2-4 kHzのを後押し実際には等量のプロファイルであることが、多くの真空管アンプ·シミュレーション·プラグインを発見した。これは、多くの場合、うるさく明るい音になり。私は、ほとんどのUAはここに適用されている繊細に感銘を受けました。このマイクプリ·エミュレーションは、チューブらしさと顔であなたをパンチしていません。プリアンプは、それらの上に何もない素晴らしいサウンド、そして、彼らはプリアンプエミュレーションをオンにして適切な設定にしても良い音することができます。

オーディオサンプル:00:09 00:00一人でプリアンプで、0時10分 - 午前0時20分にはオンになって610チューブプリアンプ·エミュレーションとプリアンプです。

[オーディオID = "25720"]

結論

You don’t need a huge space or rack of gear to get a ‘downtown’ sound with the Twin!  You can get incredible results with emulations of amazing classic gear with just this setup.

あなたはツインでダウンタウンのサウンドを得るために、ギアの巨大なスペースやラックが必要にいけない!あなただけのこのセットアップで素晴らしい古典的なギアのエミュレーションと信じられないほどの結果を得ることができます。

ツインで数日を過ごした後は、ユニバーサルオーディオは、彼らがについて多くのことを気にしていることを、ギアの本当に高い品質の作品を作成していることが明らかになった。ツインについてのすべては、感じに見え、素晴らしいサウンドを。 UADプラグインを受け入れている人たちのものは、最終的には、外出先で私たちと一緒にこれらの素晴らしいプラグインを取るために私たちのモバイルソリューションを持っている。

価格:

長所:

  • 外出先であなたとUAD Poweredプラグインの電源を取る
  • 新ユニゾンのマイクプリアンプエミュレーション
  • 2 XLRマイクプリアンプは、非常に高品質である
  • 品質のビルドと洗練された表情
  • 重要なプリアンプ機能にアクセスするためのハードウェアボタン
  • 電源ケーブルをロックする(真剣に、なぜ、すべての移動ユニットがこれを持っていけない?)

短所 :私たちは考えることができるなし!

ウェブサイト:

Matt Vanacoro is one of New York's premier musicans. Matt has collaborated as a keyboardist in studio and on stage with artists such as Jordan Rudess (Dream Theater), Mark Wood (Trans-Siberian Orchestra), Mark Rivera (Billy Joel Band), Aaron Carter, Amy Regan, Jay Azzolina, Marcus Ratzenboeck (Tantric), KeKe Palmer, C-Note, Jordan Knig... Read More

Discussion

Cliff Truesdell
It looks amazing and I love the UAD stuff. I could be wrong but as far as I know the downside (for me) would be having to buy the UAD plug-ins again separately for a different system. I have an Apollo and a Satellite and already own a bunch of their plug-ins. I might get one of these for mobile recording with my laptop if I could use the plug-ins already authorized (and paid for!) on my studio rig.
leoelzein
Thank you for reviewing this, I was looking into buying one myself! I only have one doubt, how's the quality of the built-in headphone amp? I have a sennheiser HD 650, and I wonder if this can handle it without having to purchase a seperate headphone amp. I know apogees have very good headphone amps, is this comparable to them?
Matt Vanacoro
Cliff - I do not believe you have to re-purchase your plugins. Any time I've upgraded or added a UA interface to my system I am able to use all the plugins I currently own with all of my interfaces. Leo, I found the headphone output to be just fine. Headphone volume is a very subjective game, though, so I'm sure what I find just fine others might not feel is loud enough. The headphone output is incredibly clean, and the monitoring interface that UA has made with Console is quite good. I love being able to monitor with compressors, reverb, etc... and know that what's getting recorded to my DAW is 'clean'.
lostinthesound
Looks interesting. Any ideas as to why they opted for only one thunderbolt port as opposed to two for the sake of chaining devices?
Omer Eilam
How good is the latency aspect of the interface?
What is the practical difference between having a single and dual processor?
Does the monitoring have a 'zero latency' capability?
Matt Vanacoro
I'd imagine they opted for the one thunderbolt port as a cost measure - that seems to be what most audio interfaces are unfortunately doing. As far as the latency aspect, there is no discernable latency in the monitoring chain. The single vs. dual processor allows for more hosted plugins.
Cliff Truesdell
Matt - I just did some more research and you're totally right. The UAD licenses are tied to the UAD hardware not the computer. So as long as the interfaces are registered to the same hardware group the plug-ins can be used on multiple systems. Awesome!
Omer Eilam
I currently own a Focusrite 8i6. I'm switching from PC to Mac soon so I thought I will upgrade my audio interface as well. I was thinking about the Apogee DUO until now, but this review makes me want to take a serious look at this UAD interface. Any pros and cons to each?
GregA
I love the concept of this device. I have an Octa-Capture now, and I've never used more than 2 inputs simultaneously on it. I would upgrade to this in a heartbeat, except, that it has only one Thunderbolt. MAJOR drawback. I'm already daisy chaining into a LaCie Thunderbolt drive and then to a second monitor for my older 2.3ghz MBP. So, UAD, no sale, I can't make it work.
hobycook
If the Apollo Twin was designed like the MOTU 828X, the reason it only has one Thunderbolt jack is that under the hood it is only FireWire 400 I/O being delivered through a Thunderbolt cable. Theoretically the slowest device you will add to your daisy chain, this is why it needs to be at the end of the last cable hop. Critics of the MOTU 828X called this a dirty trick, but FW 400 is way more than adequate bandwidth for an audio interface with 8 analog inputs plus ADAT, so the Apollo Twin with just two (or 2 plus line) and ADAT should work fine. At some point, true Thunderbolt chips will be arriving on the scene, but for now this will handle all you can throw at it with headroom to spare.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!