レビュー:iPad用トール

Propellerhead create great sounding synths & playable apps for iOS devices! As soon as Thor for iPad was released, G. W. Childs, one of the original sound designers, took it for a long spin.  

病気私はPropellerhead社は理由に追加するプロセスにあったことは大きな、悪いシンセサイザーについて聞いた初めてを決して忘れない。私もそれを見た前に、私はすでにそれがアクセスのウイルスのように、時間のホットなシンセに匹敵し、どのように良い、それが聞こえただろうかを聞いた。私は最終的にそのシンセの最初のベ​​ータ版を持って、理由ファクトリーサウンドバンクのために音を作り始めるように頼まれたとき、私は私がムストベー誓う私も私の仕事を保存することを考え前に遊んで2時間を過ごした!

その時点で、すべての機能にはまだ、トールでもありませんでした。アートが欠けていた、すべてのインチモジュレーションバスしゃべれなかったの特徴しかし、可能性があった、それは巨大だった。

その私が座っていると絶えず新しいで遊んでいる間、これを書いているそれらの時間を考えることではない難しいiPad用トール 。私は道を戻って作ったことも、見てパッチをイム。しかし、以前より周囲の全く異なる中でイム。私は、国の別の部分に住んでいる別の車を持って、さまざまな人が周りにいます。しかし、トールは同じです。

うん、トールがiPadに移行されているにもかかわらず、すべての機能は、まだそのままである。私がそうであっても愛情を込めて言うでしょう。しかし、そのわずか芸術インチスローされませんが、痛々しいほど、やり直し操作して、まだ戻って、仮想理由スタジオでyoureの考えるように装飾されています。その本当にあなたはそう何年も前にインストールしたラックからでそう多くの時間を費やしていること、古い、摩耗シンセを抜くようにし、最終的に、それはポータブルであったことに気づいた。どのように私はマニュアルでのことを見逃した!

Thor for iPad: The knobs sections

iPad用トール:ノブセクション


と、Propellerhead社が同じ道を続ければ、多分最終的にはよく来年内の個々のiPadの上で利用可能な理由ギアのそれら個々のすべてを持っている。私は1つのために、マトリックスを愛するだろう!しかし、今のところ、我々は、おそらく右の顔で私たちを見て合理的な範囲でキットの中で最も素晴らしい作品を持っている。


インターフェース

通常、私はそれが聞こえると、それが何ができる方法で開始します。しかし、それに直面することができ、インターフェイスはiDevicesに大きな関心事である。トールは、Propellerhead社は、iOSのための彼らのリリースのそれぞれから学んだことを証明するものです。そして、私はあなたを教えて聞かせ、theyveは、多くのことを学びました。

Propellerhead have included easy ways to expand and collapse areas of the interface.

Propellerhead社は、インタフェースの領域を展開したり折りたたんだりする簡単な方法が含まれている。


それは必ずしもそれのように見えないにもかかわらず、トールは、機能のトンと巨大なシンセです。あなたがコンピュータの画面上でそれを見たとき、これを忘れて、その簡単。驚くべきことに、Propellerhead社は、フロントパネル上のすべてのものを得た。オリジナルのオシレーター、フィルター、LFOを、エンベロープ、エフェクト、ルーティングの可能性のすべてがあります。トールは最初からセミモジュラー·シンセサイザーになるように設計されました。そして、あなたはPropellerhead社はそのままトールのすべての機能を保つことができるすべてをしたことを伝えることができます。同期/帯域幅、オシレーター1にオシレーター2から振幅変調スライダーのように小さくてもニュアンスが周りに保持されています。

また、iPadでプレイアビリティの面で非常に満足イムいくつかの新しい追加がありました。内蔵キーボードは、折りたたみ可能なキーボードのような主力機能をサポートしています。しかし、彼らは、さらに行って、あなたが実際にギターのようトールを再生することができますストラムのセクションを追加しました。これがいくつかのGarageBandの、児童の特徴であること一蹴前と、それは実際にはかなりうまく機能し、いずれにもいくつかの涼しさを貸すことができる

Do you recognize the keyboard layout section? (Figure features something similar).

あなたは、キーボードレイアウトのセクションを認識するのですか? (図は、類似した何かを提供しています)。


トールのこれらのすべての要素は、メニューバーとは巨大なシンセの別のセクションに移動することができ、これらの小さな展開ボタンを使って慎重にバランスしている。ノブやスライダーので、同様に非常に使いやすいです。単にアンプのつまみのようなノブをタップすると、割り当てyoureの正確な量を知らせるグラフィックインジケータが表示されます。だから、デザインを鳴らすには本当に大きなyoureの、そしてただ外部機器であることがこれを拾うアレント場合、極めて幸せにyoullは。


サウンドの移植

サウンドデザインといえば...あなたはトールのiPad版で作成した任意のパッチが原因に引き継が移行することができます。単にコンピュータにiPadを接続し、iTunesでiPadのデバイスの下にアプリのタブの下に見える。しかし、お使いのコンピュータで行わトールパッチのホードにアクセスする方がはるかに簡単です。例えば:あなたが自分自身にそれらを電子メールで送信することができ、添付ファイルをクリックすると、トールは、新しいパッチで開きます。私はまだ自分の仕事のためにトールパッチの多くは、時折私のmacProVideoチュートリアルを行うので、これは、私にとっては巨大なものです。私のトールのチュートリアルでは、優れた例だろう! 。あなたも、トール内の受信トレイを持っている!

巨大なは、iPadのためにトールを外部MIDIを介して制御することができるという事実ですいただきました。これは巨大な可能性を開くと、現実には、トールの真の、外部ハードウェアのバージョンになります。理由は、外部MIDIを持っているのであなたが実際に、今理由からトールのiPad版を制御することができます!または、Abletonの、ロジックプロ、またはPro Toolsのユーザーをyoureの、そしてあなたの小川および呼出しでトールをしたい場合は、あなたはもう再配線の設定を心配する必要はいけない。


シーケンサー

Propellerhead社はまた、常にトール内に宿っている、非常に実用的なステップシーケンサーを中心に保つ。そして、ありがたいことに、彼らはそのいつもきな限りアサイン続けた。その使用は、実際に、それはプラグインとしてではないので、最初は新しいユーザーを投げると、そこに他のiOSアプリの一部としてプレイしてもよい。理由以内の元のトール·シーケンサーとまったく同じ方法で、セットアップの少しがあります。しかし、一度それに慣れてyoureの、あなたは私たちのすべての残りの部分を楽しむような方法でそれを使用し始めることができます。あなたは、トール·シンセサイザーのさまざまな部分にモジュレーションバスルーティング部を介してルートシーケンサーといくつかの素晴らしいサウンドを作成することができます...ただ、モジュラー·シンセサイザーのような...トールが動作するように意図されていただけの方法。

All of Thor's routing capabilities, right at your fingertips… literally!

右文字通りあなたの指先でトールのルーティング機能のすべて、!


閉会のコメント

私が言ったように、この非常に小さな購入はあなたに本当の、外部ハードウェアトール·シンセサイザーを提供します。

Thor for iPad is the full experience! You'll even find the sounds and patches from the original desktop computer version included.

iPad用トールは完全な経験です!あなたも含まれている元のデスクトップコンピュータのバージョンからの音やパッチを見つけることができます。


あなたは理由をユーザーにアレント場合でも、私は真剣にiPad用にトールを拾ってお勧めします。実際には、これは本当にここで取得し、すべての大騒ぎは、大きなソフトウェア購入にコミットすることなく、あまりにも長い間、約てきたかを見るために、非のReasonユーザーのためのチャンスです。

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Doj
Agreed. I have dreamed of an app like this! I first started writing in Reason 2 and became very comfortable drawing, copying and pasting my way around the arrangement window. As more and more synths came out (especially Thor) I really wanted to control them hands-on. This scratches more than on itch, I already fell asleep last night hunched over my iPad... :)
Filmlesss
In one week, Waldorf and Reason release safisticated Apps using the very best of their own arsenal. Waldorf Q is about $1400.00, Reason 7 $399.00. Apps about $30.00 total and include the access that only an IPad can offer. "Living Room couch" and I'm playing these Super Softsynths! Thank you, Steve Jobs. Now I know what people thought of Thomas Edison, when they blew out their candles and flipped a switch to suddenly see light! We live in an "Edison" world, and the IPad and all the App creators are a shining example! Great review, by the way! I am also using the Synthstation to play Thor, just as a Synthesizer!

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!