レビュー:TASCAM DR-60D

Whether recording audio in the field for video, or to capture sounds for music composition, you'll need a reliable portable audio recorder. Does Tascam's DR-60D exceed its $199 US price tag?  
The wee beastie.

おしっこビースティー。

評価するためにTASCAM DR-60Dを 、場所に、私のBlackmagicのシネマカメラとポケットシネマカメラとのセットで私に同行する私のお気に入りの新しいオーディオレコーダーは、5言葉が戻ってきた。今回は、病気のように、この小さなオーディオレコーダーを記載すること。

スタック、プロクリーン、できる、空腹

専門家

キットのその洗練された少し:、黒いボタンがたくさん、勉強に見えるヘッドフォン着用オーディオマニアの首に投げすることができる。その得た2つのコンボ1/4-XL​​R入力とマイク入力、カメラでのミニジャックに加え、3ミニジャック出力用のミニジャック:カメラうち、ヘッドフォンアウト、ラインアウト。すべては、別々のハードウェアボリュームコントロールが付いているので、あなたのカメラに別のものを通過させながら1音量でモニターすることができます。

底面に内蔵三脚座と、その上にネジ、そのあなたのカメラの下に座るように設計されており、それは確かに前のレベルと1人の乗組員のためのセンターを保持しますが、もちろん、それはスタンドアローン、完全に可能性が必要な場合。それは、クライアントを印加する際に重要であることができる、設備の専門的作品のように見えます。 (イムjokingwhyあなたは非常に多くの編集者が、これらのマルチカラーのキーボードを持っていると思うかではない?)

In action, with the levels moving.

アクションでは、レベルに移動する。

クリーン

私の古いズームH1、その非常にクリーンに比べて。ズームH1内のプリアンプは、私のお気に入りの機能をアレント、および内蔵のXYマイクはOKが、素晴らしいではありません。イムはオーディオマニアが、アイブ氏はヒットその悪い音声を聞いて、これ以上我慢できないという不幸な罠。徹底的なテストを行わずに、私の耳に同じマイク(A

できる

あなたが機能をしたいですか?その得た機能。プラグインパワージャックのために?うん。私の新しいのためのファンタム電源

その後、ポストのSYNC SDカードに記録したり、プリアンプとして扱い、あなたのカメラに直接フィードをプッシュすることができます。 (十分に高いレベルのカメラ、おそらく危険なプリアンプの最悪の事態を避けることができます供給しています。)すべてのpeoplebutするために、そのほとんどすべてのものは、残念ながら、ズームマイクのように、そのではないUSBインターフェイスです。

Yes, it’s nice to have output options too.

はい、その素敵すぎる出力オプションがあります。

飢えた

あなたはXLRマイク用のファンタム電源を供給する場合は、このボックスには、バッテリーを食べるようになる。アルカリ、充電式では、それは問題ではありません:彼らは最後の文句を言わない。ザッツOK、コースのその額面が、このボックスを養うためのAAのスタックをyoullの必要があることを知っています。あなたが便利なコンピュータやAC充電器を持っている場合は、USB経由で電力を供給することができます。

Lots of inputs, but that XLR isn’t coming out.

入力の多くが、それXLRは出ていません。

スタック

好奇心が強い1本。アイブは今までのソケット1に挿入されただけのXLRプラグを取り外すことができません。そのプラグを解放する必要があり、レバーがそうされていないように見えるので、立ち往生。この問題は、次のボックスにはほとんど一意である。明らかにXLRコネクタには、デスクにかなりの混合にはまり込む。とにより、ケーブルのMFの性質上、私はいつもアイブ氏が今そこに入った9メートルのケーブルに別のものをプラグインすることができます。

私はあなたを聞く:なぜ保証の下でそれを返さない?さて、主に私は数週間で仕事のためにそれを必要とするので。オーストラリアのイムが、アメリカからそれを買ったのでまた、タスカムは明らかに文句を言わない、私は彼らにそれを出荷しても、私に戻ってそれを出荷。灰色の社外品を購入するリスクのザッツの一部が、半分の現地価格で、スタックケーブルが支払うために小さな価格です。ていない災害が迷惑。私は理由を理解するのに、そのまだ恥より多くの企業は、アップルなどを行うような世界的な保証を提供するカント。

結論

その素敵な、タフな小さな箱、そして今、私は最終的に、良好なXLRマイクから録音することができることを、私はカメラで、後に同期するため、両方のより良いサウンドを得ることができます。あなたはクリーンなサウンドが必要な場合は、これが行ってもいい方法です。現在、 Bの199ドルのために販売されている

ウェブサイト:

Iain Anderson is an editor, animator, designer, developer and Apple Certified Trainer based in Brisbane, Australia. He has taught privately and in tertiary institutions, and has freelanced for Microsoft and the Queensland Government. Comfortable with anything from Quartz Composer to Second Life and Final Cut Pro to Adobe Creative Su... Read More

Discussion

B_Watching
Hello and thank you for your clear in-depth review!
One question that still remains unanswered as I google this unit is how does it fair in overall syncing with a video file?
I know it supports BWF but it seems you can't select your flavor of timecode. Is this unit made only to work at 29.97? Can it work in 23.976? I work primarily with avid media composer. Usually in a 23.976 project audio will get pulled down so you'd what to be at 48.048khz unless you can specify the timecode in the BWF as 23.976.
I have seen the videos of sync tests with the zoom h4n and after 10 minutes audio drifts out of sync from picture.
Thank you in advance for your reply.
funwithstuff
Sorry it's taken me a little while to get back to you, and I'm afraid I don't have a good answer. As you suspect, I don't think you can specify a timecode on the device to compensate for drift. As I'm based in Australia, I work at 25.00fps all the time, so I've never had to deal with pulldown or slightly fractional frame rates. So far, in FCP X, my audio hasn't drifted from my synced video.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!