レビュー:お問い合わせ先用のサム・スペイシーのエピカベース、伝説のヴィンテージアナログベースシンセ

We've been told, "it's all about the bass"... and Sam Spacey's Epica Bass puts a vintage, analog slant on this thought by capturing some authentic legendary bass instruments for Kontakt users.  

サム・スペイシーは叙事詩、えー、エピカ仮想計測器の背後にある生産者であり、彼の最新作ですエピカベース 。劣らず叙事詩が、今回は完全に本物のヴィンテージウェアのサンプルで構成されるアナログベースシンセ楽器のプレミアムコレクション。このギアがで来るのは難しいですし、率直空間のエーカーを占めているので、これは、これらのアナログモンスターのが、すべての手間をかけずにサウンドを得るのに最適な方法だろうか?

Nuts and Bolts 

エピカ低音が魅力だけで販売されています

それは、お問い合わせ先、またはお問い合わせ先Playerで実行され、インストールプロセスが無痛です。モノラル、アルペジオ、マルチ、ポリフォニックと生の波:一度起動して実行、あなたはタイプの範囲をカバーする低音楽器の5つの別々の種類を取得します。あなたがロードどちらのパッチは、お問い合わせ先清潔で整頓された複数ページのインターフェイスで表示されます。メインページには、コントロールの多くが含まれており、簡単にトップに沿ってからアクセスする4つのサブページがあります。まずはあなたが振幅エンベロープの変化にダイヤルしても速度は、サンプル開始点、フィルター、アンプセクションに送信される方法を変更することができるアンプセクションです。

The main interface

主な橋渡し役

Mod and Filter Sections

Modのセクションは、次のとここにあります

[フィルタ]タブには、キー・トラッキングとエンベロープ量のコントロールと同様に、以下のフィルター・エンベロープのセクションがあり、次のと同様に、複数の種類のフィルタです。アナログ低音をフィルタリングするとすぐにその文字を変更する最も効果的な方法の一つであり、それ

Add some LFO to create dubstep bass wobbles

ダブステップのベースのウォブルを作成するために、いくつかのLFOを追加

Start up a Sequence

次の主要なセクションでは、アルペジエーターであり、これは、電子ベースの部品をliveningに最適です。それを切り替えて、モードを選択:ラッチ、正常または動的、およびステップ数やメモを繰り返す範囲を。あなたは順序がで再生されます順番や方向を注意ステップオンまたはオフにし、設定したレート、スイングの期間と量を回すだけでなく、どのことができます。あなたは、複数のノートを持っている場合は、それも一つのノートにかかわらず、これはいくつかの非常に興味深いものを行うことができます

The arpeggiator has an Auto Scale mode to eliminate wrong notes

アルペジエーターが間違ったノートを排除するためにオートスケールモードを備えています

Taking Effect

wasnそのすべてかのように

Some of the effects are special NI ones thrown in for free

効果のいくつかは自由のためで投げ特別NIのものです

プリセットといえば、彼ら

Bass in your Face?

モノラルパッチが巨大で、モノリシックであり、ポリフォニックなものは、高音域の音のために、これは結構ですが、低音の和音は、獲得した味のようなものであるため、音は、よりパーカッシブである良い仕事。遅延の使用を行い、プリセットの一部にbitcrushingとしてアルペジオは本当に生活に物事をもたらします。マルチのは、典型的には、その魔法を行うには、音の全く異なるタイプの混合、さらに大きな音を作るために複数のパッチをアップ層。最後に、生の波がまた一から独自のパッチを設計する肉に取得したい人のための利用可能です。

エピカ低音を忠実にいくつかの伝説的なハードウェアユニットのパワー・アンド・フィールをキャプチャ幻想的なサウンドの低音楽器です。それは、クラウトロックするEDMからすべて、より実験的なものに適して

価格:

長所:

短所:

ウェブサイト: タイム

Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!