レビュー:スパイアを明らかに

Are classic analog synth sounds you've always wanted to achieve with software plug-ins really possible? Darren Burgos explores Spire by Reveal Sound and finds it is more than the sum of its parts.  

ブロックの新しい高品質のシンセをtheresの。 ブラインドサウンドで尖塔が念頭に置いて一つの意図で作られた、バーチャル·インストゥルメントは、実際に鳴らすことができますどのように良いの挑戦の人々のビジョンは。私はイムを認めざるを得ないシンセ中毒プラグイン自称。私が持っている、またはMacで使用可能なほぼすべてのシンセを試してみました、と尖塔は本当に古典のいくつかに挑戦する能力を持って言ってイム幸せ。この偉大な新しい楽器を見てみましょう。

Pic 1: Spire interface


発振器

オフを開始するには、尖塔は、4オシレータシンセです。それぞれがクラシックバーチャル·アナログタイプ、ノイズ、FM、およびAMSync含む4種類のオシレータタイプに設定することができます。発振器の形状を作成するために使用される方法は全く異なるが、強力です。あなたがCTRLAとCTRLBというラベルの付いた2つのノブを使用しています。例えばクラシックOSC、コントロールノブをノコギリからの間の広場、すべての波を変更します。コントロールBノブが正方形または正方形の変異体を用いた場合にパルス幅を調整するために使用される。 FMモード振動子を使用する場合、一つのノブは、高周波電力、およびその他の変調周波数を制御する。あなたは、通常の発振器でサンプリング波形をブレンドすることができ、各オシレータにウェーブパラメータもあります。 FMを使用する場合、このパラメータは、その後のctrlノブによって調整することができる初期波音を設定する。

ES2または他のシンセを使用して精通している場合、あなたはすべてのノート機で発振器を再起動しても実際に音を引き締めることができることを知っているかもしれません。私は最初に私が実際にどこにもOSC再起動を見ていないときにがっかりしましたが、マニュアルをざっと見は、フェーズ·ノブは、実際にこれを実現していること(しゃれ)を明らかにした。あなたがそれを上げるときは、縦の赤い線は、発振器の両端に現れてください。どこにいて波を越えラインを設定すると、発振器の再開始ポイントです。

Pic 2: OSC section


フィルタ

一部の人々は、ローパスフィルタだけでローパスフィルタであると思う。ていないすべてのフィルタが同じように作られていることを伝えるためにここにイム。ほぼ同じようにギターアンプはギターの音/感じでこのような抜本的な効果を持っているでは、高品質のフィルターはシンセサイザーのオシレータのために同じことを行うことができます。スパイアで3フィルターのアルゴリズムがありますが、パーフェクトでは私の意見ではたくさんの星である驚くべきアナログ型モデルです。 3の集中的なほとんどのプロセッサが、パーフェクトフィルターの透明度は、多くのプラグインボードを描くに戻って開発者が持っている必要があります。非常に低い値でも、絹のように滑らかに。 Acido呼ばTB303モデル、およびInfecto呼ばアクセスウイルスのモデルもあります。ローパス、ハイパス、バンドパスとノッチ:3つの主要なフィルタ·アルゴリズムは、それぞれ4つの異なるモードがあります。

Pic 3: Filters


変調

4封筒、4のLFO、2ステップシーケンサー、モジュレーション·マトリックス、アルペジエーターを使うと、尖塔のパラメータを調節する方法が不足して文句を言わない。最初の封筒を見てみましょう。第二サスティン行程を追加してあなたの基本的なADSRを聞きしたい。彼らは私の耳には非常にいい音... idは、攻撃は迷惑なクリック/ポップを作成するようにきつすぎるタイトではなく、言わなければならない。彼らが作っ興味深い選択があなたのディスプレイ上で、それを調整するように、実際のエンベロープ形状を表示しないことです。私が最初にそれらを使用し始めたときのグラフィックしかし私は実際に更新してしまうが、それはしません!奇妙なことに、これは良いです...それはあなたの耳の代わりに実際の形状の形を見て調整することが強制されます。単に2つのターゲットのいずれかのメニューから選択して、任意のターゲットに封筒を割り当てるために、その非常に簡単。

Pic 4: Envelopes


のLFOは非常に強力です。あなたは無料またはホストテンポ、選択可能な波形、そしてあなたが望むどのようなパラメータをターゲットにする簡単な方法のいずれかに設定することができRateパラメータのようなあなたの基本を持っている...しかし、尖塔は、いくつかの方法で基本を超えています。 OSCセクションのように、フェーズ·ノブを使用すると、波形がそのサイクルを開始する場所のための特定の位置を設定することができます。それは簡単に上部または下部の領域に特異的に変調を集束することができる波形の中心位置を調整するためのクール対称ノブtheresの。また、ハイブリッド波形を作成するためにモーフスライダーを使用し、視覚的にLFOディレイを(フェードイン)を調整するための良い方法をtheresのことができます。

Pic 5: LFO


複雑なエンベロープを作成するための非常に強力なステッパーもあります。 (最大)16の各ステップのようにヤウドどんなパラメータを調節するために、シングル、ダブル、トリプル、4人ノコギリ/矩形波のような独立した形状に設定することができます。あなたは、尖塔強力モジュレーション·マトリックスウィンドウでターゲットにステッパーを割り当てる。それをすべての締めくくりには、theresのもスイングできるアルペジエーターです。


効果

エフェクト·セクションでは、提供するための非常に多くを持っています。優れたサウンドチューブ、歪み、そしてバリカンがロードされているシェイパーのセクションを含む。選択可能なステージとクールなサウンドの母音モードを持つフェイザーもtheresの。あなたの標準的なコーラス、そして非常に有能なディレイとリバーブユニット。

Pic 6: Effects


もっと

youllはまた/巨大な低音​​、グライド、若干アナログタイプピッチ分散のためのドリフトボタン、内蔵のマルチバンドコンプレッサー、EQ、様々なモノやポリフォニック·モード、コピーを作成するための偉大な優れたデチューニングとユニゾンセクションを見つけ重複した変調器、およびMIDIラーンの間に貼り付けます。

Pic 7: Unison and more.


プリセットとサウンド

内蔵の512のプリセットは、音楽のほぼすべてのジャンルのために有用である。ダブステップ、エレクトロ、トランスと確かに、しかし、興味深いことに、非常に2を紹介し、紹介のような暗いもっとアンビエントリード·サウンドのいくつかに触発されてアイブ。また、単にプログレ低音は調整のビットと、あまりにも幻想的なタイトなトランス/サイトランス低音になりという優れたプログレッシブハウス/トランス低音です。あなたが直接、他の人気のある32ビットのみシンセと比較することができフーバープリセットのカップルもあります!

Pic 8: Hoover presets


私は、この記事のサンプルとして作らクイックトラックHERESに。私は他のエフェクトや楽器と尖塔のみ使用...

[オーディオID = "22729"]


結論

長所: デモをダウンロードして今。これは、利用可能な最高のサウンドのソフトウェア·シンセサイザーのひとつです。単独のフィルタの明瞭性と品質が価格の価値が、歪みやチューブの効果はエネルギーと深さを追加し、インターフェイスは簡単なプログラミングになりますようにレイアウトされ、内蔵のプリセット(512)が多様で感動的であるされています。

短所:集中プロセッサ。すべての品質がしかしCPUパワーを必要とし、少なく集中的であるバージョンで動作し続けるサウンド公開する。全体のサウンドは、そのクラス内の他のシンセに比べて少し暗くなるが、その内蔵のEQで補正することができます。近日、尖塔は非常にいい内蔵パッチブラウザを持っていますが、今のところ、パッチの選択は、単一のドロップダウン·メニューを介して行われる。


ウェブサイト:

Darren started making music on computers when he was a teenager in 1987. His first computer was an Amiga, and when he realized the power of computer-based production, his addiction for making electronic music began. Darren switched to Mac in 1994 and started using Logic Pro. He's been involved in many music projects over the years incl... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!