レビュー:オラクル現代サウンドデザインライブラリ

Casey Edwards, the creator of Oracle, is best known for composing music for games like Killer Instinct 1 and Killer Instinct 2. Now you can get hold of his epic sounds in Oracle.  

youreのビデオゲーム、映画、あるいは商業組成をしている場合、エピックは、スコープ、テクスチャ、音の周りのすべての面で、必要不可欠である。最近、私はキラー本能1のようなゲームのために作曲した、エピックには見知らぬ人ではないケイシー·エドワーズとして知られているミュージシャン/コンポーザーからOracleとして知られているサウンドライブラリを、見直しさせた

Oracleは言って何かを持っている...

私はエピック、以前から、緑豊かな大気の主張ライブラリや流行語についての説明を読んだとき、あなたとレベルつもりイムは、私がイライラ。ありがたいことに、私はここで誤ったマーケティングの刺激を免れた。そのすべての緑豊かな、大気とエピック。ケーシーは、Oracleで提供されるパッド(私は見て常に最初にすることは)、忘れられない豊かで明確であり、かつ非常に少ない労力で暗い呼び起こす、あるいは天の感覚ができる。そして、youreの場合は、ゲーティングのためのステップ·シーケンサーのように迅速な変調ツールを提供ネクサスのようなメガシンセ、フィルタリングと厚いシンセの和音からリズミカルな効果を作成するのファン、喜んでイムはケーシーは非常に同じように動作し、シーケンサが含まれていることを発表する、およびプログラムには本当に簡単です。その言われていると、私は簡単にこの使用librarys範囲ははるかにゲームや映画のスコアを超えたと言うことができます。

Oracle

確かに、Oracleのスポーツの雰囲気を再作成驚くべきパッチのトンを、ドローン、およびすべての周囲はヤウドが期待聞こえる。しかし、あまりにも、そこにいくつかの本当に脂肪シンセがある。そして、これらのシンセはちょうどステップシーケンサーを超えて、いくつかの本当にクールな方法で調整することができます。たとえば、次のようにOracleには、フィルタ、振幅及びピッチに割り当てることができる非常に素晴らしい封筒をサポートしています。特別なルーティングは、場所を取らないだけで、下からピッチを選択し、例えば、アタック、ディケイ、リリース、などを変更した後、封筒がどれくらい抜本的なの半音単位で割合を押し上げる必要が。非常にシンプルな。

それはとても良いですね!

オラクルに付属のグラフィカル·インタフェースが素晴らしいです。それはいい...キラー本能の漠然と連想させる美的で、未来的な外観をサポートしています!小、黒の配線は後ろに表示され、非常に多くの原因を助ける本当にクールパネルを周囲にコイル。 EQセクションは素晴らしいです。ケーシーは、実際には本当に新しい特性、トーンとサウンド全体に付属のパッチのいずれかを変更する際の柔軟性の偉大な量を与えないもの、ゲイン、周波数と帯域幅を制御し、変更する機能を提供してきました。そして、あなたがうなり声を有効にすると、物事は本当に面白い得ることができます。

Pic 2

また、Oracleは強大な細かいフィルター、本当に精巧なエフェクト·セクションを遊ばす。コー​​ラス、フェイザー、LOFI、などのような効果を簡単にアクセスされ、有効になっています。しかし、その本当にここにいくつかの注意が必要リバーブ。ケーシーは私たちに、インサートとセンドエフェクトの両方として神託リバーブを使用する能力を与えている。 Oracleは、インパルス応答のトンが付属していますので、これは、非常にクールです。

Pic 3

結論

Oracleは、仕事の実際に研磨作品です。見て、供給されたサウンドと柔軟性が真にツールの仕事の馬のセットになることができ、このライブラリを作る。そして、含まれているパッチはとても慎重に両方の近代的なゲームだけでなく、現代の電子音楽の感触と音に合わせてきたので、あなたは安心することができ、これはそこに座ってほこりを収集し、購入することが文句を言わない。私は強く問わず両方の作曲家やエレクトロニック·ミュージシャンのためのOracleを見てみ奨励する。

価格 :175ドルUSD

長所 :素晴らしいパッチと非常に洗練されたインタフェース内の本当にクールなインパルス応答の大量。

短所 :ライブラリパネルには表示されません。

ウェブサイト :

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!