レビュー:オリンパスLS-12、高品質、携帯式のレコーダー

Will Olympus' LS-12 field recorder appeal to the serious and price conscious musician and engineer? Hollin Jones finds out if this lightweight, well-built option excels in its sound quality too.  

オリンパスは、カメラ用の、おそらく最もよく知られているが、同社はまた、携帯オーディオ録音デバイスの印象的な範囲になります。その最新の一つは、LS-12、記録用途の範囲に適し、コンパクトでありながら強力なデバイスです。あなたの手のひらの上で簡単に座って、それは軽量で頑丈であり、良好なビルドの品質を持っています。上部に低ノイズとライブやその他の大音量のイベントを記録するための130 dBperfectのSPLでステレオピックアップを提供する2つの高感度マイクです。内部的には、オーディオおよびシステム回路は、音の劣化を最小限にするために分離され、不要なバックグラウンドノイズのピックアップを削減を助けるために切替可能ローカットフィルターをtheresのされています。それは適切なアダプタ付きマイクスタンドやブームポールに取り付けることができますので、いい感じのように、ユニットはねじ山を持っています。

Two mics angled at 90 degrees provide stereo pickup.

90度の角度つのマイク、ス​​テレオピックアップを提供しています。

クランチ数

LS-12は、内部ストレージ32 GBまでの容量のカードを取ることができるSDカードスロットの2ギガバイトを持っています。これらは安価であるためには、ユニットで、最大96kHz/24bitの品質を記録しても、スペースが不足いつでもすぐに実行しないでください。他の低サンプルレートは、PCMのWAVモードで利用可能であり、それはまた、64 kbpsのまで320 kbpsのからMP3録音を行います。

ヘッドフォン出力やオンボードの再生のための後方に移植されたスピーカーを含む作業するためのポートの範囲があります。リモート入力を使用すると、オプションの記録トリガを接続することができますし、お使いのMacまたはPCに接続するためのミニUSBポートをtheresの。反対側にはあなたがマイクの別の種類や、CDプレーヤーや机からのライブギグを記録するための混合deskperfectからのフィードなどのラインレベルのソースを接続できるように、ミニジャックでの別々のマイク入力とラインがあります。

A dial lets you quickly jump to the right mode without messing about in menus.

文字盤には、すぐにメニューにふざけることなく、正しいモードにジャンプすることができます。

LS-12は、アクセス可能になるように設計されており、フィードバックが起こっていただきましたことを明確にする大規模でフレンドリーな液晶画面を介して行われる。フロントパネルにある便利な、ダイヤルを介してアクセスいくつかのモードがあります。クイックモードは時間が要因であり、スマートモードはあなたにカウントダウンを与え、自動的に録音をカウントダウン中に録音レベルを設定する、似たようなことをしたときに瞬時に記録することができます。手動モードでは、より実践的な録音レベルの制御を提供し、第四のダイヤルノッチは楽器をチューニングするための便利です内蔵チューナーを活性化させる。あなたを助けるために、LEDの点滅でさえメトロノームをtheresの。

結果

ヤウドが期待するような記録は、単純で、高品質でキャプチャされたものをナビゲートするためのメニューシステムは明確で使いやすいです。 Theresの前のテイク、可変速再生オプションとプリレコードバッファを監視しているときに録音し直すことができますオーバーダブモード。スリーエフボタンと便利なジョイパッドはメニューシステムを中心に簡単なナビゲーションを提供する。

LS-12は、音質と比較的エントリーレベルの価格を超えた機能を備えた優れたポータブルレコーダーです。 youreのは、記録のオンボード優秀で、外部ソースから取り込むことができる、使いやすい、よく構築レコーダーの後には、これは非常に堅実なパフォーマーである場合。

価格:

から:

長所:

短所:

Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!