レビュー:ModeAudio空力

Native Instruments' Massive is capable of some big and gorgeous sounds. To help you make the most of its capabilities, ModeAudio have a number of preset packs. Mo Volans checks out AeroDynamics here.  

ModeAudio高品質プリセットパックのよいコレクションを生成します。自社製品の多くは、大規模のものです。あなたが大規模な所有している場合youllはそのかなり複雑なシンセを知っていて、それがインスピレーションを得るためのプリセットの固体のライブラリを持っている配当を支払うことができます。空気力学は感情パッドとサウンドスケープを提供することを約束。それは、最大測定方法を確認できます

1 - インストールと第一印象

ModeAudioサイトのインストールからパックをダウンロードした後微風だった。あなたのほとんどはおそらくとして認識してプリセットパックは通常、迅速なプロセスので、同等のサンプルパックに比べて小さいです。

(Pic 1) The artwork for the Aerodynamics preset pack.

(写真1)空気力学プリセットパックのためのアートワーク。

かつて私のシステムで、私は単純にMassivesブラウザでプリセットフォルダに移動し、50のプリセットのリスト全体は、すぐに利用可能であったし、工場出荷時の音と同じように、それぞれが同じようにロードされた。ゼロ面倒。

(Pic 1b) The sounds loaded into Massive’s browser.

(PIC 1B)の音がMassivesブラウザにロードされる。

パックに含ま50 MIDIファイル、特定のプリセットに合わせた各1が実際に存在することを、ここで指摘してその価値。その確かにいい感じ、それぞれの音を確認するための良い方法。

2 - アクションの音

私は音が非常に再生可能であることが判明し、多くの作業は一般的にパッチに入ったかのように思える。変調とマクロ·コントロールがたくさんあり​​ますが、すべての重要なパラメータにマッピングされます。私は実際に音で遊んで多くの楽しみを持っていた。

(Pic 2) Searching through the patches.

(写真2)パッチを検索。

パッドからここにテクスチャを進化へのすべてがそこにある。いくつかは他の人が、それらのすべてが自然の中でかなりサイケデリックであることがよりメロディックである。彼らの多くは確かにいくつかのよく選ばれたリバーブやディレイなどのいくつかの余分な空間処理の恩恵を受けるだろう。

例にパッチを適用 -

[オーディオID = "26101"]

例にパッチを適用 -

[オーディオID = "26099"]

例にパッチを適用 -

[オーディオID = "26100"]

3 - 結論と思考

これらの音が優れており、丁寧に彫刻されてきたが、それらすべてが自然の中で冷やしたり落ち着いたことを期待してはいけない。私は実際にはもう少しゆったりとなるように、パックのタイトルから期待していた。

また、音のいくつかの複雑さは、その典型的なミックスに少し横柄のであなたが沼地標準パッドの収集のために払っていないと文字列は、ここで音を認識して行うことができる。

限り、あなたはあなたが買っているものを知っているように、あなたは何を得るに満足以上になります。プログラマはここに優れた仕事をして面白いと再生可能なサウンドのソリッドコレクションを作成しました。あなたが大規模なユーザーであり、あなたがあなたで動作するようにいくつかの余分な原料を探している場合はModeAudioでこのパックなどをチェックアウトするよりもはるかに悪い行うことができます。

価格:12

長所:お金に良い値、共通のテーマとうまく設計されたパッチは、

短所:忙しいミックスのためのいくつかの音は多分少し複雑すぎる

ウェブサイト: http://modeaudio.com/product/aerodynamics


Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!