レビュー:M-AUDIO M-トラックエイト

An 8-in, 8-out audio interface for under $400? M-Audio's new M-Track Eight comes bundled with Cubase LE, has XLR combos for all channels with Octane preamps. But does it make the grade? We find out.  

M-AUDIO M-トラックエイトは、あなたのDAWの内外両方のオーディオの8チャンネルを取得するために迅速かつ簡単な方法です。設計におけるそのシンプルさはyoureの探しものに応じて、あなたが笑顔やうんざりでしょうどちらか。私はそれでいくつかの時間を過ごし、HERESに私が見つけたもの

ビルド

M-track eight front—The M-Track Eight uses hardware controls for most functions and the knobs are fairly large.

M-トラック8 frontThe M-トラックエイトは、ほとんどの機能のためのハードウェアコントロールを使用し、ノブはかなり大きいです。

しっかりと構築されたデバイスのようなM-トラックエイト感じている。ノブは常に少しグラグラ感じたが、彼らは大きかったし、特にモニタ出力ノブは巨大で、急いでつかむのは簡単です。金属製のシャーシは、洗練されているとのすべての接続がしっかりときれいだった。監視ソースセレクタスイッチが原因ヘッドフォンジャック自身に自分のすぐ近くに従事することはほとんど困難であったが、youllはおそらくそのような大したことではないので、とにかくこれらのスイッチを設定し、忘れても。

アップと実行

M-Audioのは何のために知られている場合、その通常、デバイスがあなたを取得するには、ドライバやソフトウェアを必要とし、実行していると、M-追跡しないことをエイトも例外ではありません。私は、USBケーブルをフックアップ、それをプラグインし、私のシステムは、すぐにそれを認識し、メイン出力と同様のロジックでオーディオデバイスのためにそれを使用していました。 youreのはただ記録の世界に足を踏み入れる場合は、M-トラックエイトよりもシンプルデバイスを得る傾ける。あなたは文字通り箱を開けるの分以内に記録することができます。

裏と表

M-track Eight rear—The inputs are all XLR-1/4” combo jacks for convenience.

M-トラックエイトrearThe入力は便宜上すべてのXLR-1月4日のコンボジャックです。

M-トラックエイト上での入力のすべては、XLR-1月4日コンボ入力、最大の柔軟性のために素晴らしいですです。最初の2つの入力は、機器レベルに切り替えることができ、ユニットの前面には、各入力のためのハードウェア·ゲイン·ノブがある。あなた自身のDAWの中にそこに行くいただきまし構成するには、そのややあなた次第ので、出力12または34をミラーリングすることができます2ヘッドフォン出力があります。デバイス自体がヘッドフォンバスへの選択的なルーティング/ミキシングを行いません。

あなたは、直接/モニターミックス·ノブを使用して直接あなたの入力を監視することができますが、ミックス自体上の任意のコントロールを持っていけ。ショッピング左耳とあなたの右耳でさえチャンネル内の奇数チャネルの合計を取得する。あなたはボタンでこの和モノを作ることができますが、信号自体の入力段を変更することなく、個々の入力の音量を調整傾ける。

オクタンプリアンプはかなり清潔で、この価格クラスのデバイスのための十分なヘッドルームを持っている。彼らは、特に多くのサウンドを色付けいけない、とあなたは、M-トラックから抜け出すことは常にあなたが信号ワイズ、中に入れたものにかなり近いことになるだろう。

ソフトウェアパッケージ

M-トラックエイトは、あなたが本当に起動して実行ボックスを開く数分以内にすることができ請求を助けるのCubase LEfurtherの無料コピーが含まれています。 M-Audioはまたと提携しているWavesのオーディオ M-トラックエイトといくつかの本当に素晴らしいプラグインが含まれるように。これらはAudioTrack、クレイマー効果チャンネル、TrueVerb、L1 Ultramaximizer、とマニーマロキン遅延が含まれています。私は、私はすでにそれらのほとんどを所有していたとして、このレビューのためにそれらをダウンロードしなかったし、その品質を保証することができます。聞きしたいの良いプラグインや任意のオーディオパッケージに歓迎。

結論

全体的に、私はM-トラックエイトに感銘を受けました。 M-トラックが現在占有している価格クラス内の任意のオーディオインターフェイスでは、真にブティック(より高価な)インタフェースと比較した場合、いくつかの妥協があるように起こっている。賛否は間違いなくここに短所を上回るとM-トラックエイトは、スタジオ録音の世界に始めるために探している人のための強固な選択肢です。

価格:

長所:

短所:

ウェブサイト:

Matt Vanacoro is one of New York's premier musicans. Matt has collaborated as a keyboardist in studio and on stage with artists such as Jordan Rudess (Dream Theater), Mark Wood (Trans-Siberian Orchestra), Mark Rivera (Billy Joel Band), Aaron Carter, Amy Regan, Jay Azzolina, Marcus Ratzenboeck (Tantric), KeKe Palmer, C-Note, Jordan Knig... Read More

Discussion

Alex
I'm guessign Matt must have reviewed this using a Mac, as one of its biggest flaws is that it *does* require drivers on Windows, and even worse, the drivers are buggy, which makes it a disaster in professional settings.

This is a potentially excellent product spoiled, as are several of M-Audio's products, by buggy Windows drivers. Just look at M-Audio's own support forum or search online for M-audio Drivers Crash to see the scale of the problem.

It's very clear that M-Audio really needs to get its act together and hire driver experts to resolve the niggles before what should be trivial issues drag the company's reputation down the pan.

The 'tech support' staff really don't help - they just try to point the finger at anything else they can think of other than an obvious problem with M-Audio drivers.

Whatever the root cause, if drivers installed on otherwise smooth running machines from a wide range of users and situations cause them to fall over repeatedly and frequently, then the drivers are not fit for purpose.

Writing reliable drivers is perhaps one of the toughest software jobs to do, but that is what we are paying good money for, not a pile of bundled software tat that we could get as a cheap add-on if we really wanted it.

Good software drivers cope with real situations on real machines, day-in day-out. Sadly for those of us who have bought into the promise of their hardware, M-Audio's current drivers for the M-Track Eight do not do this.

The unit also gets very hot in use (and takes a lot more power than ought to be necessary). The line inputs go into clipping at rather low levels for 'professional' hardware.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!