レビュー:M-Audioの公理61

M-Audio's popular Axiom series of keyboard controllers comes in different sizes and with some nifty included software, too! G. W. Childs gives the 61-key version a thorough work-out in this review.  

あなたは今までの製品の大きな、または小さなバージョン間の選択を与えられたyoureの生活の中でそれらの瞬間を持っていますか?あなたの心は、一般的に私の経験では、大きな製品に向かって付き合えない。そして、これは悪いことではありません。大きいことは良いように表示され、ことのthats。

最近、私はM-Audioのから新しい公理MIDIコントローラーのいずれかを検討する機会を与えられた。公理AIRとして知られる現在の化身。エアラベルは以前はWizooとして知らAIR音楽テクノロジー、とM-オーディオのコラボレーションのために追加されました。実際には、ここで検討イム公理AIR 61、、今日、AIRの同梱され、ソフトウェアを点火する。音楽への新しい、あなたは右の箱から出して点火すると音楽を作り始めることができyoureの場合ので、これは素晴らしいことです。...または、あなたがPro Toolsのエクスプレスとして知られて聞いたことがあり、別のアプリケーションを使用することができます。うん、

しかし、ハードウェアのノウハウ?

Pic 1

ビルドの品質評価

M-Audioは、我々はそれらを関連付けるために使用薄っぺらなキーボードからの長い道のりを歩んできました。行が始まった以上の耐久性に感心されてアイブ以来アイブはオフとオンのAxiomシリーズを使用していました。ノブやフェーダーがしっかりと固定されてますが、優れた操縦性を持っています。私は実際には元の公理のキーボードよりもAIRの途中でつまみが好きです。まだ非常に添付された感じながら、これらのノブ上の動きが、はるかに絹のようである。

キーは、最高の気分。彼らは、Axiomのラインが既に知られていたことをアフタータッチと同じ半加重キーです。だから、電子音楽に入るピアニストをyoureの場合、youllはあなたがM-オーディオの競合によって提供springierキーを持つ場合よりも自宅で少し感じています。私が好きなもう一つは、キーがうまくコントローラの筐体に囲まれているということです。何かとオフ飛び出るに引っかかるばかりキーのない機会をtheresの。真剣に、混乱にこの事を少しアップする仕事しているつもりyoureの。

また、私はドラムパッドの上にM-Audioの賞賛を与えなければなりません。彼らは、最高の気分にうまく反応すると、見栄え...彼らはライトを持っている!

Pic 2


ライト、ライトの多く

M-Audioは、明らかに他の企業の多くは、もう少しミックスにキラキラ追加されたことに気づいた。そして、ライトのような正当な理由·ミュージシャンと...その事実。ザ

Pic 3


私は何を言うのですか?

これらの日、私は非常に多くのブティックのMIDIコントローラーになる傾向があります。しかし、私はM-Audioのそれをあきらめなければならないの。これはステージ上だけでなく、スタジオでよく役立つであろう非常にうまくまとめてコントローラです。あなたがそれを置く場所に、それは間違いなくクールに見えます。しかし、それはまた、Weveはすべての私達のコントローラと期待するようになっているいくつかの素晴らしい機能を提供しています。

本当にエッジの上に設定し、一つのことは、それが、Pro Toolsのドングルに付属しているという事実です。だから、コンピュータベースの音楽のこのウサギの穴にで取得したいyoureの場合、この小さなバンドルはあなたの世話をして、あなたの方法であなたを得るための素晴らしい仕事を行います。

さて、私はちょうどバックボックスでこの事を取得する必要があります。頑丈で良いです。しかし、パックには少し難しい!やれやれ!


公理61 AIRの詳細をご覧ください:

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!