レビュー:iZotopeのRX3とRX3アドバンストオーディオ復元スイート

Three years since the release of RX2, iZotope have upgraded their acclaimed & unique audio suite with more speed and capabilities. Matthew Loel. T Hepworth dives in to see just how good RX3 really is.  

数年前から、オーディオプロデューサーや法医学オーディオ専門家は同様に損傷録音を改善しても救出するiZotopeのRXに頼ってきた。今、ボストン、マサチューセッツ州のチームが大幅に多くの人にとって、必要不可欠なツールであり、プログラムを改善している、RX3にスイートをアップグレードした。 RX3が提供しているものを見ることができます。


インストールとアプリケーション

と64ビット互換およびMacコンピュータ(ユキヒョウおよびそれ以降)およびWindowsベースのPC(XP以降)の両方で実行するためのクロスプラットフォーム - RX3は32です。これは、iLokのと互換性があるだけでなく、ハードウェアのコピー保護を必要とせずにシリアル番号を経由して認可することができます。それは無制限の実地経験と買い手を提供し、10日間の試用モードで実行することができます。

RX3は、スタンドアロンのアプリケーションである、または修復モジュールは、オーディオユニット、VST/VST3、RTAS / AudioSuiteのプラグインとして実行することができ、そして史上初めて、AAXはフォーマット。これは、事実上あらゆる可能オーディオプログラムプラグインのリアルタイムRX3処理を提供する。


インターフェイスを探る

そのつや消しアルミニウムモジュールボタンとピンストライプとRX2は、見えた...よく...少し古くさい。しかしRX3インタフェースが一つの画面に統合され、プログラムのすべての要素と、現代美術の作品です。

The RX3 interface.

RX3インターフェース。


インタフェースの大部分は、各ビジュアル要素のバランスをとるためのスライダーを持っている波形/スペクトログラム表示、です。ズームおよび選択ツールは、タイムラインの下に配置されている。右に詳細を明らかにするためにズームすることができ、両方の周波数とデシベルスケールは、されています。

また、右側にモジュールです。モジュールをクリックすると、関連付けられている修復ツールを明らかにする。下部に沿って、youllは時刻表示、トランスポートコントロール、VUメーター、選択範囲、およびあなたの編集のバージョンの前と後のオーディションのためにすべての重要なアンドゥリストを見つける。しかし、RX3もその関連編集のすべてと一緒に音声ファイルが保存され、新しいRX文書フォーマットが含まれています。これにより、ファイルをロードし、すべての以前の編集内容を確認することができます。


波形とスペクトログラムを読む

それがオーディオの視覚化のための標準であるため、あなたのほとんどは、波形ビューに精通しているであろう。しかし、スペクトログラム、オーディオを参照するにははるかに強力な方法である。それだけでなく、時間的およびボリュームベースの要素が、周波数ベースの要素だけでなく、表示されます。ファンダメンタルズ、高調波、ノイズ、色調の要素のようなものは、文字通り画面から飛び降りると見ることは非常に簡単です。たとえば、図2のダイアログ·クリップを見てみましょう。

“The quick brown fox” as shown in the waveform/spectrogram window.

波形/スペクトログラムウィンドウに示されているように速い茶色のキツネ。


図2の一番左のボックスにはほとんど沈黙している地域を示していますが、オレンジ色の薄暗いスプレーは、ノイズやヒスを示しています。中央のボックスには、単語の茶色の基本と高調波周波数を示しています。一番右のボックスは、ワードキツネに強いXの子音を示しています。一度あなたが波形に含まれるオーディオ要素の種類を参照するのは、非常に簡単に、スペクトログラムを読んでのハングアップを取得。


モジュールとワークフロー

回復、信号処理、フォーマット変換:モジュール列が3つの領域に分割される。モジュールをクリックすると、コントロールパネルを開きます。

The Declip Module (left) and Compare Settings window (right).

Declipモジュール(左)と設定画面(右)を比較してください。


モジュールのほとんどは、プレビューを持っており、非常に便利なワークフローを可能にし、それぞれのボタンを、比較してください。工場出荷時またはユーザープリセットをリコール含むコントロールパネルの変更を加えるながらプレビュー]ボタンをクリックすると、音声を再生します。 youveはいくつかの可能な設定を行った後、比較ボタンをクリックすると、比較設定]ウィンドウを開き、オーディオの処理されたバージョンを保存します。次に、追加の変更を行うと、再び比較ヒットし、プロセスを何度も繰り返すことができます。次に比較の設定]ウィンドウを見てみましょう。あなたが編集を試聴したい場合は、リストから操作をクリックして、[プレビュー]ボタンを押してください。あなたが見つけたときの設定は、と幸せなyoureの、オーディオファイルに編集を適用するプロセスのボタンを押すか、さらに編集するためのコントロールパネルにそれらを再読み込みするビューの設定ボタンを押す。


選択を行う

グロスは、select-allコマンドを実行して、オーディオファイル全体に対して実行できる編集。しかし、より具体的には、多くの外科選択を必要とする編集する。選択ツールは出番厥

The selection tools.

選択ツール。


youllの時間ベースの情報以上のものを選択することがあるので、youllはまた同様に、周波数ベースの選択を行う必要があります。ホードは、Adobe、Photoshopを使用した場合は、youllはすでにこれらのツールのほとんどを理解しています。そこに投げ縄、マジックワンド、ブラシのようなツールがあり、選択ボタンを反転さえtheresの。プラス、あなたは簡単に音色の編集のために10までの高調波の選択を行うことができます。

Various time- and frequency-based selections.

様々な時間と周波数ベースセレクション。


復元プロセス

各モジュールの名前は、その修復強みをお知らせいたします。クリッピングを得たか。 Declipモジュールを使用します。ハムを得たか。削除ハムモジュールを使用します。各モジュールには、様々なオーディオの異常を修復する見事仕事をしていません。しかし、あなたはまた、iZotopeのは、通常2つの優しいパスを実行することによって、より良い結果を得ることを意味し、二段階の哲学を推奨している知っている必要があります。言い換えれば、1パスですべてのクリックを取り除くためにラジカル設定でDeclickerを実行していけない。その代わりに、残りのクリックを排除するために、別のを試して、その後、1優しいパスを実行します。アイブ氏は、健全であることが、このアドバイスを見つけました。 (しゃれが意図した。)


新しい原料

RX3は速いです!実際、私は7分のオーディオファイルに簡単なディクリック操作を実行しました。プロセスは、RX3はまだ、RX2にわずか45秒で90秒かかりました。実際には、コンピュータのCPUでRX3ハーネス、複数のコアを一つのモジュール内の処理、オーディオ、または多くの(自分のサードパーティ製プラグインを含む)でバッチ処理をyoureのかどうか。ほとんどの操作は、前の少なくとも2倍の速さであり、一部は同じくらい6倍高速です。また、RX3に直接録音することができ、かつ時間選択ツールと利得モジュールを使用すると、フェードインとフェードアウトの追加だけでなく、オーディオのセグメントをトリミングすることができます。また、複数のオーディオファイルを同時にロードすることができます。

あなたが得る他のさまざまな新機能は、あなたが持っているRX3のどのバージョンに大きく依存することになる。 RX3高度なDereverbモジュールだけでなく、ノイズ除去モジュール内の対話モードが付属しています。 (後者はダイアログの録音をクリーンアップの迅速な作業を行うのに対し、前者は、両方の電子と天然由来のリバーブが削除されます。)RX3とRX3の違い高度がここに見つけることができるの完全な比較は:

http://www.izotope.com/products/audio/rx/comparison.asp


結論

RX3は、このようなユニークなプログラムであるため、障害を見つけることはほとんど不可能である。それは本当にオーディオ修復と復元のための業界標準であり、両方の簡単かつ迅速に行います。ただし、いくつか欠けている部分があります。 RX3は、いくつかの基本的なオーディオ編集を提供しますが、全くクロスフェード編集をtheresの、またオーディオを逆転やボリュームエンベロープを追加するためにそこに施設である。 iZotopeのは、本格的なオーディオエディタであることがRX3のため意図していなかったが、私はそれが基本のいくつかのより多くを持っていたいです。

あなたは、修復救出、または録音のいずれかのタイプを復元する必要がある場合は、RX3は明らかに市場で最も強力なツールです。その私の無人島アプリの絶対つは、そのIDでそれなしで失われる。しかし、単にそれのための私の言葉を取るいけない... iZotopeのウェブサイト今日からトレイルのバージョンをダウンロードし、自分のために(と聞く)を参照してください。

  • 長所 :簡単、高速加工を施したユニークで強力なオーディオ修復は、サードパーティのプラグインを使用して、iZotopeの洞察プラグイン(のみRX3上級)、そして偉大な新機能が搭載されています。
  • 短所 :のみ最小限の基本的なオーディオ編集、RX3 Advancedでは、提供する機能は他では見られないが、それでも投資です。

  • コスト :RX3 349.00ドル、RX3は$ 1,199.00高度な。

9月27日までは、iZotopeのは、提供している

ウェブサイト:

Matthew Loel T. Hepworth

More articles by this author

MATTHEW LOEL T. HEPWORTH has been teaching music technology since 1984. The son of educators, he has the ability to thoughtfully instruct people to get the most from complicated music products and software. He authors the Cubase and WaveLab tutorials for macProVideo.com and authored several books including WaveLab 7 Power!, The Power i... Read More

Discussion

Chris Polus
Thanks Matthew.

I just learned from your article that the new modules Dialog Denoise and De-reverb are only available in the Advanced version of RX3, which disappoints me a bit. They made so much fuzz about these modules as new features for RX3, and now it's only available in the Advanced package, which is substantially more expensive.

I love RX2 and it saved many a file which was sent in my direction but it seems iZotope has changed their strategy. RX2 Advanced, which is almost 3.5 times more expensive than the normal RX2, was specifically for restoration specialists: Forensic applications, archivists, really special functionality for this user group with logging capabilities. At least that's how they marketed their advanced features back then. By now packing the cool new modules into only that Advanced version, iZotope basically seems to aggressively want to upsell people.

An upgrade to RX 3 Advanced costs about twice as much as people paid for RX2 full version. So what's new for people who just want to upgrade their normal versions? A new UI, statistic windows for RMS and peak levels, the new document format. All nice stuff, but nothing groundbreaking. Recording within RX3? Well, about every software package out there is able to do recording, so this was not really necessary as "feature". RX3 will not be my goto recorder. Their unique selling points are the new modules.

Also, iZotope putting the capability of applying plugins to audio selections into RX3, previously an Advanced only feature, isn't cutting it for me. Otherwise I would have bought Advanced before. I didn't need that feature then, so it's not a selling point for me personally. It seems like an excuse to have more meat in the normal RX3 upgrade. Let's just put a previously Advanced only feature into the normal version so it looks like more stuff.

RX3 is a great program and the UI overhaul is really nice! But paying for an upgrade for some eye candy and stats windows and leaving the REALLY new functions (unless you count UI as a function) to Advanced only, the package that's 3.5 times as expensive as the normal package is a little too aggressive from my point of view.
MattLTH
Hi, Chris, and thanks for writing a very thoughtful comment.

The price/performance ratio is something with which all capitalists have struggled. For example, a musician who shows up and plays the right notes is certainly marketable. But the one who shows up and adds essence and nuance that no other musician can will most likely (and certainly should) charge more for their services. How much more is be governed by various economic factors, not the least of which are demand and competition.

RX3 is certainly a powerful program, yet it has competitors in its price range. On the other hand, RX3 Advanced has virtually no competitors, and it's extra Modules (like the Dialogue Denoise and Dereverb) take years of research and development to perfect. That's probably the main reasons for a lack of competition: No one else has the requisite expertise and talent to create such unique signal processors. But the future is uncertain, and competitors are always lurking around every corner.

You and I have both pointed out that RX3 Advanced is an investment. But I feel that iZotope have created some truly revolutionary new Modules that are worthy of their price. (Actually, I feel that all software is under priced, but I digress.) Whether my opinion is accurate will be determined by market acceptance. But iZotope is also offering generous upgrade and first-time buyer discounts, and also bundling RX3 Advanced with their $499.00 Insight plug-in for free, thereby increasing the value of the package.

As consumers, we too are constantly weighing the price/performance ratio every time we lay down our hard-earned cash. Speaking only for myself, I'm a 'value hound.' I don't always buy (nor can I always afford) the most expensive item. But I ponder both the price/performance and cost/value ratios prior to every major purchase. That helps me get the most value for the least amount of money, which is the foundation of my investment philosophy.

While I'm quite sure iZotope will read your comment here, I strongly recommend you send it to them directly at support@izotope.com. They are a great company full of great people. They appreciate and respect the views of their customers and will likely respond thoughtfully.

Sincerely,

Matthew Loel T. Hepworth
The Logician
Excellent review Matthew. You cover all the bases and having used RX 1 Advanced in the past I am excited to upgrade and try this out on my next big post production project.

I agree. The price for RX3 is very modest and the features look to be aimed for most users. For those of us who need even the more "revolutionary" modules I'm prepared to spend extra. As a software developer myself, I know how much time and research can go into creating software. This is mostly not appreciated by consumers as the changes go more than skin deep!

Well done to iZotope for pushing the boundaries.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!