レビュー:iZotopeのオゾン6

Ozone has long been a favorite of mastering engineers both novice and professional. Will iZotope's Ozone 6 be as compelling as its predecessors?  

歴史的には、オゾンはゴーにソリューションプロのマスタリング結果を得るためにされてmanyhave thatforモジュールのコレクションとなっている。ただし、それらのプラグインを実行するために、ホストアプリケーションが必要でした。今オゾン6(オゾン6とオゾン6上級)の両方のバージョンは、スタンドアロンアプリとして、マルチモジュールのプラグインとして実行されます。オゾン6高度な別々のプラグインとして各モジュールを実行する機能が追加されますが、ダイナミックEQと呼ばれる偉大な新しいモジュールを紹介し、インサイト計量スイートが含まれています。

ニュールック

オゾン6はカリカリ、フラットiZotopeのエステを搭載した最新のプログラムです。ゴーンは、今よりミュートトーンに置き換えハイパーカラフルなテーマ、です。

The Ozone 6 stand-alone interface.

オゾン6スタンドアローンのインターフェース。

スタンドアロンバージョンでは、異なるトラック間の迅速な比較を行うことを可能にする、同時に複数のオーディオファイルを読み込むことができます。各トラックは切り捨てられ、色あせイン/アウトカーブの様々な、そしてダイナミクスと、様々な色調のプロセッサのような、最大6つの異なるマスタリングモジュールによって治療することができる。 (マキシマイザーとイメージャーを除く)すべてのモジュールは、ステレオまたはミッド/サイドチャネルモードで動作することができます。またtheresのサードパーティ製のプラグインを使用することができ、特別なプラグインモジュール。モジュールは、カスタマイズされた信号に再配置することができ、各トラックのために流れますが、youreのマキシマイザーを使用している場合、youllのは常にそれがチェーンの最後にしたいことを覚えておいてください。マスターI / O部メーターK-システムを含むいくつかのラウドネス規格のために構成することができる。

マスターI / O部の下にyoullのはバイパス、モノラル、(チャネル)スワップボタンだけでなく、MBITディザプロセッサを搭載ディザセクションを見つける場所ですオーディションセクションです。次にバイパスボタンに、youllは小さな人間の耳に似ているオートマッチゲインボタンを、見つける。それは元の(unmastered)ファイルと、現在、マスタリングバージョンの両方の音の大きさが一致するので、これはおそらく、オゾンの私のお気に入りの新機能です。これはバイパスボタンをクリックすると、あなたが本当にyoureの音の大きさの巨大な格差なしに適用するマスタリング処理に聞くことができますことを意味します。

イコライザーモジュール

2つの異なるモジュールが存在するように見えるかもしれないが、イコライザおよびポストイコライザは同一である。しかし、2のEQを持つことはあなたには、いくつかの特殊な治療を提供することができます。他のミッド/サイドの処理のためのMSモードであってもよい例えば、一方では、左右のチャンネルの独立したEQのためのLRモードであってもよい。両方のイコライザはパラグラフィックEQの8バンドまでを提供。各バンドは個々のフィルタ形状の幅広い選択肢があり、全体のモジュールは、アナログまたはデジタルモードで動作することができる。デジタルモードでは、あなたのマスタリングのために非常に望ましい線形位相、とあまりカラフルなフィルタを提供しながら、アナログモードでは、アナログ·モデリングさ風味非線形位相曲線を提供します。デジタルモードでの間は、無着色、まだ高精度なフィルタ応答のための手術モードに形状を設定することができます。

またtheresのあなたはマスタ​​ーしたファイルにその曲線を適用した後、任意のオーディオファイルのEQカーブを分析することができ整合部。ピカソが言ったことを覚えておいてください、良いアーティストはコピーし、偉大な芸術家は盗む。マッチングセクションでは、正確にそれを行うことができます!あなたが感じるその本当に面白い分析する音楽は高音質を具現化し、独自の録音をその色調を適用します。

ダイナミクスモジュール

ダイナミクスモジュールは、4バンドコンプレッサー、エキスパンダー、およびリミッターです。多くのオゾンモジュールと同様に、それは無料のポイントでクロスオーバーを配置した後、オーディオの周波数スペクトルを分析するユニークな学習機能を備えています。その後、個別に各バンドのダイナミクス·コントロールを調整することができます。ピークおよびRMS検出モードと同様に、音声のエンベロープを追跡し、それに応じて反応するEnvのモードが存在する。これは非常に自然な圧縮応答を作成します。

マキシマイザーモジュールは、3つの異なるIRC(インテリジェントリリース·コントロール)モードを備えたマスタリングリミッターです。 IRCIはircIIのはパーカッシブな計装で最適に動作し、IRCIIIは最も複雑かつアグレッシブモードで、非常に穏やかな放出を提供する。実際に、それは制限の調性をカスタマイズすると4つのカスタム·ティンバー資質が含まれています。

ダイナミックEQモジュール

この革新的な新しいモジュールは、オゾン6高度が付属しており、アイブ氏は長い間、このタイプのプロセスを開発するために誰かを待っていた。ダイナミックEQモジュールは、イコライザおよびポストイコライザのフィルタ形状と位相応答の多くが4バンドイコライザーと株です。何他のすべてのEQから離れてそれを設定すると、各バンドのための動的な設定である。確かに、(ダイナミクスモジュールのような)マルチバンド圧縮器は、広い周波数スペクトルの出力を作ることができる。しかし、Dynamic EQは、その閾値が破られたときあなたが圧縮(または拡張)を適用、その後、特定の周波数帯域を中心にしきい値レベルを設定することができ、非常に狭い帯域にわたって信じられないほど正確な音色のコントロールを提供しています。たぶん、あなたは、クラッシュシンバルはハイエンドが横柄に感じさせるまで輝かしい鳴り気息ヴォーカルとが混在している。ダイナミックEQで、オゾンは、そのためのソリューションを持っています。

The Dynamic EQ control panel.

ダイナミックEQのコントロールパネル。

エキサイターモジュール

エキサイターモジュールは、往年の聴覚エキサイタを彷彿とさせる高調波の興奮を提供していますが、他の治療の非常に広い範囲を持ってすることができます。それは暖かい、レトロ、テープ、チューブ、三極管、およびデュアル三極管などの励起の6フレーバーを持ち、後者の3つは、すべてのプリアンプ管(バルブ)の飽和効果からモデル化されている。モジュールは、オーバーサンプリングオプションと一緒に、個々の量およびミックスコントロールと4バンドを持っています。あなたは、かなり強力なコンピュータを持っている場合、それがエイリアシングの可能性を排除することができますので、Idはオーバーサンプリングを有効にすることをお勧め。

イメージャモジュール

イメージャモジュールは、4つの周波数レンジのステレオイメージを広げるか、狭めることができ、4バンド空間制御プロセッサである。それはまた、適切な位相整合を維持しながら、オーディオトラックをモノにステレオイメージを与えるStereoizeコントロールを持っています。 youllはまた、位相相関メーターとポーラーサンプル、極地レベル、およびリサージュ(オシロスコープ)視覚的なフィードバックを持つ非常に有用なベクトルスコープを取得します。 (ベクトルスコープと位相相関メーターは関係なく、常にイメージャは、信号の流れに置かれている場所の、オゾンのメイン出力をタップしている。)

The Imager module control panel.

イメージャモジュールのコントロールパネル。

いただきましたが見つかりません

いくつかの長年のオゾンのユーザーはリバーブモジュールを見逃す可能性があります。それは偉大な響きのリバーブだったが、ほとんどのマスタリングエンジニアがマスタリング処理中にリバーブをかけていけない。でないものについては、自分の好きなリバーブを適用するとプラグイン·モジュールをtheresの。その他は、Advanced版ではメーターブリッジについて疑問に思うかもしれませんが、それは、Insightで置き換えられました。 Insightは、プラグイン独自のかれているので、そして、それは、任意のプラグイン可能な宿主で使用することができる。

結論

オゾン6のスタンドアロンバージョンは、任意のプログラムで音楽を生産している誰もが、プラグインの機能を持っていない可能性があり、そのため、特にマスタリング筋肉を提供しています。それが唯一のフェードやファイルのトリミングを提供するためにとは言え、オゾンはまだ、オーディオエディタをイマイチ。位相補正、トラッククロスフェード、および(AACやFLACなど)、非線形のファイル形式のサポートのような問題については、youllのはまだスタインバーグWaveLabをソニーSound Forgeのような専用プログラムが必要です。しかし、チャンスはオゾン6のユーザーは高度が既にオーディオエディタを持つことになりますので、スタンドアローンのアプリではなく、オゾンのプラグインを使用することである。

その前駆細胞と同様に、ヤウドは、それが初めてのユーザの欲望をあかすために直感的な操作とファクトリープリセットの負荷とともに、専門家の需要を味付け深さと複雑さを有するオゾン6よりもより完全なマスタリング·ソリューションを見つけるのは難しい - 押されたこと。かかわらず、youreのが現在使用して他のプロセッサの、オゾン6は、ユニークなソニックの治療と潜在的なマスタリングの富を提供します。

価格 :オゾン6、249.00ドル、オゾン6高度な、999.00ドル

  • (今から11月13日、2014年までは、価格はそれぞれ199.00ドルと599.00ドル、である。)

長所 :優れた音質、スタンドアロン動作、使いやすく、そしてEQのマッチングとDynamic EQは、のために死ぬことです。

短所 :WAV形式、無DDPのサポートでのみ輸出。

ウェブサイト :

AskVideoチュートリアル :

Matthew Loel T. Hepworth

More articles by this author

MATTHEW LOEL T. HEPWORTH has been teaching music technology since 1984. The son of educators, he has the ability to thoughtfully instruct people to get the most from complicated music products and software. He authors the Cubase and WaveLab tutorials for macProVideo.com and authored several books including WaveLab 7 Power!, The Power i... Read More

Discussion

Jerry Flattum
Hey Matthew, no one seems to have commented yet so let me be the first to tell you what an excellent article you wrote. You managed to discuss technical details while maintaining clarity and simplicity. That has got to be your educator background!

How well do you know Pro Tools 11 and Logic Pro X? If you know these programs, I'd love to read any articles you may have written and talk with you further on recording/production issues.

Anyway, thanx for a great article on Izotope. Mastering is the "secret" of the recording industry and no doubt many a mastering engineer blow out the frequency spectrum when it comes to the thought of a mastering suite in the hands of novices.
MattLTH
Thanks, Jerry. I'm really glad you enjoyed the review of Ozone, and thanks for taking the time to tell me so.

As for Pro Tools and Logic, I'm not nearly as well-versed on those programs as I am with Steinberg (like Cubase and Wavelab) and iZotope products. Fortunately, we have great authors like Bill Burgess, Jay Asher, Joe Albano, and Mike Watkinson writing reviews and tutorials that might be right up your alley.

I'm sure you're correct that many professional mastering engineers get nervous when they see so many incredible products (like Ozone) that bring mastering treatments to the masses, and at remarkably low prices. But I always remind my customers that when it comes to getting a great sound, "It's not the gear, it's the years and the ears that make the biggest difference." Be that as it may, what wonderful times we live in to have such amazing software and hardware, and to be able to use them to maximize the sonic potential of our own sonic and musical material.

All my best,

MattLTH

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!