レビュー:IKマルチメディアIRIGパッド

Who doesn't enjoy banging out beats on pads? While these were once expensive, the cost of pad controllers has dropped and IK Multimedia's new iRig Pads brings pad control to iOS, Mac & PC.  

あなたのソフトウェアと対話する、これまでより多くの方法を与えるために、IK Multimediasクエストはのリリースでたちまち続けIRIGパッド 、Mac、WindowsパソコンとiOSデバイス用の移植性の高いパッドコントローラ。周りにそれはその仕事をしたかを見るのは興味深いだったので、この小さな驚くほど少数のパッドコントローラーもパッド付きのMIDIキーボードがたくさんあり​​ます。タッチスクリーンはかなりクールであるにもかかわらず、多くの人々はまだビートやメロディーをプログラミングするときに本当のパッドを使用することを好む。

iRig Pads, picture 1

外観と雰囲気

ユニットは非常に軽量でありながらうまく構築されており、ケーブルのカップルが付属しています。最近のすべてのiOSデバイスに接続するためにライトニングケーブルをtheresのとMacまたはPCとデバイスに接続するためのUSBケーブルは、クラスに準拠しているので、ドライバは必要ありません。 theresのない30ピンケーブルは付属しないが、時間が経つにつれて、ますます少なく人々がそれらの古いデバイスを使用してしようとしている、とケーブルを使用すると、1が必要な場合は注文するために利用可能である。このようなすべてのデバイスのようにそれだけで実際にバッテリーを消耗しないように互換性のあるアプリが起動されたときに付属していますが、それはあなたのiPadやiPhoneから電力を引き出す。それコンピュータから完全に権力とiOSで使用する場合、あなたが素敵な感じです水切りお使いのデバイスのバッテリーイマイチなので、電力を提供するためだけでなく、USBケーブルを接続することができます。 Theresのは、より表現力豊かなパフォーマンスのためにペダル入力を維持する。

フロントパネルの3つの異なる色のバックライトを各16タッチセンシティブパッドで、あなたが速度とオクターブ、MIDIチャンネル、プログラム·チェンジ、CCとより多くのの設定のような追加のコマンドを実行することができますし、聞きしたいこともで標識されたので、パッドはそれぞれが二次機能を持っているノート値。右上のプッシュ·ツー·入力し、2アサイナブルボタンと2つの編集機能ボタンとデータダイアルである。左側に2つのプログラマブルMIDIダイヤルと素晴らしい追加され、より柔軟全体としてユニットを作るプログラマブルスライダーがある。

iRig Pads, picture 2

ビートを作る

あなたが独自のマップを設定することができますので、ローカルに保存することができ16ユーザ·プログラマブルMIDIシーンがあります。私はいくつかのアプリでそれを試し、それが適切にロジックPro XのとReasonにそのコントロールの多くをマッピングする、箱から出してうまく働いた。 iPadでそれはのSampleTank無料のようなIKS独自のものでGarageBandので、もちろん正常に動作するように見えた。 Theresのは、実際にハードウェアに付属しているものの負荷は、主にオンライン登録後にダウンロード可能。また、今後のアップデートでグルーブを2とDJリグと互換性がありますし、これらも同様に自由だけでなく、有料のバージョンがあります。

iRig Pads, picture 3

お使いのMacまたはPC上では、のSampleTank 3 SEをダウンロードすることができ、これは400の楽器と150のMIDIパターンを含む6.5ギガバイトコンテンツが付属しています。登録はまた、グリッド、またiOSアプリ内で使用することができる50の追加の楽器のコレクションのロックを解除します。 youreのはあまりにも、あなたがそのようなループやものを起動することができ、パッドを定期的に楽器を演奏に限定されるものではないので、溝とDJアプリの内部パラメータを制御するパッドや他のコントロールを使用する能力は、ボーナスです。これはあなたのiOSデバイスまたはコンピュータ上で再生、より自然なスタイルを開き、あなたの方法であなたを取得するためにいくつかの良いバンドルされたコンテンツが付属しています偉大な小さなコントローラです。その非常にポータブルで少し設定アップがyoullの時間がない中であなたのお気に入りのソフトウェアを制御することで。

価格:

長所:

短所:

ウェブサイト:

Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Frank
How can you call this a review ?! It merely describes the functionality which i could have read myself on the manufacturers website.A review is supposed to describe the pros&cons based on actual experience with the product.Like, if your reviewer had put any effort in it besides c&p the marketing blurb, he would have noticed the general poor quality of the pads which is mentioned in other reviews around the web..
Rounik
Hello Frank,
Yes, we call it a review as Hollin reviewed it. You're welcome to your opinion of course... but he describes the performance of the unit sufficiently.

Do you own a unit? I have one and I'd say the pads surprised me. Sure, they're not Akai or Maschine standard, but this is a sub-$150 bit of kit, so a comparison might have been unfair at this point.
Rounik
Oh hello again Frank. I just saw your next message which I'm not going to post online. In fact I've marked it as spam.

Just to be clear, I didn't post your first comment for no other reason than I didn't approve it personally until just now.

Secondly, I don't appreciate your general critical tone about our reviewer, claiming he's copying and pasting from the developers website, or that we're censoring comments, nor on how we choose to run AskAudioMag.com as a free service for musicians and producers.

My general rule is to keep things as transparent as possible, which you'll see if you follow our FaceBook page.

If you don't like a review, that's fine. You're welcome to comment and let us know what you think we can do better, or disagree with our verdict based on your own experience. But, you don't have the right to make frankly silly claims about an author and call their integrity and our site into question.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!