レビュー:フォステクスPX-6モニター

The sub $1,000 per pair monitor category is heating up, and that's great for the consumer. Matt Vanacoro investigates how the Fostex PX-6 monitors stack up in this full review.  

任意のプロジェクト·スタジオでは、あなたのモニターは、バックがここに歯車の一部を停止し、真にある。あなたは世界でのプラグインの中で最も印象的なスイートを持つことができ、あなたのモニタースピーカーが異常な方法でサウンドを着色している​​ならば、まともなミックスを作り上げるのあなたのチャンスは、おもちゃの弾むを見つけることの私の4歳のチャンスと同じくらい良いです私は彼に、先週買ったスティック(注:彼の部屋は素晴らしい混乱ですそのことは歴史である。)。

PX6-Front

特長

フォステクスPX-6プロのモニタースピーカーは、PX-5のモニターの大兄弟ですが、6.5インチのLFおよび1インチのHFドライバーと。彼らは、電力の約78ワットを汲み出すし、それらを正確かつきれいに音を再生に役立ちますそこにいくつかのユニークなDSPがあります。背面のXLRコンボ入力だけでなく、アンバランスのソース用のRCA入力があります。

LED強化ロータリーノブは2つの機能を提供しています。その下のスイッチを使用すると、音量や音色の調整を切り替えることができます。ノブ自体もボリュームを設定するときに粗調整と微調整のどちらかを選択できるようにするボタンです。あなたはEQを使用している場合は、クリック可能なホイールは低音域と高音域の周波数の間に調整されます。

電源スイッチも背面に配置されている(ウーたちに使用しないときは?すべての電源をオフにしたいパワーセーバーを認識しようとしてモニタリング会社である場合)私はユニークな省電力モードを知ったまで、私は不便であることが判明PXスピーカー。これらは、無信号の4時間後に0.5ワットの消費電力を低減する自動スタンバイモードを有している。

PX6-Rear
one of my favorite features of the PX-6 monitors is that when you turn them on, it uses an ‘auto fade in’ function.

電力のテーマにあったが、PX-6モニターの私のお気に入りの機能の一つは、あなたがそれらの電源を入れたときに、それが関数内で、オートフェードを使用していることです。これは自動的に徐々以前に保存した音量に復元し、あなたは電源投入時に、スピーカーへのポッピングや損傷を回避するのに役立ちます。

サウンド

モニターは、そのハードが良いか悪い響きとして最も遠い縁上のものが、任意にラベルを付けるような主観的な製品です。最後に、どのような音で、最も重要なのは、これは私はすぐに私の完成したミックスに得るのを助けるのですか?私は個人的にPXは非常に鮮明でオープンであることが監視した。私は途中でに私が欲しかったすべての詳細を聞き、上端は間違いなくきれいだった。限り低い周波数として、私は私が低音が十分に定義されたと感じた場所にそれらを得るために背面に少しEQを調整する必要がなかった。つまり、またはそれだけに使用イムとは異なる音に慣れる私の耳だったかもしれない(彼らは物理的に、私は自分の部屋が既にのために設定したモニターよりもはるかに小さい)部屋の中でそれらの私の配置をしなければならなかったかもしれない。いずれにせよ、私は私がPX-6のモニタでミックスし、その結果に満足している可能性が自信を持って感じた点にそれらを調整することができました。

結論

サブペアモニタカテゴリごとに千ドルをヒートアップされ、それが消費者のために偉大なことを意味します。 PX-6のモニタは、この価格帯では良い選択であり、彼らはこのサイズ/価格クラスで他のモニターに有利に積み重ねる。

価格:

長所:

短所:

ウェブサイト:

Matt Vanacoro is one of New York’s premier musicans. Matt has collaborated as a keyboardist in studio and on stage with artists such as Jordan Rudess (Dream Theater), Mark Wood (Trans-Siberian Orchestra), Mark Rivera (Billy Joel Band), Aaron Carter, Amy Regan, Jay Azzolina, Marcus Ratzenboeck (Tantric), KeKe Palmer, C-Note, Jordan Knig... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!