レビュー:FocusriteのiTrackのドック

With iPad software becoming more powerful all the time, Focusrite reckons it might have the studio hardware to complete the package… Hollin Jones checks it out.  

iPadのプラットフォームは、その創設以来、4年後には驚くほどのスピードで成熟したと、我々は今、適切な音楽制作がこれらのポータブルデバイス上で行うことができるように十分前進するコンピューティング·ハードウェアやアプリケーションが利用可能な状況に自分自身を見つける。問題は、それから、もちろん、接続のようになります。アップルは、この貴重な少しを提供してもあなたの雷や30ピンのポートの仕事に接続し、オーディオやMIDIデバイスが、これらは定義によってかなり基本的なオーディオやMIDI I / Oを提供することに限られている

Focusrire iTrack Dock

ドッキングステーション

iPadのドックのコンセプトを入力してください。これは新しいものではありませんが、市場で唯一のカップルは、現時点で存在する。 (からいくつかを含むUSBインターフェースの増加に伴いFocusriteの彼らはあなたのMac、WindowsパソコンとiPadで動作するという意味クラス準拠の取得)、iPadのドックは、あなたの注意を正当化するために少し難しい仕事をしている。実際、iTrackのドックはいないものと、代わりにコンピュータのほとんどを使用するように設計されています。また、iPadで音楽を作ると行く人間工学的な問題に対処しようとしている。つまり、リンゴのUSBカメラ接続キット·ソリューションは、特にエレガントではないこと。

"It seeks to address the ergonomic issues that go with making music on an iPad."

iTrackのドックは、軽量でありながら、固体であり、任意の第4世代を意味ライトニングを搭載したiPad、またはそれ以降の大規模なiPadや任意のアプリのミニで動作します。ポートがiPadの、モデルに応じて、異なる高さになりますので、ユニットのライトニングコネクタは、上下に移動することができますまたは下にフィットする。ミニ保持領域のほぼ正確にサイズですが、それはまだしっかりと保持されており、このアプローチはうまく動作しますが、フルサイズのiPadは、その境界を越えて延びている。 30ピンコネクタを備えた以前のiPadのユーザーは残念でしたが、あなたは、少なくともライトニングが今後数年間のためにサポートされると仮定することができます。ドックは厚めのiPad 4を収容するのに十分深く、より新しい、より薄いモデルのため、わずかに床を上げる装備が付属しています。

裏と表

iPadは多くの情報が単一の雷接続を介して流れることを可能にし、iTrackのドックは本当にあなたにプロオーディオ接続の範囲を与え、その単一のポートに、それらすべてをルーティングすることにより、その可能性を利用する。その接続した状態で、それはまた便利である、あなたのiPadを充電します。背面パネルには、オーディオとMIDIレコーディングに不可欠なポートがあります。詳細にそれらを見てみましょう。

"It uses the same Focusrite mic pres as found in the company’s Scarlett audio interfaces and offer crystal clear recording quality."

二つの入力の各々のための代替接続として使用できる2つの任意のファントム電源付きXLR入力、ライン入力がある。 companysのスカーレットオーディオインターフェイスやオファーのクリスタルクリアな記録品質で見られるように、これらは、同一のFocusriteマイク圧力を使用しています。内部のサンプリングは、ギターをプラグインすることが最適ですヘッドルームの多くが付いても楽器入力ジャック、最大24ビット、96kHzのとtheresので行う。ステレオモニター出力は、ダイナミックレンジの105デシベルを提供し、専用のレベルコントロールを持つ単一のヘッドフォン出力を得る。

Rear of the Focusrite iTrack Dock.

親切にも内蔵され、ダイレクトモニタリングがtheresの。任意のデジタル録音の設定と同じように、サウンドを再生して、ヘッドフォンやモニタースピーカーを介して戻って聞い間に遅延が発生することができます。ダイレクトモニタリングは、ソフトウェアに渡されて前にあなたにそれをフィードバックすることによって、これを排除します。そのモダンレコーディング·インターフェースの多かれ少なかれ本質的な特徴、および、ここで歓迎、それは非常によく行うように取り組んでいます。

シンプルなコントロール

前面パネルには、大型モニターレベルつまみだけでなく、前述の監視とヘッドフォンのコントロールをスポーツ、また入力の両方のためのノブを得る。これらは、レベルを表示するために、各1の外側に色の光を提供Focusritesゲインハローシステムを使用しています。緑がよく、赤はyoureのクリッピングと少しオフゲインをバックアップする必要があるということです。 LEDメーターがなく、スペースの制約が与えられることになるので、これはかなりのように柔軟ではない、それは完璧に動作し、視覚的な乱雑に保存します。

Even cats like the iTrack Dock.

iTrackのドック可能なオーディオデバイスですが、それはまたのMIDI機能を備えています。背面パネルには、キーボード、ドラムパッドやパッドコントローラーのようなMIDIコントロールデバイスを接続することができますその中に女性のUSB接続です。だけでなく、のDAWへMIDI信号を渡すなど、シンセやiPadで実行されている他のアプリでは、彼らがCoreMIDIの互換性、また、これがパワーMIDI機器も提供される。ほとんどのMIDIコントローラはUSB経由で電源をサポートしていないので、これは素晴らしい付加である、あなたのセットアップから1以上の電源アダプターを省略できることを意味します。 FOCUSRITEでは、MIDI用のiPadにコンピュータをリンクするためのワイヤレスMIDIまたはアダプタケーブルを使用しておらず、これが真の間、どちらも直接接続されたコントローラを使用するなど、エレガントであることができると述べている。

使用中で

私はアプリ、CubasisのためのGarageBandでiTrackのドック、無料のFocusriteのテープのアプリとAuriaをテストし、それはそれらの各々良好に行わ。ダイレクトモニタリングオプションに手間のかからないおかげで、USB経由で電力を供給し、オーディオを追跡する私のMIDIキーボードからシンセをした再生時には待ち時間がありませんでした。あなただけのコースの2のオーディオ入力を取得し、多くのiPadアプリは現在、同時にこれ以上のオーディオトラックの録音が可能であるが、計算された上で記録を多くの人がボ​​ーカルとギターキャプチャ、一度に1トラックをオーバーダブではなく、追跡されます全体ドラムキットなので、私はユニットの移植性、与えられた問題としてこれを参照してくださいいけない。あなたが本当にしたい場合は、常に外部ハードウェアによってサブミックスのステレオなどの複数のトラックを録音することができます。

最終的な考え

"The iTrack Dock is a very compact and elegant way to record audio and MIDI on your iPad."

何youreのは、ここで取得すると、コンピュータに依存しないthatsのiPadのプラットフォーム用のスタンドアロンのレコーディングソリューションです。あなたはおそらく、コンピュータを所有していても、iTrackのドックはiPadでオーディオとMIDIを録音し、大騒ぎの最小限とし、約ぶら下がっ左できるだけ少ないケーブルでバックモニターするための非常にコンパクトで洗練された方法である。それは間違いなくiPadの中心のスタジオの基礎としてだけでなく、ラップトップを所有していないか、彼らと道路上の高価なラップトップを取るしたくない場合があり、移動中に音楽を作る人々によって使用することができる。オーディオとMIDIを追跡し、バックモニターするために必要なすべてで、これは、任意のアプリを所有しているミュージシャンのツールキットには絶好のに加えている。

Price: $199 USD / £169 GBP

長所:軽量でよく構築。 I / Oの良い選択ダイレクトモニタリング。 MIDIコントローラーを接続し、電源をオンにします。

短所:MIDI経由でコンピュータに接続する直接的な方法。事前ライトニングのiPad対応していません。

ウェブサイト: www.focusrite.com

Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!