レビュー:FabfilterプロDS

Sibilance can be a major problem when recording vocals, regardless of your studio setup. Hollin Jones puts Fabfilter's Pro-DS de-esser to the test on some suitably hissy sounds in this review.  

アイブ氏はいくつかの時間が今のプラグインのFabfilters増え続ける範囲のファンだった。 (私はボルトとLEDのラック機器の一部のように見えるようにしようとしないことを意味それによって)異なる素材による模造の要素の任意の種類を避けることで、実際に複雑な処理タスクが容易になりますだけでなく、彼らの偉大な音のおかげでなく、その使いやすさと優れたデザイン、理解しています。それだけではなく審美的なことは、そのことFabfiltersのものは滑らかな、うまく設計され、敏感に感じている。

プロDSはFabfilter安定とそのインテリジェントなディエッサーに加え、最新です。歯擦音は素晴らしいマイクとpopshieldsを使用してyoureの場合でも、記録に問題がある、とより多くのように、ご自分の設定が恒星よりも小さい場合にすることができます。ディエッサーは、選択的に、彼らはあまりにもかんしゃく取得するときに記録のsの音を軽減しようとするために、高い周波数の非常に狭い範囲を圧縮する処理のことです。

プロ-DSは、MacとPC用の32ビットおよび64ビットバージョンでは、すべての主要なプラグイン·フォーマットで提供されています。それを使用する最も一般的な方法は、通常、単一のソースでボーカルであり、あなたがシングルボーカルモードにそれを置くことができ、これを行う。検出されたゲイン·リダクションをスケーリングするためにでキック、レンジダイヤルをディエッサーするレベルを設定するには、しきい値のダイヤルを使用してください。ディエッサーが起き始めるとどのくらいでどこに二人の間を制御することができます。これは簡単にグリップを取得するようにするには、弱毒化されている信号だけを聴くことができオーディションサイドチェインボタンをtheresの。また、ディエッサーがトリガーされている周波数範囲としきい値レベルと先読み時間を選択するのに役立ちますオーディショントリガボタンを選択することができます低域と高域通過フィルタセクションをtheresの。

プラグインはディエッサー全体のミックスのための単一のボーカル、スプリットバンド、よりよいのためのより良い、ワイドバンドを使用するように切り替えることができます。後者の場合にも、プラグインは、より良い、より複雑なサウンドスケープで動作することができるオールラウンドモードに切り替わります。興味深いことに、あなたが中心のボーカルやステレオ画像の両側の加工作業、またはどこかで両者の間に可変量を作ることができるステレオ·リンク·コントロールを、theresの。

You can choose between Wide Band or Split Band.

あなたは、ワイドバンドまたはスプリット·バンドのどちらかを選択できます。


オンボードディスプレイが両方のレベルと行われているゲインリダクションの量について優れたフィードバックを与え、もちろんありますいくつかの便利なプリセットがあなたを取得し、実行している、プラスFabfilters無比は最大4倍オーバーサンプリングとA / Bのシステム、MIDIラーン機能を、ツールチップ処理。

The onboard display.

オンボードディスプレイ。


プロDSがはるかに基本的なディエッサーを超えて、あなたのDAWとなった、先進的な優れたけどオーディション機能とディエッサーを使用して簡単に提供している可能性があります。いくつかのモードを持つことは、ボーカルやミックス全体と完全にもっと難しい作業に取り組んで切り替えることが容易になりますが、全体的に、結果は非常に良好である。 189ドルで、それは非常に衝動買いではないかもしれないが、その唯一のディエッサーあな​​たが必要とすると利用可能な30日間の無料トライアルはとても道路それをテストし、それがあなたを飼いならすために助けることができるかどうかを確認していない言い訳をtheresのtheres歯擦音。


Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!