レビュー:AbletonのライブのためAutobeatドラム·パターン·プログラマ

Generating patterns, drum beats & fills in Ableton Live has never been so satisfyingly easy, thanks to K-Devices M4L MIDI device: Autobeat. G W Childs puts this 8x 16-step sequencer device to the test  

ライブのデバイスの最大の無数の外に良好なステップ·シーケンサーを見つけることは簡単な偉業ではない。そこから選択する多くのがあり、正当な理由のために、彼らは、音楽作成プロセスの観点から、そんなに速く、有機作りを行います。有機作成プロセスは、しかし、時間をかけて少し繰り返しになることができます。結局のところ、あなたはステップ·シーケンサーで作成した低音が常に何度も何度も、同じシーケンスを再生し、それをthatsのでしょう。


Autobeatã‚’å°Žå…¥

Autobeatから(Abletonの店で現在23ユーロ) 、K-デバイスは 、このドラム用状況だけでなく、MIDIインストゥルメントを改善しようとしています。あなたはすべての時間を再生したいキー/ノートを定義するだけでなく、あなたの時間の一部を再生したいキー/ノートを定義することができます。つまり、Autobeatをランダムドラム塗りつぶし、およびキーに追加されます。

Autobeatが何かよく確認することができますし、何のすべてについて。


インターフェース

Autobeatインターフェースは、youreの最もAbletonのデバイスに使用される場合、容易にピックアップされる。上の注意書きをトリガー8パッドがあります。各パッドは、他のノートをトリガーするように変更することができるので、あなたは常にあなたのドラムキットがカバーされていることを確認することができます。オクターブボタンを使用すると、すぐに別のキー範囲を切り替えることができます。残念ながら、オクターブボタンもAutobeatsアップ集中ピッチ、または同様にオクターブダウン。だから、あなたは本当に唯一の8パッドを得る。しかし、これは悪いことではありません。オクターブシフトすると、フリーフォームの塗りつぶしのための素晴らしいことができます。


あなたはノートを選択すると、選択したノートが再生されますどの程度のチャンスで描く。だから、C1はあなたのキックドラムをトリガーされると、1という100パーセントの確率で描くことができ、4、というように8とは、毎回再生されます。しかし、時間の100%を吸い込まアレントのノートだけyouveは割り当てられた可能性に基づいて、ランダムに再生されます。その非常にDBグリッチを使用するのと同様、またはリピートビートのではなく、そのMIDIノート、。

また同様に、Autobeatにおける速度をプログラムすることができます。チャンスと速度のトグルをtheresの。一度速度モードでは、ちょうどあなたが普通に、他のステップ·シーケンサーの場合と同じように、リズムを設定することができます。


塗りつぶし

一つ非常にクールな機能は、充填機能です。というようにして、塗りつぶしとして機能するようにパターンを設定することができ、ひいては、塗りつぶしボタンに割り当てられている。このフィルはまた、MIDIをマッピングすることができAutobeatsインターフェースからいつでもトリガすることができ、。また、店舗クリップボタンのいずれかを押すことができます。 4つのボタン、1用に設定され、それぞれ1、2、4、8のバーの長さがあります。これらのボタンのいずれかを押すと、Autobeatは標準AbletonのMIDIクリップを生成し、youreのでの作業Autobeatトラックと一致するセッションビューのスロットにクリップを配置します。


結論

Autobeatはそれのために行くいくつかのものを持っています。まず、youllはこの最大4ライブプラグインから取得する生産性の安価な。ランダムにドラム·パターン、そしてメロディーを作成することは、このデバイスに非常に容易になる。脇ビートとメロディーのエンディング決してスタックの可能性から、そのも磨いた。非常によくやったマニュアルが含まれています。だから、M4LとAbletonのにあってもyoureのまだ新しい、youllはあなたがそれを知っている前に自分でいくつかの非常に高度なビートに入試を見つける。ああ、それはあまりにも、ドラムラックが含まれています!

Sound Designer, Musician, Author... G.W. Childs has worn many hats. Beginning in the U.S. Army back in 1991, at the age of 18, G.W. began learning electronics, communications and then ultimately audio and video editing from the Department of Defense. Upon leaving the military G.W. went on to work for many exciting companies like Lu... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!