レビュー:ATC SCM25Aスピーカー

Are you looking to up your game as a producer... and have some cash to spend? If so, you may be in the market for a good pair of studio monitors. Hollin Jones puts the ATC SCM25A monitors to the test.  

ATCは、そのラインナップでモデルの多くは、物理的に非常に大きいので、おそらく大きな作業スペースに限らず、先端のスピーカーを製造するだけでなく、スタジオ界では知られている。 SCM25Asはよりコンパクトであり、ブロードキャストアプリケーションのためにマウントメーターブリッジまたはラックに配置されるように設計された。彼らは一人で移動することができますが、彼らは、あなたが30キロそれぞれで思っているよりはるかに重いですが、背面パネルの頑丈なハンドルのおかげ。

They’re bigger than this picture suggests, but still manageable.

示唆しているが、それでも扱いこの写真よりも大きく聞きしたい。


一つに三

ここATCSのトリックは、通常2つだけを取得するには期待するかもしれない比較的コンパクトな箱に3つの別々のドライバを入手してきました。これは、周波数がより正確に分割することができることを意味し、例えばミッドレンジ再生を着色大きな低音の少ないリスクをtheresの。統合されたトライアンプはウーファー用の150 W RMS(175 mm)の、中音域用60 W RMS(75ミリメートル)とネオジムソフトドームツイーター用25 W RMS(25 mm)を生成します。受動冷却アンプは偶発的な損傷からドライバを保護するために制限し、クロスオーバーは、すべて批判的位相補償で減衰されるFETを備えています。

各ボックスには、充実した低音再生を可能にするために移植され、これはあなたの監視のニーズこれより良いスーツば供給フォームプラグインを使用してミュートすることができます。側のポートではなく、前面に配置することによって、スペースが全体的に保存することができます。そのいくつかの他のスピーカーのような低音をブーストするために使用するのではなく、全体的な歪みを低減するように正しく低音ドライバをロードしない。 ATCは、このようなラックマウント時のような状況ではポートが間違って配置されて栓を使用して示唆している。手動で40 Hzで低音ブーストだけでなく、調整入力感度の3dBまで提供するためにスピーカーを調整することができます。

The speakers get three separately-driven drivers in, plus a side mounted port.

スピーカーには、3つの別々に駆動型ドライバで取得、プラス側ポートを搭載しています。



ポジショニング

他のATCモニターと同様に、SCM25Asは、あなたが理想的な角度よりも小さいから、聴いていても、広いスイートスポットと優れたステレオイメージを可能にし、優れた水平分散をお楽しみください。これは、正確に適切な場所に立っているについてはあまり心配する必要はいけないと、あなたがまだ正確な結果を聞いてyoureのことを確認することができますを意味します。

精度といえば、これらのスピーカーの音は一流です。深い、固体まだ正確なボトムエンド、驚くほどくっきりと明確に定義されたミッドレンジと甘い高音theresの。歪みは、最上位のライン成分のおかげで非常に低い。私は彼らにソースの材料の広い範囲をオーディションし、一貫して、彼らがそれを処理する方法に感銘を受けました。そのちょうどロックに良いかダンスと素晴らしいではありません、そのオールラウンダー:本当に偉大なモニターの記号のthats。私はスタジオで前ATCS大きいスピーカーで混合し、常に彼らが最高に正確であることが判明しました。

そこには驚くほどいくつかのコントロールがありますが、音は素晴らしいです


最終的な考え

もちろんコストの問題があります。 7000ドル以上の日陰では、これらは趣味の予算をはるかに超えています。 Youreのは深いポケットを持っているか、実際に支出この種のを正当化するために、専門的に生産することが必要になるだろう。あなたがそれを正当化することができれば、何を得るyoullは、おそらくスタジオに巻き上げする必要はありませんでしたあなたが今まで聞いたことがありますモニターのベストセットです。聞きしたい高価ですが、聞きしたいことも信じられない。

ウェブサイト:

Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!