レビュー:アートリアオーバーハイムSEM V

The original hardware Oberheim SEM was a much loved subtractive synth in its day. Arturia have recreated the SEM as a soft synth'¦ so how does it measure it to past glories and present day competition?  

オーバーハイムSEMは怪物のビットだった。これは、サブトラクティブ·シンセシスを学ぶときに私が使用したシンセの一つであったように私は経験から話す。オリジナルのSEMは1974年にリリースされ、最初に作成された自己完結型のシンセ·モジュールの一つであった。

それ以来人々は美しい暖かい、脂肪のトーンを生成するハードウェアユニットを使用しています。さて我々はすべてアートリアの生活に戻ってSEMを持っているように外出することができます。質問は、その物理的な対応に住んでいないのですか?見てみましょう...


SEM Vインタフェース

私が最初にSEM Vを開いたときに私の最初の印象は、私はオリジナルのユニットにことを覚えているより多くのコントロールがあったということでした。掘削のビットの後、私は、アートリアは、余分な機能の形で機能性の重い用量を追加しましたので、これは発見しました。


The original hardware SEM in all its glory!

そのすべての栄光のSEM元のハードウェア!


実際、元のハードウェアを模倣した唯一の中央部では、残りの部分は非常に上品な方法で追加されました。中央部は、このような発振器、偉大なマルチモード·フィルターといくつかの封筒など、すべての明白なコントロールが表示されます。

The centre section of the SEM V mimics the original interface.

SEM Vの中央部では、元のインターフェイスを模倣しています。


これの左側と右側に余分な追加はサブオシレーター、LFO第二、三の影響、およびキーボードと下部にボイシングセクションがあります。

私はすぐに全部はちょうど使用する喜びであることがわかった。私は非常に科学的に全部にアプローチする予定が、私はそれを知っていた直前に私は自分のベース音(パターン)に、デフォルトの真鍮製のパッチを有効にしていたそれで遊んで助けることができませんでした。あなたは、以下の結果を聞くことができます。

(音声1)低音の音が、私はできるだけ早く私はSEM Vを開いたとして作られ

[オーディオID = "14155"]


そのオーバーハイムの音

最後のステップで簡単な低音のパッチからその既に明らかにされていない場合は、このことは、脂肪です。実際に私はこの日にテストアイブおそらく最もアナログなサウンドのソフトシンセであると言うことまで行くことができます。それは、元の私の記憶に非常に似て聞こえると信じられないほどジューシーです。あなたは、ほぼこれらの仮想回路が動作して聞くことができます!

このアナログの良さはたくさん細心の注意を払ってモデル化フィルタから来ています。これは前に見た多くのyouveはのようなマルチモード·フィルターですが、おそらくない。あなたが他のほとんどの楽器を見絶対ハードスイッチングに反対するとして、実際には、ロータリーノブを使用して設定との間でモーフィングすることができます。

私はフィルタについて愛する人の事は、その共振を最大限にプッシュされている場合でも、それが悪影響をあなたのパッチのレベルには影響しませんということでした。これは、共鳴が11に設定しても全体のプレイアビリティを得ることを意味します。


より深い調整と最終的な思考

明らかにただフロントパネルよりSEMのArturiasのレクリエーション活動への多くがある。会社からの最後のいくつかのリリースで、劇場はソニックグッズのすべての種類を含む拡張可能なトップパネルに慣れる。ありがたいことにSEMも例外ではありません。


Opening the top section reveals some interesting stuff

上部のセクションを開くと、いくつかの興味深いものを明らかに


トップ領域を開いた状態で、余分なコントロールのすべての種類が明らかにされています。私にとって最もエキサイティングな拡張エフェクト·セクションであった。あなたは、フロントパネル上にいくつかの非常に基本的な主なコントロールを取得しますが、ここで余分なパラメータの数を調整することができ、使用する新しいグラフィックは確かに過去の製品からのステップアップです。

左側に大きな変調部、完全な機能を備えたキーマッピング領域もステップ·シーケンサーがあります。私は実際にシーケンサーを取り入れ、実際にどのように簡単にそれが使用していた感銘を受けたいくつかの音を使用していました。


Extra effects editing and modulation options are all present

追加のエフェクト編集や変調のオプションがすべて存在している


...As is a step programmer

...、ステッププログラマです


全体的なイムこの楽器で吹き飛ばされ、さらには32ビットモードで楽しくインターフェースがいかにてきぱきでsurpisedされ、実際にはそれはほとんど私のCPUを触れません。私は以下SEM Vのインスタンス化の単純なドラム·ループと4に関係して管理するかを聞くことができます。チャンネルのいずれにもプロセッシングやEQは絶対にありません注意してください!

(音声3)私が投げたオーディオループが一緒にSEM Vの4つのインスタンスを使用して、

[オーディオID = "14156"]



Mo has been a professional in the music industry for around 15 years. He has released material with the world's leading record labels and also produces music for TV and Film. Mo is also a prolific writer and is a regular contributor to magazines such as Music Tech, Future Music and EQ magazine. There isn't a piece of music software tha... Read More

Discussion

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!