レビュー:iPad用ArturiaのiMini

When Arturia announced iMini for iPad there was literally a stampede of writers trying to get their hands on it. Hollin Jones persevered and discovers it's more than just a pretty interface!  

それは、2013年には、iPadがついに音楽制作のためのプラットフォームとして真剣に取られるし始めていることが年であるように感じている。デバイスは最初のコースの登場が、品質と多様性が指数関数的に増加しているように思われるので、周りに音楽アプリがありました。ミュージシャンにとって、これは素晴らしいニュースであり、強打者のよりは今行為になってきています。 アートリア社はバーチャルシンセの開発者として、その歴史を考えると、iOS用のクールな何かを思い付くために明白な候補であり、 iMiniに基づいている古典的な1971ミニモーグで、Arturias TAEの合成技術を使用して再作成。導入価格はUSD 9.99 / 8.99ユーロ/ 6.99とMiniを含むiPadの2またはそれ以上]で使える、とiOS 6が必要とかなり控えめな61メガバイトでダウンロードできます。


ルックアンドフィール

アプリのメイン画面は、ほとんどのタッチのインターフェイスで動作するように設計されたサウンド生成コントロールの含まれています。あなたは、それらを一緒に混ぜると、デスクトップ版と同じように、修飾子を調整し、3つのオシレーターとミニを再生することができますV.我々はこのことについて非常に詳細に入るが、それはその直感的でやりがいを言えば十分するスペース、ミニを持っていけないシンセコントロールシンセ·天才である必要がなく、より多くのあなたが微調整できるように理解しやすいとモーフ音の一つです。

Whats that coming over the hill? Its a Moog!

丘を越​​えて来ることをいただきました?そのムーグ!


そこに500のプリセット以上であることと、アプリはパッチ1が簡単に他で開くことができますでは、デザインを意味し、デスクトップ版と音を共有することができます。 - アプリ内のパッチをロードして保存するのは簡単です、彼らは、カテゴリ別にグループ化されています。ファイル名はすべて、彼らが皆に迷惑を掛けて文句を言わないArturiasデスクトップの楽器の多くで行っているように、それらに下線を持っていますが、いつも私にはちょっと散らかって見える。プリセット自体は本当に優れているとシンセはリッチで深い低音、本物の響きのリードと偉大なアナログシーケンスが可能です。

The presets sound great, though Im not sure whats with all the underscores.

すべてのアンダースコアでイムわからないいただきましたけれども素晴らしいプリセット·サウンド。


ボタンをタップすると画面上のキーボードの動作を制御することができるが、スクロールするズーム、スワイプ、ピンチを可能にする、便利であるだけでなく、スケール、オクターブ、レガート、グライドを変える。だから画面からシンセを演奏すると、いくつかの似たようなアプリに比べて、より表現です。 2ページ目は実行と呼ばれ、モーフィングリアルタイムのサウンドのための2つのX / Y軸のグリッドが含まれています。どちらのコントロールパネルをタップすると、あなたは本当にいい感じです、美しく実装した、ダイヤルベースの​​コントロールのいずれかに各軸を再割り当てするドラッグすることができます。ここではまた、アルペジエーターを制御することができます。第三ページでは、音に本物の深さと興味を加えるコーラスとアナログディレイエフェクトを設定することができます。

Assigning the X/Y pads to controls is really easy with drag and tap.

コントロールに、X / Yパッドを割り当てることにより、ドラッグ&タップするだけでとても簡単です。

Theres full MIDI in and MIDI learn, with a familiar tap-to-assign system.

おなじみのタップツー割り当てるシステムで、フルMIDI INとMIDIラーンtheresの。


さらに行く

これまでのところ、iMiniはiOSのために実際に熟達したシンセです。しかし、単にそれはそれ以上のtheres。 [Connect]ボタンをクリックすると、より多くの可能性を明らかにする。そのWISTは互換性がありますので、Bluetooth経由で他のアプリと同期することができます。完全なMIDIラーン機能のため、接続したMIDIデバイスはそのコントロールにマッピングすることができ、幻想的に単純なタップに習得するための方法がこれを達成するために使用されtheresの。アプリはApp Storeから別途入手、環境を記録し、シーケンシングフリー卓上に統合することができることを意味し、また、卓上に対応しています。 iMiniが実際には記録されませんように卓上でそれを使用すると、SoundCloudがへの輸出のように関連付けられている余分な機能は、WAVおよびAudiocopyにレンダリングし、何でも自分自身をもたらす。

Connect with the free Tabletop app to integrate iMini into an iOS-based production environment.

iOSベースの実稼働環境にiMiniを統合するフリー卓上アプリと接続します。


最終的な考え

YoudはおそらくそのiPad用Arturias第一本格的なシンセがかなり良いだろうし、それがあると予測しています。それが見えると豪華に聞こえますが、まだプロアプリのように感じながら、初心者のための簡単​​にアクセスできます。制御のものは非常によく、MIDIラーンとX / Yパッド特に便利であることと、あまりにも実装されています。 、デスクトップアプリでプリセット交換で投げる卓上とWISTと統合し、これは素晴らしいサウンドのシンセが、特に導入価格で掘り出し物、だけではありません。


iMini詳細については、こちらをご覧くださいここに 。

または

Hollin Jones was classically trained as a piano player but found the lure of blues and jazz too much to resist. Graduating from bands to composition then production, he relishes the chance to play anything with keys. A sometime lecturer in videographics, music production and photography post production, Hollin has been a freelance w... Read More

Discussion

BenB
Downloaded and played around with this last night. It is really awesome! I remember playing an actual Mini Moog when they were selling back in the 70's. This is an amazing reproduction. Thanks for posting this review!
lostinthesound
The price is certainly a bargain. Though it's still in its developmental infancy, I hope they'll enable a bit of control surface support similar to what Camel Audio has done with Alchemy (i.e. iPad Alchemy can control parameters on DAW Alchemy via WiFi). To me, that addition alone would make this lovely little synth really take off.

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!