レビュー:Apogeeのデュエット2

What makes a 2nd generation audio interface even better than its highly-acclaimed predecessor? Rounik Sethi takes a look at just how impressive the Apogee Duet 2 really is.  

Apogee社はオリジナルのデュエット、2 - で、2アウトのオーディオインターフェースをリリースしたとき、それはプロオーディオの世界に波紋を作成しました。優れた建築、素晴らしいサウンドの品質とリーズナブルな価格と共に、その移植性はそれ同様にMacベースのミュージシャンやオーディオマニアのための普及した選択しました。大きな疑問ように、時デュエット2が発表された、Apogee社は、オリジナルの品質を改良し、コンパクトで魅力的なフォームファクタを維持する方法だ。


ファーストインプレッション

デュエット2は豪華に見えます。 Macユーザーはクリーンなライン、丸みを帯びたコーナーと、単一の多機能ロータリーノブに入れ配慮に感謝します。そのなめらかでセクシーなアルミボディと、現在のMacBook ProやiMacのラインとも見事にブレンドされるデュエット2の暗い前面プレートを愛するにはいられない。だけでなく、それはまた、移植性の高いデバイスであるあなたの机にスタイルを追加。運ぶために十分な光が、道路上の生活の要求と厳しさを取るのに十分な頑丈な。

The Duet 2 angle


連絡を取り合う

ボックス内にあるドライバがありません、Apogee社のウェブサイトへの訪問は、新しいマエストロ2つの制御ソフトウェアが含まれているOS X 10.7ライオンに対応したインストーラを明らかにしたので。インストールプロセスは迅速かつ無痛であり、私に新たに設計されたブレークアウトケーブルを検査する時間を与えた。 Apogee社は多くの分野でのオンボードデュエットのユーザーからのフィードバックを取っており、このケーブルは、その哲学を反映している。それは、2つのコンボXLRを搭載

また、フィードバックに応じて、バランスのとれた4つのアナログ出力があります。余分な出力は、ドラマーやフロントオブハウスまたはヘッドフォンにミックスにクリックトラックを送信するときに、ライブ演奏時にデュエット2は、例えば、特に有用であることができるようになります。

デュエット1オーナーは、この第二世代のデバイスがUSB 2.0デバイスではなく、Firewireのであることを学ぶために驚くかもしれません。私はFireWireがデータをストリーミングするため、USB 2よりも遅延が少なく、その結果のための好ましい選択肢であることについて考えていたすべてのものは、その頭をオンにされているようだ。 Apogee社によると、64〜44.1kHzのサンプルレートのバッファサイズで、デュエット2はデュエット7.23 msに比べてわずか5.8ミリ秒の遅延を引き起こす。 Logic ProのとGarageBandで録音するときと私の現実世界(非科学的だが)テストで、私はこの分野で明確な改善に気づいた。

Duet 2 with break out cable


サウンドで、そのすべて

私は年間のオリジナルデュエットを使用している以上のマイクプリアンプ、AD / DAコンバーターに満足しています。だから、私はデュエットの2秒の音質の改善の多くを気づくために期待していなかった...私は、しかし、非常に感銘を残っていた。マイクプリアンプは、クリーンスムーズですしと遊ぶのがはるかにゲインを持っている。私は、コンデンサーマイクの数を試し、それぞれの時間は、録音中の低ノイズとディテールが唖然とした。話し言葉の録音のために私は声を引き出すためにはほとんど、もしあれば、是正EQを適用する必要がありました。

デュエットの全体的な音質は、2つの容易にその価格帯の中で同様の装置を打つ、そしてさらにそれらのコストの2〜3倍以上。それは音の結果の種類は、Apogeeの交響曲に期待youd提供。


より多くの制御

さておき美しいOLEDディスプレイ(簡単に画面から離れて監視して記録になる)から、マルチファンクションコントローラーノブ上記の二つタッチパッドが存在することになります。どちらも、ユーザが割り当てたマエストロ2にすることができます。私は個人的には優れモノと一日に割り当てられたトグルヘッドフォンソース、および他のプロジェクトの後、薄暗い出力とクリアメーターに合計を持っていることがわかった。あなたがアクセスを必要とするすべての主要な機能は、ファンタム電源をトグルするか、マエストロ2でセットアップする必要があります入力のタイプを選択するのを除いて、タッチパッドまたはハードウェアコントローラのノブから直接コントロールすることができます。

Duet 2 standing up


結論

Apogeeは、両方の美しくプロフェッショナルオーディオの群集のために設計され、機能自然のままのサウンドクオリティな製品を作るためによく知られています。デュエット2は、その優れたマイクプリアンプ、低遅延、余分な出力、カラーディスプレイ、および割り当て可能なタッチのインターフェイスを備えたこの伝統を受け継いでいます。すべてのMacのミュージシャンは、検討し、新しい2でデュエット2優れた選択肢を見つけると4アウトインタフェース(24ビットと最大192kHz)。と既存のデュエットの所有者は、これらの追加機能をアップグレードするために非常に説得力のある理由を見つけるでしょう。

ここにApogeeのウェブサイト上のデュエット2の詳細をご覧ください

Rounik is the Executive Editor for Ask.Audio & macProVideo. He's built a crack team of professional musicians and writers to create one of the most visited online resources for news, review, tutorials and interviews for modern musician and producer. As an Apple Certified Trainer for Logic Pro Rounik has taught teachers, professional... Read More

Discussion

lostinthesound
Bought it. Own it. Love it. Well worth the price of admission.
Rounik
That pretty sums up what I feel about the Duet 2. A truly excellent audio interface.
codedwire
I have an original Apogee Duet but after several months of light use it began developing noise problems (after I did some research I discovered I was not the only one with this problem).

Apogee support was not helpful and the whole experience (especially after contacting support) left me disinclined to purchase another Apogee product.

Some people have reported problems with the cable harness (there is at least one third party replacement that is better if you want to spend the money), however the harness was not the cause of my problems.

Maybe they've improved the Duet 2, but I recommend looking at other options first.
Rounik
Hi codedwire,

I haven't had any bad experiences with my Duet v.1. But, I have to say, having spoken to some of the people at Apogee, that the Duet 2 has been completely redesigned.

Sorry to hear you had bad experiences at all... though I'd still recommend checking out the Duet 2. It is simply awesome!

Best
Rounik
Gary Hiebner
This is definitely going to be my next audio interface. Will look so nice next to my Macbook instead of my big blue MBox.
Hello, bad news here, so I'm running the DUET 2 with my iMac (2.8 i7 8gb ram) OsX 10.8.1 (latest Mountain Lion update), a disaster, clicks and pops are unbearable. I can't find a working flow because of this, I've been in contact with Apogee for more than 2 weeks now and I think we're just exchanging e-mails for nothing really. I'm pretty sure they know what's wrong but there's probably bureaucratic stuff going on with Apple. What I mean is that the tech from Apogee told me they don't even do DRIVERS anymore, their units now depend on Apples DRIVERS!!! so they say. It's quiet amusing that they advertise so much about catching creativity and whatnot, yet I'm not even able to concentrate on my work. BTW I didn't have any clicks at all with my Mbox Pro, right before changing for the Duet 2, and I was using the same system. Clicks may not appear right when you open a fresh new session, but they will happen, the you'll have to reboot over and over. You simply can't work like this.
Rounik,

What's the preferred way to setup gain levels on the mic settings on Duet 2 when working with tools such as garageband. It comes out the levels are either too low or too high (clips). There are 2 places one can configure: on duet2 and the software. Type of music is softer Indian period music with few graduated high notes. As you can see I'm a novice.

Thanks!
Jay
Rounik
Hi Jay,

When recording audio through a device like the Duet 2 into software which supports 24-bit depth you don't need to record at a very high level. Basically, never ever let the signal clip (go into the red). Clipping will cause distortion which you certainly don't want.

If the recorded level is low then either re-position the microphone to suit, or once recorded increase the level of the volume using a gain plug-in.

Most professional recording engineers record electric or acoustic sources between -18 to -12dB. This gives plenty of headroom (the space between your recorded level and 0dB - where the audio signal will begin to clip).

I'd highly recommend watching this tutorial on basic recording techniques:
http://www.macprovideo.com/tutorial/introduction-to-recording

There's so much good info there which will help you now and as you gain more experience.

In essence, with the current audio hardware and software, there's no need to record so the level hits 0dB. You can record at a lower level and boost the gain later on in the process.

Hope this helps,
Rounik

Want to join the discussion?

Create an account or login to get started!